ヘッドライン

RFIDにはAIM規格を使う

ITJ72_EMCnews1_1  電波による個体識別(RFID:Radio-Frequency Identification)技術は、過去50年間にわたって使用されている。この技術は機器の在庫やステータス追跡を識別する際に使われる。バーコードと同様の機能で、利点は続々と増えている。RFID部品の生産はコスト面で優れているので、この技術は近年、急増している。在庫管理および動物の個体識別の課題は、電子機器のモニタリングやエラー防止へと進化してきた。以下はRFID環境で動作する、および/またはRFIDを利用する電子機器の電磁両立性(

全文

バックナンバー

Current Issue
試験
オシロスコープを使用した自動車電子機器EMC試験の検証
軍事
「MIL-STD-461」50年の回顧~多数から1つへ(E Pluribus Unum)

Previous issue

設計
古典的シールド理論と近傍界測定
軍事
MIL-STD-461:EUT内ボンディ
ノイズ対策
EMIシールド、およびEMI適合における
設計
コモンモードチョークを使うのはマジックで
試験
EMC伝導エミッション対策用部品とフィル

新製品

ITJ70_Product3_1

フォトエッチング・ベリリウム銅の部品

掲載日:2018/9/14

 Tech-Etch社はベリリウム銅のエッチングや成形、熱処理、仕上げ加工のトップ企業である。ベリリウム銅は、その機械的・電気的特性により、電池端子、接地用クリップ、コネクタ接点、アース・クリップ、E

全文