EMCニュース

EMC + SIPI 2020:バーチャルでの開催が決定!

 COVID-19の影響により、EMC + SIPI 2020は今年度、バーチャルで開催されることに決定した。参加者全てに機会を提供するバーチャル・シンポジウムのメリットとは?  開催概要としては、Global Univ […]

全文を読む

FCCが新型コロナウイルスで増える在宅ネットワークに関するヒントを掲載

 FCCが掲載したウェブのタイトルは「Home Network Tips for the Coronavirus Pandemic」。社会的距離(social distancing)に関する公衆衛生ガイドラインによって、 […]

全文を読む

インテリジェント制御の装具に関する研究プロジェクトが成功裏に終了(2/2)

(1/2より続き)「PowerGraspプロジェクトの取り組みは、重要な一歩を踏み出した。頭上作業時に手、腕、肩をサポートするソフトな可搬型ロボットシステムの研究と実装に加えて、柔軟な伸縮性印刷回路基板の使用により電子部 […]

全文を読む

インテリジェント制御の装具に関する研究プロジェクトが成功裏に終了(1/2)

 自動車の生産では、産業用ロボットおよび生産ラインにより人々は重労働から大幅に解放されている。だが商業や介護分野など生身の人間が主に責務を担う場合には、あてはまらない。PowerGrasp(パワーグリップ)プロジェクトで […]

全文を読む

FCCがスマホ人気機種のSAR測定報告書を発行

 2019年8月21日、スマートホンの人気機種で、電磁波の比吸収率(SAR: Specific Absorption Rate)がFCC規則である細胞 1gあたりのSAR平均値1.6 W/kgを超えているものがいくつかあ […]

全文を読む

2020年の通信技術トレンド(2/2)

5.携帯セルラー方式はなくなり、IoTは歓迎される!  再び同じようなことを書いてみたが、2019年は伝統的な携帯電話事業者の活動領域に対してITが反乱を起こした年であった。また、2019年がまさにITが収束する年と呼ば […]

全文を読む

2020年の通信技術トレンド(1/2)

 IEEEの通信ソサエティの技術ニュース編集委員会より2020年の技術トレンドが9つ紹介されているので、要約を掲載する。通信業界の未来について少しでもおわかりいただければ幸いである。 1.6Gのテラヘルツ・スペクトラムで […]

全文を読む

EMC Shop社がArris Facilityを買収し、試験・開発部門を立ち上げ

 EMC Shop社は、元Arris Facility社(米国カリフォルニア州ネバダ)の施設、試験室、社員を買収し、(5 GHz Wi-Fiに必須の)DFS試験、EMC、アンテナパターン測定、規格適合に必要となる環境に配 […]

全文を読む

TIAが情報通信技術システムの業界規格を開発する委員会を設立

 米国バージニア州アーリントンにある米国通信産業協会(TIA:Telecommunications Industry Association)は、高度技術通信ネットワークのメーカーおよびサプライヤが参加する大手の組織で、 […]

全文を読む

FCC、2.5 GHz帯を5G高速通信に流用

 FCCは、時代遅れになってきた2.5 GHzの規制枠組みを一新し、この重要な中間の周波数帯を5Gなど最新の無線通信に割り当てる投票を実施した。2.5 GHz帯は3 GHz以下で隣接する周波数帯で唯一の最大帯域であり、次 […]

全文を読む

FCC公告:5G用の37 GHz、39 GHz、47 GHz帯オークション「Auction 103」

 マイクロ波帯より高い周波数帯のライセンスを柔軟に運用する(Upper Microwave Flexible Use Service:UMFUS)ためのオークション“Auction 103“が、FCCより公告された。 1 […]

全文を読む

C63.10とC63.26の改訂案を紹介するワークショップ

 米国ルイジアナ州ニューオリンズで7月20日にANSI C63ワークショップが開かれるが、これは同地で2019年7月22日~26日に開催予定のイベント「2019 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM […]

全文を読む

FCC規則改訂提案:参照規格としてのANSI C63.4およびISO/IEC 17025の更新

 ANSI C63.4とISO/IEC 17025は、FCC規則CFR 47パート2の910項(§2.910 Incorporation by reference)の参照資料に指定されている。他にも多く存在する資料のうち […]

全文を読む

EN 60601-1-2 第4版:2019年1月1日より適用開始(3/3)

5.附属書(Annex):一読を要す! 規格の一番最後あたりに重要な情報(必須情報の場合もある!)があると予想している人はいないだろう。実際、これはこの種の最初の事例ではない。EMCラボのエンジニアは日々、規格を使って仕 […]

全文を読む

EN 60601-1-2 第4版:2019年1月1日より適用開始(2/3)

4.役に立つ情報と裏技  このセクションでは、第4版によってデバイスが最終的に被るだろう「ダメージ」を最小限にするためにいくつかの提案をしたい。主にESDと新しい近接電磁界に注目する。早速、始めよう! 5.ESD は大き […]

