コヒレント特設ページはこちら

Business/Market 詳細

ハイパースペクトラルイメージングシステム産業、2029年までに15億3500万ドル

June, 11, 2024, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「ハイパースペクトルイメージングシステム市場:提供品(カメラ、システムインテグレータ、サービスプロバイダ)、技術(プッシュブルーム、スナップショット、チューナブルフィルタ、イメージングFTIR、ウィスブルーム)、波長、地域別-2029年までの世界予測」によると、ハイパースペクトルイメージングシステム市場は、2024年に8億4,700万ドル、予測期間にCAGR 12.6%で成長し、2029年までに15億3,500万ドルに達すると予測されている。
より手頃な価格でポータブルでユーザフレンドリーなハイパースペクトルイメージングシステムの開発、およびハイパースペクトルイメージング技術の分析能力の強化に焦点を当てた研究開発への資金提供の増加は、ハイパースペクトルイメージングシステム市場の拡大を促進する主要な推進力の一部である。専門的な専門知識や規制遵守などの制約が、市場の成長を妨げている。しかし、ハンドヘルドおよび空中プラットフォームへの展開を可能にするセンサの継続的な小型化や、業界コラボレーションの成長などの要因は、今後数年間で市場プレーヤに有利な機会を提供する。

アプリケーションタイプに基づいて、研究および診断用のハイパースペクトルイメージングシステム業界は、予測期間中に最高CAGRを保持
企業が研究や診断プロセスにおいて効率と精度を優先しているため、ハイパースペクトルイメージングは、材料や生体サンプルの微妙な違いや異常を特定する比類のない機能を提供する。さらに、技術の進歩により、ハイパースペクトルイメージングシステムの解像度と速度が向上しており、分析と診断のための革新的なソリューションを求める研究機関、研究所、および医療施設にとって、ハイパースペクトルイメージングシステムの価値が高まっている。

ハイパースペクトルイメージングシステム業界では、技術タイプ別のスナップショットが予測期間中に最高CAGRで成長の見込み
スナップショット技術により、1回のスナップショットでスペクトルデータを取得できるため、スキャンが不要になり、取得時間が大幅に短縮される。これにより、スナップショットシステムは、医療診断、食品検査、産業品質管理などのリアルタイムまたは迅速な分析アプリケーションに最適。さらに、センサ技術の進歩により、スナップショットシステムの性能と手頃な価格が向上しており、効率的で費用対効果の高いイメージングソリューションを求める様々な業界での採用が進んでいる。

波長別では可視&NIRハイパースペクトルイメージングシステム業界は、予測期間中に最高市場シェア
可視&近赤外(NIR)ハイパースペクトルカメラは、汎用性と幅広い用途を備えている。これらの波長は、可視スペクトルとi.スペクトルにわたって詳細なスペクトル情報を取得できるため、農業、環境モニタリング、食品検査などの様々な産業に適している。さらに、可視光&NIRを組み合わせることで、分析機能が向上し、企業は意思決定と品質管理プロセスを改善するための貴重な洞察を引き出すことができる。

北米が予測期間中に最高市場シェア
複数の重要な要因により、北米地域はハイパースペクトルイメージングシステム市場で最も高い市場シェアを保持すると予想されている。同地域は、堅牢な技術インフラと、イノベーションと採用を推進する主要な市場プレーヤの強力な存在感を誇っている。農業、防衛、ヘルスケア分野への投資の増加により、高度なイメージングソリューションの需要が高まっている。