コヒレント特設ページはこちら

Business/Market 詳細

USレーザ切断装置市場、2030年までに19億5000万ドル

June, 10, 2024, San Francisco--Grand View Research, Inc.の新しいレポートによると、米国のレーザ切断機の市場規模は、2024~2030年にCAGR 5.9%で成長し、2030年までに19億5,000万ドルに達すると予想されている。
製造業における自動化トレンド増と最終用途産業の需要増は、市場の成長につながる。レーザ切断機は、金属加工、自動車、製薬、電子機器、包装、航空宇宙など、様々な業界でますます人気が高まっている。モノのインターネット(IoT)、データ分析、自動化などのIndustry 4.0技術の採用が進んでいるため、市場は急成長すると予測されている。

これらの技術により、レーザ切断機は、リアルタイムの情報交換を容易にすることで、より高い精度を達成し、オペレータはそれを監視および管理して出力を増やすことができる。レーザ切断機には、リアルタイムの監視と予知保全を可能にするセンサ、制御システム、およびデータ分析プラットフォームがある。包装、医薬品、金属の切削、空調などの最終用途産業では、自動化されたレーザ切削工具を使用して高品質の商品を効率的に生産している。自動化は、メーカーがレーザ切断を含む様々なプロセスを自動化するのに役立ち、ダウンタイム削減、エネルギー効率、均一な結果につながる。また、製造業における自動化の傾向の高まりも、レーザ切断機の需要を後押ししている。

米国のレーザ切断機市場レポートのハイライト
・火炎切断セグメントは、2023年に44.1%の最大市場シェアを保持した。切断と仕上げの精度と速い切断速度により、フレーム切断機の需要が高まっている。火炎切断は、鋼や厚みのある材料の切断と処理に使用される。

・2023年には、高出力レーザ切断機セグメントが最大市場シェアを占めた。従来のレーザよりも精度、精度、出力が向上するレーザ切断機を使用すると、複数の層と大量の金属板を簡単に切断できる。これらの高度な機械は、より小さなレーザビームを特徴とし、切断作業の精度と精度レベルを大幅に向上させる。

・ファイバレーザセグメントは、2023年に最大シェアを占めた。ファイバレーザは、より速い切断速度を達成し、生産性を向上させ、製造プロセスのコスト削減と所要時間の改善に貢献する。

・2023年は自動車部門が最大シェアを占めた。レーザ切削工具には、エラーの低減、一貫した高品質の切断、精度の向上、複雑な形状やデザインを効率的に作成できるなどの利点がある。

2023年5月、Beamer Laser Marking Systemsは、高出力の355nm紫外線(UV)固体レーザとUV統合システムの製造を専門とするDPSS Lasers Inc.を買収した。この買収は、Beamer Laser Marking Systemsがレーザマーキング製品を拡大し、複数のセクターのクライアントにカスタマイズされたソリューションを提供するという戦略的イニシアチブを意味する。