コヒレント特設ページはこちら

Products/Applications 詳細

Digital Realty、液体からチップへの冷却のための高度な高密度展開サポート

June, 4, 2024, Austin--クラウドおよびキャリアニュートラルなデータセンタ、コロケーション、インタコネクションソリューションの世界最大プロバイダDigital Realtyは、高密度展開サポートの次の進化である画期的な液体からチップへの冷却技術の提供開始を発表した。
この革新的な進歩は、特に人工知能(AI)やデータ集約型アプリケーションの領域において、高密度ワークロードの管理に関する進化する課題に対処する上で大きな飛躍となる。

Digital Realtyの新サービスは、同社の標準化された高密度コロケーションサービスをベースに、直接液体冷却(DLC)を導入し、液体を顧客のインフラストラクチャに直接供給することで、新たなAI需要に対応するための関連性と汎用性を高める。このアプローチにより、企業は、クラウドやネットワーク、AIサービスプロバイダに近接した共有環境内に高密度構成を展開すると同時に、個々のセットアップの明確なニーズに対応し、顧客にさらなる柔軟性を提供することができる。さらに、Digital Realtyが最近発表したPrivate AI Exchange(AIPx)により、これらのDLC対応ソリューションをサポートする新しいデータ交換オプションが可能になる。

Digital Realtyの高度な高密度展開サポートの主な特徴は、リアドア熱交換器(RDHx)やDLCなどの幅広い機械的ソリューションを活用できることで、ラックあたり30〜150kW、またはそれ以上の電力密度の効率的な管理を可能にする。RDHxとDLCの組み合わせにより、サポート可能な電力密度が実質的に2倍になり、企業はプライベート、クラウド、ハイブリッドソリューションを通じて、最新のITインフラストラクチャの高まる需要に対処し、企業によるAIの導入を加速することができる。

Digital Realtyのソリューションは、柔軟性とアクセス性を兼ね備えている。世界中のDigital Realtyのデータセンタの半数以上で導入オプションが利用可能であり、今後はさらに多くの拠点にサポートを拡大し、既存のインフラを活用して新たなAI要件を満たす予定である。

「われわれは、この最先端のLiquid-to-Chip技術をサポートするインフラストラクチャの進化において顧客と連携し、顧客が効率的に展開を拡大し、デジタル時代に可能なことを再定義できるようにすることを誇りに思う。この最先端の液体からチップへの冷却技術により、高密度展開サポートの新たな基準を打ち立てるだけでなく、デジタルインフラストラクチャの展望に革命を起こしている」と、Digital RealtyのCTO、Chris Sharpはコメントしている。

「AIは、あらゆる業界のほぼすべての側面に革命をもたらしている。Digital Realtyのような優れたパートナーと協力することで、あらゆる規模の企業のAIジャーニーを支援している。LenovoとDigital Realtyのパートナーシップは、ハイブリッドAIビジョンの重要な基盤を形成し、組織が新しい技術の可能性を最大限に活用してイノベーションをより迅速に提供できるようにする」と、Lenovo ISGのHPCおよびAI担当VP/GM、Scott Teaseは話している。

「組織は生成AIとハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)への投資を増やしており、プライベートで高密度な環境を必要としている。Digital RealtyのHDコロケーション製品は、高密度ラックに対する市場ニーズの高まりに強力に対応し、これらの組織の価値実現までの時間(TTV)を大幅に短縮すると同時に、新しい容量を構築または改造するための時間と費用のかかる資本プロジェクトの必要性を回避するための理想的なソリューションを提供する。このサービスは、生成AI市場に対するIDCのコロケーションプロバイダの推奨事項と一致している」と、IDCのクラウド・トゥ・エッジ・データセンタ・トレンドのリサーチディレクタ、Seean Grahamはコメントしている。

この高密度ソリューションの導入プロセスは合理化され、効率的で、顧客向けのオーダーメイドのコロケーションソリューションの設計と提供におけるDigital Realtyの豊富な経験を活かし、価値実現までの時間を短縮する。