All about Photonics

Business/Market 詳細

デジタルイメージング市場、2023年に240億ドル

August, 3, 2018, Maharashtra--マーケッツアンドマーケッツ(MarketsandMarkets)は、「デジタルイメージング市場、技術(マシンビジョン、X線写真、LiDAR)、アプリケーション、業界(自動車、航空宇宙、石油&ガス)、地域毎、2023年までのグローバル予測」を発表した。市場は、2018年に157億9000万ドル、予測期間にCAGR 8.81%で成長して、2023年には240億8000万ドルに達する見込である。

2018年までに計測がデジタルイメージング市場で最大シェア
 2018年までに計測はデジタルイメージング市場で最大シェアを取ると予測されている。計測システムは、自動車、航空宇宙、エネルギー&電力、医療、エレクトロニクスで広く用いられている。品質保証プロセスの簡素化、製造効率の改善が目的である。計測は、アプリケーションでは、コンポーネントの検査、組立、製造計画、大きなスペースの記録、監視で使用される。

2018年、デジタルイメージング市場で自動車が最大シェア
 industrial 4.0の採用増加が、品質制御による生産性強化に役立つ。メーカーは、工場機械の予測保守とともに欠陥の検出により、生産性を高める。タイムリーな欠陥検出により工程をより効率的にするためにindustry 4.0の採用増加が、自動車産業でデジタルイメージング市場の成長を後押しすると見られている。自動車産業は、2018年までにデジタルイメージング市場で最大シェアを取ると予測されている。

APACにおけるデジタルイメージング市場が、予測期間に最高CAGR
 APACにおけるデジタルイメージング市場は、予測期間に最高CAGRが見込まれている。人口の増加、急速な経済発展(途上国と先進国)、産業成長を促進する政府の政策により、APACは、半導体、エレクトロニクス、自動車など様々な分野の理想的な生産基地になっている。APACにおける市場成長の他の要因は、代替源をベースにしたエネルギー生産プロジェクトの発展である。原子力、ウインドタービン、水力発電などが含まれる。これは、自然エネルギー源枯渇の懸念が高まっているためである。