コヒレント特設ページはこちら

Business/Market 詳細

北米光ファイバ市場、2030年までに36億2000万ドルに

June, 6, 2024, San Francisco--Grand View Research, Inc.の新しいレポートによると、北米の光ファイバ市場規模は、2024~2030年にCAGR 4.9%で成長し、2030年までに36億2,000万ドルに達すると予測されている。
オンラインゲーム、ビデオストリーミング、在宅勤務、クラウドコンピューティングなど、帯域幅を大量消費するアプリケーションの台頭により、より高速で信頼性の高いインターネット接続が必要とされている。

光ファイバ技術は継続的な進歩を遂げており、技術の即興とアップグレードにつながっている。高密度ケーブルとコネクタ、伝送速度、および耐久性機能の革新により、この技術が推進された。光ファイバ技術は現代のネットワークを変革し、帯域幅の増加、高速化、信頼性の向上を可能にした。

人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、ビッグデータ分析などのトレンドによって増加したデータトラフィックの急増により、より高い帯域幅とより大きなネットワーク容量の需要が高まっている。光ファイバは、大量のデータを効率的に処理し、帯域幅を大量に消費するアプリケーションをサポートできるため、需要増に不可欠である。

光ファイバネットワークは、従来の銅線ベースのネットワークと比較して環境上の利点があることからも普及が進んでいる。光ファイバは、エネルギー消費量が少なく、寿命が長く、メンテナンスが少なくて済むため、より持続可能な選択肢となっている。

北米の光ファイバ市場レポートのハイライト
・モード別では、マルチモードセグメントが2023年に54.8%の最大の収益シェアで市場をリードし、低コスト、設置の容易さ、普及により需要が増加している。診断、遠隔医療、医用画像など、様々な医療用途で使用されており、医療従事者がより効率的かつ正確に手術を行うのに役立ち、患者の安全と快適性を促進している。

・アプリケーション別では、テレコムセグメントが2023年に40.7%の最大収益シェアを獲得し、市場をリードした。テレコム分野での高速インターネットと接続性の強化に対する需要増が、市場の成長を後押ししている。高速インターネットの要件や、Instagram、TikTok、Snapchatなどのソーシャルメディアアプリに対する需要増により、テレコム分野での光ファイバの必要性が高まっている。

・モードに基づいて、プラスチックセグメントは予測期間中に急速CAGRで成長すると予想されている。その柔軟性、設置の容易さ、費用対効果により、自動車産業、照明アプリケーション、医療機器、およびその他の産業で利用されている。

・2023年6月、米国政府は「ブロードバンド・エクイティ・アクセス・展開プログラム」に基づき、50州に420億ドルの投資を行う予定である。主な目的は、2030年までにすべてのアメリカ人が高速ブロードバンドにアクセスできるようにすることである。