コヒレント特設ページはこちら

Business/Market 詳細

3Dプリント医療デバイス収益、2034年までに165億ドル

June, 10, 2024, New York--Additive Manufacturing Researchの調べによると、3Dプリント医療機器の収益は、2034年まで165億ドルに達する見込である。
3Dプリント医療機器市場は、2023年の45億ドルから10年間のCAGR 12%成長で、2034年には165億ドルに達すると予測されている。これは、「医療機器の市場動向と機会」によるものである。補綴物、歯科、聴覚学」と題した、Additive Manufacturing Research発表した新しいレポートである。

3Dプリンティング技術の使用は、ヘルスケア分野に大きな影響を与えている。これにより、個別化医療機器の製造が促進され、開発コストが削減され、高度なデバイスのイノベーションが促進され、補綴物へのアクセス性が向上した。過去20年間で、ヘルスケアへの統合により、患者の転帰が著しく向上し、ヘルスケアへのアクセスが拡大した。この技術は、COVID-19パンデミック時の医療機器製造に関連する課題に対処し、サプライチェーンを合理化し、デバイスの設計と製造を患者と医療従事者の両方に近づける上で重要な役割を果たした。今後、医療機器業界、特に補綴物、聴覚学、歯科分野は、3Dプリンティング技術の恩恵を受け続けるため、大幅な成長が見込まれる。

この調査では、3Dプリンティングがイノベーション、成長、採用を推進している最も重要な3つの医療機器セグメントである補綴物、聴覚学、歯科における3Dプリンティングの現在の機会を調査している。これらの機会には、特に歯科における特定用途向け3Dプリンティングプラットフォームの技術的進歩、ヘルスケアおよび医療機器のサプライチェーンの継続的なデジタル化、医療機器の3Dプリンティングに関するガイダンスを一貫して発表している米国食品医薬品局(FDA)や欧州医薬品庁(EMA)などの規制当局の継続的な進歩が含まれている。

さらに、このレポートでは、3D Systems、Formlabs、Stratasys、Materialiseなどの主要ベンダの医療機器分野に適用可能な3Dプリンティング技術と材料をまとめている。

画像