ヘッドライン

MIL-STD 461 CS118「静電気放電」レビュー(その2)

ITJ73_news3_1 2.CS118 校正チェック  MIL-STD-461Gの殆どの試験と同様、CS118は校正チェックまたは信号インテグリティ確認で始まる。図2は、異なる2つの確認で実施する校正チェックの一般的な構成を示している。ESD試験器の放電ピンの電圧を静電電圧計で確認する。ESD試験器は2 kVに設定し、放電ピンの先端は特定の静電電圧計に使用される規定距離に配置する。殆どの静電電圧計には、センサを正確な位置に配置するためのガイドあるいは光収束法を利用できる。電圧計は測定した電圧を表示する。放電ピンの電圧

全文

バックナンバー

Current Issue
自動車
自動車のEMC
試験
リアルタイム・スペクトラム・アナライザを用いたEMIトラブルシューティング
EMP
電気機器の接地はHEMPに対する基本的な保護手段なのか?

Previous issue

試験
オシロスコープを使用した自動車電子機器E
軍事
「MIL-STD-461」50年の回顧~
設計
古典的シールド理論と近傍界測定
軍事
MIL-STD-461:EUT内ボンディ
ノイズ対策
EMIシールド、およびEMI適合における

新製品

ITJ70_Product3_1

フォトエッチング・ベリリウム銅の部品

掲載日:2018/9/14

 Tech-Etch社はベリリウム銅のエッチングや成形、熱処理、仕上げ加工のトップ企業である。ベリリウム銅は、その機械的・電気的特性により、電池端子、接地用クリップ、コネクタ接点、アース・クリップ、E

全文