コヒレント特設ページはこちら

Business/Market 詳細

ドローンセンサ産業、2029年までに25億ドル

June, 4, 2024, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「ドローンセンサ市場:センサタイプ、プラットフォーム(VTOLタイプ、固定翼タイプ、ハイブリッドタイプ)、アプリケーション(ナビゲーション、衝突検出および回避、データ収集、モーション検出、電力監視)、エンドユーザ、地域別-2029年までの世界予測」によると、ドローンセンサの市場規模は2024年に14億ドル、2024-2029年にCAGR 12.1%で成長し、2029年までに25億ドルになると予想されている。
この市場の成長を支える主な要因は、ドローン技術の進歩の大きな推進力となるドローンへの安全機能の組み込み。安全機能は、ドローンの運用に伴うリスクを軽減し、ドローン自体と周辺環境の両方の安全性を確保するために不可欠である。

2024年~2029年の間にドローンセンサ市場で最も成長が見込まれるエネルギー・公益事業のエンドユーザー産業
エネルギー&公益事業部門では、資産管理の改善、環境スチュワードシップの強化、重要インフラの安全性と信頼性の確保のために、ドローンセンサ技術の価値がますます認識されるようになっている。ドローン技術が進歩し続け、センサ機能が進化するにつれて、エネルギー&ユーティリティアプリケーションへのドローン採用がさらに加速し、ドローンセンサ業界の継続的な成長を促進すると予想されている。

VTOL用ドローンセンサの市場規模、2024~2029年の間に最大となる見込み
VTOLドローンには、軽量、低コスト、取り扱いの容易さ、操縦性などの利点がある。これらのドローンは、パイプラインや構造物の検査から航空写真やマッピングまで、多くの作業に使用できる。検査、マッピング、写真撮影用途でのドローンの将来の採用は、予測期間中のセグメントの成長を大幅に促進する。

データ収集アプリケーション用ドローンセンサ市場規模は、2024~2029年の間に最大になる
データ収集は、ドローンの主要なアプリケーションであり、世界のドローンサービス市場の重要な要素。意思決定者は、マッピングと測量、リモートセンシングと航空写真、3Dモデリング、製品配送、環境検査と評価、リスク管理など、ドローンの他の用途に関する重要な情報を収集するのに役立つ。

北米は、2023年にドローンセンサ市場で最大シェア
2023年のドローンセンサ市場は北米が独占した。この地域の大手メディアは、スポーツイベントの取材にドローンを採用することが増えており、特にメディア業界におけるドローンセンサ市場の成長を後押ししている。さらに、軍事および防衛部門は、北米のドローンセンサ産業の主要なアプリケーション分野。さらに、精密農業を目的としたドローンの採用急増は、市場の成長を促進すると予想されている。