コヒレント特設ページはこちら

Business/Market 詳細

世界のLED産業収益、2024年に3%成長

May, 30, 2024, Taipei--TrendForceの最新のLED業界レポートによると、世界市場は2024年に回復し、推定収益は前年比3%増の130億ドルに達すると予想されている。
この復活は、主に自動車用照明やディスプレイ、一般/建築/農業用照明、LEDビデオウォール、UV/IR LEDなど、様々な分野での需要によって推進されている。さらに、Samsungの大型ディスプレイやTag Heuerの高級時計へのmicroLEDの展開が成功したことも、この成長に大きな役割を果たしている。

TrendForceは、自動車用ディスプレイが今年大きな成長の可能性を秘めていると指摘している。NEV市場の勢いにより、ADBヘッドライト、MiniLEDテールライト、全幅テールライト、スマートアンビエント照明、MiniLEDバックライトディスプレイなどの先進技術により、自動車用LEDの市場価値は34億ドルに達する見込みである。さらに、microLEDは、欧州OEMの読書灯やコントロールノブにも浸透している。

一方、欧米や日本の自動車メーカーは、microLED透明ディスプレイの導入を計画している。自動車メーカーは、70%を超える透明性を達成し、曲面デザインに対応するためにmicroLED HUDを必要としており、自動車市場は、技術が成熟し、費用対効果が高まるにつれて、2026年~2027年までにAR-HUDまたはウィンドウディスプレイ用の透明microLEDディスプレイを採用するように設定されている。

MiniLEDビデオウォール市場は、Samsung、LG Electronics、Leyard、Unilumin、Absenなどの大手メーカーに牽引され、急速な成長を遂げている。

UV LEDセグメントでは、メーカーは市場の需要を満たすために、高出力の滅菌および精製製品を展開し続けている。HuaweiAITOによる空気滅菌におけるUV-C LEDの適用は、2023年~2025年にかけての受注で、自動車用空気滅菌アプリケーションの採用を加速させる見込である。従来のUVランプと比較して、UV LEDは寿命が長く、光学設計がシンプルである。日亜化学工業、Seoul Viosys、Violumasなどの企業は、UVランプの代替品の需要を満たすために、包括的なUV-A/B/C LED製品ラインを立ち上げた。

農業用照明は、中欧・東欧、特にチェコとポーランドで勢いを増しており、園芸用照明の最終製品のコスト削減により、植物工場ソリューションのROIが向上している。さらに、高緯度のアジアおよび北欧地域で野菜や飼料を栽培するための園芸用照明への投資は、食品サプライヤへの長引く冬の悪影響を軽減することを目的としており、2024年に園芸用照明LED市場を盛り上げることが期待されている。

(詳細は、https://www.trendforce.com/)