ヘッドライン

EN 60601-1-2 第4版:2019年1月1日より適用開始(2/3)

ITJ74_news2_1 4.役に立つ情報と裏技  このセクションでは、第4版によってデバイスが最終的に被るだろう「ダメージ」を最小限にするためにいくつかの提案をしたい。主にESDと新しい近接電磁界に注目する。早速、始めよう! 5.ESD は大きな問題  気中放電レベルは、ほぼ2倍である! 実は、ESD試験に合格する方法は2つある。第1の方法は静電気放電を避けることだが、これはあまり実用的ではない。というのも、湿度45%のレベルでは、ESD発生器の先端と金属面の間の距離がおよそ1cmでスパークが生じるからである

全文

バックナンバー

Current Issue
自動車
自動車の放射エミッション試験の矛盾点:車両レベルとESAレベルの違い
計測
近傍界プローブでわかること
試験
EMCラボラトリを選ぶ際の監査項目

Previous issue

自動車
自動車のEMC
試験
リアルタイム・スペクトラム・アナライザを
EMP
電気機器の接地はHEMPに対する基本的な
試験
オシロスコープを使用した自動車電子機器E
軍事
「MIL-STD-461」50年の回顧~

新製品

ITJ70_Product3_1

フォトエッチング・ベリリウム銅の部品

掲載日:2018/9/14

 Tech-Etch社はベリリウム銅のエッチングや成形、熱処理、仕上げ加工のトップ企業である。ベリリウム銅は、その機械的・電気的特性により、電池端子、接地用クリップ、コネクタ接点、アース・クリップ、E

全文