コヒレント特設ページはこちら

Business/Market 詳細

欧州光ファイバ市場規模、2030年までに27億1000万ドル

June, 5, 2024, San Francisco--Grand View Research, Inc.の新しいレポートによると、欧州の光ファイバ市場規模は、2024~2030年にCAGR 4.3%のCAGRで拡大し、2030年までに27億1,000万ドルに達すると予想されている。
この成長は、高速インターネット接続に対する需要増、通信インフラの進歩、および様々な業界での光ファイバ技術の採用に起因する可能性がある。
光ファイバ技術は、薄いガラスまたはプラスチックファイバを介して光を送信することにより、データ、音声、およびビデオ通信を長距離伝送する。

技術の進歩は、ヨーロッパの光ファイバセクタ拡大を後押しするのに役立っている。5Gネットワーク、モノのインターネット(IoT)、クラウドコンピューティングなどの最先端技術の成長は、光ファイバの迅速で信頼性の高い接続性に大きく依存している。これらの進歩により、より洗練された通信システムの需要に拍車がかかり、ヨーロッパ全体で光ファイバの採用が進んでいる。

クラウドコンピューティングとデータセンタの台頭、ヘルスケア、金融、教育などの様々なセクタのデジタルトランスフォーメーション、エネルギー効率の高いソリューションと持続可能なインフラストラクチャの推進により、ヨーロッパでは光ファイバ技術の採用が進んでいる。さらに、5G技術を実装するには、増大するデータトラフィックと接続ニーズを満たすために、強力で大容量のネットワークが必要となる。光ファイバは、携帯電話基地局とデータセンタをつなぐ重要なインフラを確立し、5Gネットワークをサポートするために不可欠である。

欧州光ファイバ市場レポートのハイライト
・モード別では、2023年にマルチモードセグメントが52.4%と最大の収益シェアを占めた。MMFは、より高い帯域幅を処理できるため、ビデオストリーミングやクラウドコンピューティングなどの最新のデータニーズに適しており、これらのデータ集約型アプリケーションに最適である

・アプリケーションに関しては、医療セグメントは予測期間中に最速CAGRで成長すると予想されている。医療機器の光ファイバは、侵襲性の低い手順、より迅速な回復、およびより良い治療結果を可能にすることで、患者ケアの改善に役立つ。

・2023年11月、STL Techは、より迅速で継続的なサプライチェーンのために、イタリアに2つの新しい製造施設を設立し、光ファイバ生産を拡大した。同社は、ドイツでのファイバインフラストラクチャと5Gネットワークの展開を加速することを目指している。