コヒレント特設ページはこちら

Business/Market 詳細

インドのドローン産業、2029年までに14億3700万ドル

May, 31, 2024, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「インドのドローン市場:プラットフォーム別(民生用および商業用、防衛用)、販売時点管理(OEM、アフターマーケット)、アプリケーション(軍事、商業、政府および法執行機関、消費者)、システムおよび産業別-2029年までの予測」によると、インドのドローン市場は、予測期間中にCAGR 17.0%で成長し、2024年の6億5,400万ドルから2029年までに14億3,700万ドルに成長すると予測されている。
インドのドローン市場におけるドローンの台数は、2024年の10,803台から2029年には61,393台に増加すると予測されている。インドのドローン市場は、農業、防衛、電子商取引など、様々な分野での需要増に牽引され、急成長を遂げている。Drone Shaktiスキームのような政府の支援的な政策や構想は、業界をさらに拡大させた。

インドのドローン市場:システム別
システム別では、プラットフォームシステムセグメントが市場をリードすると予想されている。ドローンの需要は、農業、防衛、娯楽、配送サービスなど、様々な分野で高まっている。プラットフォームシステムは、機体、推進システム、アビオニクス、ソフトウェアなど、ドローンの中核となるコンポーネント。これらの分野を拡大することで、ドローンの開発や調達への投資が増加し、プラットフォームシステムの市場規模に直接影響を与える可能性がある。

インドのドローン市場:プラットフォーム別
プラットフォーム、民生、商業セグメントが数量(ユニット)で市場をリードすると予想されているが、市場規模(百万ドル)では、防衛セグメントが市場をリードする。農業、エネルギー、建設などの民生用と商業用は、この技術の分野横断的な採用を反映して、バランスの取れた広がりを示している。小型で戦術的なクラスのドローンは、その汎用性と運用コストの低さから好まれており、軍事用と民間用の両方でよりコンパクトで効率的なUAVを求める世界的な傾向と一致している。この市場分布は、国防におけるドローンの戦略的重要性、商用アプリケーションの拡大、および様々な産業へのさらなる拡大の可能性を強調している。

インドのドローン市場:産業別
業界別では、防衛・セキュリティ分野が2024年のインドのドローン市場で最大のシェアを占めると推定されている。防衛・安全保障分野は、国家安全保障における重要な役割とドローンがもたらす戦略的優位性により、インドのドローン市場を支配している。地域の安全保障上の課題、監視と偵察の強化の必要性、国境地域へのペイロードの輸送により、インドは防衛目的でのドローンの採用を優先している。政府が防衛技術の自立を重視していることは、ドローンが現代の軍事作戦や国境管理に不可欠となり、この技術への多額の投資につながるため、このセクターの市場シェアをさらに強化している。