All about Photonics

Business/Market 詳細

Yole、イメージング技術が自動車産業を変革

illus_imaging_auto_devices_technology_segmentation_yole_june2019

June, 25, 2019, Lyone--Yole Développementによると、自動車はイメージング技術の重要市場になった。新機能と新技術が産業全体を変革しつつある。また、自動車イメージング市場プレイヤは、力強く成長している。
 カメラは、今では自動車にとって標準装備となり、2018年に出荷されたイメージセンサは、1億2400万を記録。自動車カメラモジュールは、30億ドルに達しており、今後CAGR 11%で成長して、2024年には57億ドルに達するとYole Développementのレポート「自動車向けイメージング」は予測している。
 過去5年、視覚アプリケーションは市場成長中核にあった。ADASカメラは、現在、ビジネスの40%を占めているが、普及率上昇により、今後数年、さらに勢いを増す、とYoleは見ている。一例として、自動車システムサプライヤの最大手の一社ZFは、昨年第4世代S-Camを発表した。これには、2つのソリューションがあり、1つはモノカメラ、もう1つはトリプルカメラセットアップとなっており、Omnivision CMOSイメージセンサが特徴。
 「ZFによるこの技術的選択は、ZFとIntel Mobileyeの調達戦略における変化を証明している」とSystem Plus Consultingのコストアナリスト、Audrey Lahrachはコメントしている。「最新のMobileye EyeQ4ビジョンプロセッサの利用は、3つのカメラからの情報を統合してセキュリティ向上を可能にする」。
 ADASでは、Level 3自律運転達成の大きな問題は、ADAS周辺カメラに選択される技術である。データオーバーロードは間近に迫っている。Yoleの見方では、力尽くのコンピューティングアプローチ、例えば180Tops ASIC (such as the FSD from Tesla)は、全てのOEMに可能でもなく、好まれない。
 新しい技術パラダイムは起こりつつあるが、自動車技術の採用スピードは一般に遅いので、現れるまで3~5年はかかる、とYoleは見ている。
 YoleとSystem Plus Consultingは、協働してイメージング技術とその自動車アプリケーションの深い理解を提案している。両社の分析には、AI活用ビジョンコンピューティングが含まれており、これは多くの自動車アプリケーションやイメージング技術をさらに勢いづかせている。
(詳細は、http://www.yole.fr)