All about Photonics

Business/Market 詳細

赤外センシング市場規模、2020年に21億ドル超

January, 10, 2019, Taipei--「LEDinside 2019赤外センシングアプリケーション市場レポート – モバイルセンシング、LiDARおよび光学センシング」によると、様々なIR製品の開発が進んでおり、これにより無限のビジネスチャンスが実現している。LEDinsideは、次のようなアプリケーションに注目している。セキュリティ監視、モバイル機器での生体認識(虹彩、2D顔、ディスプレイ下指紋認証-光学および超音波、3D顔認証-パターン撮影、ToF、ステレオビジョン)、デジタル医療(脈、酸素測定法、グルコースセンシング)、スペクトルセンシング、自動車しセンシング(顔とジェスチャ)および自動車LiDAR、ドローン、AGV、近接センサ、光通信などが含まれる。
 LEDinsideのIRセンシング市場分析には、IR LEDとIRレーザ(VCSELとEEL)が含まれる。セキュリティ監視、2D顔認証は、IR LEDに分類される。VCSELのモバイル3DセンシングやLiDAR市場は、IRレーザに含まれる。2018年、IR LEDおよびIRレーザ市場規模は、13億7200万ドル、これは2020年には21億4300万ドルに成長する見込である。しかし、iPhoneのWorld Facing TOFが2019年に発売されると、市場規模は、23億4100万ドルに達する可能性がある。
 3Dセンシングには、パターン投影、ToFおよびアクティブステレオビジョンが含まれる。パターン投影は、画像でパターン化される。したがって、その深さ精度は、相対的に高い。しかし、高コストと計算の複雑さが、欠点となる。パターン投影と比較して、ToFは精度と深さは低いが、その高速応答時間と広い認識範囲は、大きな利点になる。ToFは、フロントフェーシングとワールドフェーシングに分けられる。フロントフェーシングToFのコストは、相対的に高い。ワールドフェーシングは、より高出力のVCSELを必要とするが、センシングモジュールのコストは、相対的に低い。アクティブステレオビジョンは、主に商用市場で使われ、これは2つの同じカメラを必要とし、そのハードウエア基準は極めて高い。
 LEDinside調査マネージャ、Joanne Wuによると、3Dセンシング市場の原動力は、Appleモバイルフォーンの販売状況である。コンシューマの購買欲を促進するには、ロック解除やモバイル支払い機能だけでなく、より強力な誘因が必要である。さらに、2D顔認証は、認識性が高く、モバイルペイメント機能を達成できる。したがって、それは3Dセンシング機能に極めて近く、コストは相対的に低い。LEDinsideの見方では、ディスプレイ下指紋認証および2D顔認証市場は、将来的に中級モバイルフォーンの市場シェアをとる。
 3Dセンシングや自動車LiDARの市場需要増により、VCSELメーカーは買収や投資を行ってきた。LEDinsideは、主要なIRアプリケーション、メーカーの拡張計画と製品開発における赤外LED、VCSELおよびEELの特質を分析し、赤外センシング市場の全般的な理解を提供している。