コヒレント特設ページはこちら

Business/Market 詳細

US獣医用3Dプリンティング市場、2030年までに5183万ドル

June, 3, 2024, San Francisco--Grand View Research, Inc.の新しいレポートによると、米国の獣医用3Dプリンティングの市場規模は、2024~2030年にCAGR 10.68%で成長し、2030年までに5,183万ドルに達すると予想されている。
市場の成長を促進する主な要因には、動物の慢性疾患の有病率の増加、手術数の増加、様々なアプリケーションでの3Dプリントの使用の増加などがある。獣医手術では、診断から治療までの全段階で3Dプリント技術を使用することで、ユニークで重要な利点がもたらされる。3Dプリンティングは、将来、獣医手術においてより広く効果的に使用されることは避けられない。3Dプリンティング技術の使用の発展は、人間産業と獣医産業の両方で急速に進んでいる。

革新的な製品の導入や製品の機能強化は、市場の成長を促進する。例えば、3D HIPシェルフインプラントとして知られる患者固有の3Dプリントチタンインプラントは、イヌ股関節形成不全の治療のためにRita Leibinger GmbHによって開発された。さらに、3Dプリンティングで作られたチタンインプラントは、競走馬の治療にも使用されている。転倒による脊椎骨折や頸部骨折は、治療される最も頻繁な怪我の一つである。多くの馬は、圧迫スクリュー、背側椎弓切除術、腹側頸部固定術などの伝統的な方法で治療される可能性があるが、過去には、より重大な怪我により、動物が安楽死させられている。したがって、3Dプリンティングは、動物を含む生活の多くの側面から人々を助ける可能性でよく知られている。人間が3Dプリントで経験するのと同じ利点は、手足やその他の重要な体の部分を失った動物にも当てはまる。より利用しやすく正確なスキャン技術により、多くの動物がカスタムの3Dプリントされた装具や補綴物を利用でき、生活の質が大幅に向上した。

獣医用3Dプリンティングは、動物の健康と福祉を強化する様々なアプリケーションを提供する。人間の医療と同様に、3Dプリンティングにより動物用のカスタム補綴物や装具の作成を可能になる。負傷したイヌ用義足であろうと、鳥用人工くちばしであろうと、3Dプリンティングにより正確でカスタマイズされたソリューションが可能になる。獣医師は、3Dプリントされた解剖学的モデルを使用して、複雑な手術を計画できる。これらのモデルは、明確な動物の解剖学的構造を示しているので、外科医は生きている患者を手術する前に、手順を練習し、最適な手術戦略を立てることができる。さらに、3Dプリンティングは、CTやMRIスキャンなどの技術によって特定された腫瘍、骨折、またはその他の異常の物理モデルを作成することにより、画像診断に役立つ。これらのモデルは、獣医師が状態の範囲を視覚化して理解するのに役立ち、治療計画とクライアント教育に役立つ。

US獣医用3Dプリンティング市場レポートのハイライト
・製品別では、3Dプリントインプラントセグメントが2023年に33.90%のシェアで市場を独占した。

・チタンセグメントは、材料の種類に基づいて2023年に最大市場シェアを保持した。チタン3Dインプラントは、動物の他のインプラントに比べていくつかの利点がある。

・アプリケーション面では、治療セグメントが2023年に最大市場シェアだった。治療セグメントは、さらに整形外科と神経学に分類される。動物の整形外科疾患の増加は、市場の成長を促進する上で重要な役割を果たしている。

・動物の種類別では、イヌセグメントが2023年に48.90%の最大市場シェアを占めた。イヌの飼い主の増加、ペットヘルスケアの意識の高まり、人間化の促進、イヌの慢性疾患の有病率の上昇は、このセグメントの主要な推進力の一つである。

・最終用途に関しては、病院セグメントが2023年に市場の70.01%の最大収益シェアを占めた。