コヒレント特設ページはこちら

Products/Applications 詳細

Eplus3D、高速プリンティング用に最大64レーザのEP-M2050を発表

June, 4, 2024, Zhejiang--EP-M2050大判マルチレーザメタルAMシステムは、36個のレーザ(49/64個のレーザはオプション)で生産性、汎用性、効率の基準を再定義し、最先端の技術で業界に革命をもたらし、顧客が最大2050 x 2050 x 1100 mm(最大2000 mmのカスタマイズ可能なZ軸)の幅広い部品を製造できるようにする。

EP-M2050は、業界が効率的で精密な生産を再定義することを奨励するために作成された36レーザ金属AMシステムで生産性に革命をもたらしている。

金属積層造形装置の大手メーカー、Eplus3Dは、金属粉末床溶融結合(MPBF)技術のフロンティアを探求するという揺るぎないコミットメントを一貫して示してきた。金属積層造形をプロトタイピングツールから直接生産ソリューションに変えることに確固たる焦点を当て、業界に革命を起こすという使命に専念し続けている。

今回、Eplus3Dは、大型マルチレーザ金属AMシステムのラインナップに画期的なEP-M2050が加わったことを誇りに思う。36個のガルバノメータを備えた独自の6×6レーザマトリックスの驚くべき機械は、全てのレーザを完璧に同期させてシームレスに動作させる。
EP-M2050は、64個のレーザに対応するためのオプションのアップグレードにより、64個のガルバノメータを備えた8×8のレーザマトリックスであり、その性能をさらに向上させる。EP-M2050は、2050 x 2050 x 1100 mmの驚異的な造形容積を持ち、高さ2000 mmまで拡張可能で、サイズの制約を打ち破り、優れた一貫性を維持し、幅広いプリンティングニーズに対応している。

EP-M2050は、500Wまたは700Wのファイバレーザを柔軟に選択できるため、チタン合金、アルミニウム合金、ステンレス鋼、工具鋼などの多様な材料を処理できる。EP-M2050は、20〜120μmの層厚範囲で、大規模で高精度な部品の製造に優れており、生産品質と精度を優先する航空宇宙やその他の要求の厳しい分野に最適である。EP-M2050は、Eplus3Dのすべての大型金属PBFプリンタと同様に、クローズドループふるい分け塔に接続できるため、ユーザの安全性を最大限に高め、ダウンタイムと材料の無駄を削減できる。

EP-M2050は、2023年に16台のレーザを搭載したEP-M1550を発売し、顧客サイトへの設置に成功したことに基づいており、Eplus3Dの積層造形における30年の経験におけるもう一つの重要なマイルストーンとなる。世界最大のLPBFシステムの開発は、今日の製造方法に革命をもたらす顧客の要求に基づいている。

(詳細は、https://www.eplus3d.com