ヘッドライン

FCCがスマホ人気機種のSAR測定報告書を発行

ITJ79_news2_1  2019年8月21日、スマートホンの人気機種で、電磁波の比吸収率(SAR: Specific Absorption Rate)がFCC規則である細胞 1gあたりのSAR平均値1.6 W/kgを超えているものがいくつかある、という記事がChicago Tribune誌に掲載された。FCCは、この内容を重く受け止め、検証する目的で、記事に取り上げられた機種をメインに購入し、試験を実施した。測定結果は、報告書の表2(右に掲載)のとおりである。結果的に、試験した全サンプルでFCCの規則違反はなかった。

全文

バックナンバー

Current Issue
試験
SACとOATS ~エミッション測定結果のばらつきと、その要因分析~
設計
高速プリント基板設計におけるEMIの制御
規格
CISPR SC I規格への新たな変更および提案

Previous issue

EMC設計
無線機器のPCB設計
フィルタ
無線通信用フィルタを最新式に改善するソフ
EMC設計
集積受動部品(IPC)による信号処理の単
フィルタ
EMC規格適合用パッシブフィルタの基礎
規格
規格レビュー「MIL-STD-461:C

新製品

ITJ70_Product3_1

フォトエッチング・ベリリウム銅の部品

掲載日:2018/9/14

 Tech-Etch社はベリリウム銅のエッチングや成形、熱処理、仕上げ加工のトップ企業である。ベリリウム銅は、その機械的・電気的特性により、電池端子、接地用クリップ、コネクタ接点、アース・クリップ、E

全文