全文を読む

EN 60601-1-2 第4版:2019年1月1日より適用開始(1/3)

はじめに  2019年1月1日からEN 60601-1-2の第3版が廃止され、第4版が適用開始になった。  この変更は、以下の両者にとって電子機器のEMC試験へのアプローチ全体に影響すると思われる(既に影響はあるが)。両 […]

全文を読む

UNECE Regulation 10:最悪の事例

 新しい型式認証や既存の認可に拡張を適用する前に、適用できる試験についてTechnical Service(以下TS)と合意しておかなければならない。本稿では新しい認定について述べる。  メーカーが複数の機種および/また […]

全文を読む

MIL-STD 461 CS118「静電気放電」レビュー(その2)

2.CS118 校正チェック  MIL-STD-461Gの殆どの試験と同様、CS118は校正チェックまたは信号インテグリティ確認で始まる。図2は、異なる2つの確認で実施する校正チェックの一般的な構成を示している。ESD試 […]

全文を読む

MIL-STD 461 CS118「静電気放電」レビュー(その1)

はじめに  2015年12月に発行されたMIL-STD-461Gでは、人体モデルの静電気放電(ESD:Electrostatic Discharge)の試験が追加された。この版以前は、電子システムおよびサブシステムに対す […]

全文を読む

自動車用イーサネットÜbersystem:Stephen Jackson氏インタビュー(その2)

 New Hampshire大学Inter-Operability LabのBob Noseworthy氏はTSNについてこう述べている。「待ち時間を究極に最小にするため、IEEE 802.1QbvはTime Aware […]

全文を読む

自動車用イーサネットÜbersystem:Stephen Jackson氏インタビュー(その1)

 広い帯域を持ち、待ち時間が短く、重量は軽い。これがÜbersystemである。OPEN (One-Pair Ether-Net)Alliance ※1 イーサネットで、自動車、航空宇宙などの用途に適している。2018年 […]

全文を読む

RFIDにはAIM規格を使う

 電波による個体識別(RFID:Radio-Frequency Identification)技術は、過去50年間にわたって使用されている。この技術は機器の在庫やステータス追跡を識別する際に使われる。バーコードと同様の機 […]

全文を読む

投稿記事を書くときのコツ

1. なぜ書くのか? ・プライド…クリエイティブな人にとって自分の書いたものが掲載されているのを見るのは嬉しいものである。誰にでも本来、クリエイティブでありたい、そしてその創造性を認められたいという願いがある。 ・貢献… […]

全文を読む

回路レベルでEMC問題を起こす原因No.1とは

 プリント配線板(PWB:printed wiring board)内をレイアウトする際、回路からのエミッション発生を最小化するには多くの「ルール」がある。ルールには重要な項目も幅広く含まれていて、どれが重要かと言うと全 […]

全文を読む

エミッション試験設備:OATSかSACか?

 EMC試験設備を新規に立ち上げる課題を与えられたとしよう。他の項目ももちろんだが、オープンサイト(OATS:Open Area Test Site)か、電波半無響室(SAC:Semi-Anechoic Chamber) […]

全文を読む

電子・電気機器に対するコスト効果の高いEMCシールド設計方法を記載した白書

 用途に適したフィルタを選択するのはちょっとしたマジックと考えている設計・電子エンジニアは多い。幸いにも手助けとなるものがここにある。EMCのスペシャリストEMC Standards社が出した新しい白書である。この白書は […]

全文を読む

HORIBA MIRA社の技術研究所が革新的な自動車エンジニア実習プログラムを発表

 North Warwickshire and South Leicestershire CollegeとHORIBA MIRA社、Coventry University、Loughborough University、 […]

全文を読む

Elite社の新しい無線試験の将来性

 Elite社は、製品に無線接続を採用しているメーカー向けに全く新しい無線試験サービスを導入した。同社の新しい無線・アンテナ試験には、携帯電話やWi-Fi、ブルートゥースのトランシーバなどのOTA(Over-The-Ai […]

全文を読む

製品レビュー:Würth Elektronik社のEMCフィルタキット

 数週間前、私はWürth Elektronik社からEMCフィルタキット一式を入手した。これは実地でも学究的環境でも役に立つ優れものである伝導エミッションのフィルタリングに興味があるなら、これはディファレンシャルモー […]

全文を読む

コンピュータのモデリングが気に入らないなら、テープとホイルを使ってみよう(2/2)

 アンテナは、DUTとアンテナ間に自然にある静電容量によってDUTに「接続されて」いるので、シンプルな回路モデルを使ってDUT配線の電圧とアンテナ電圧間の伝達関数を計算することができる。回路モデルには図4に示すように、配 […]

全文を読む

1 / 712345...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。