コヒレント特設ページはこちら

Business/Market 詳細

タトゥー除去市場、2035年までに40億ドル

May, 29, 2024, San Francisco--Allied Market Researchの新しいレポート「タトゥー除去市場」によると、同市場は2023年に5億ドル、2024年~2035年にCAGR 19.1%で成長し、2035年までに40億ドルに達すると推定されている。

タトゥー除去は、不要なタトゥーを除去または色あせるように設計された美容整形手術である。レーザ、インテンスパルスライト(IPL)、外科的方法などの多様な技術を採用し、皮膚内のインク粒子を分解することで機能し、体の自然なプロセスによるインク粒子の段階的な吸収と除去を促進する。タトゥー除去の有効性は、タトゥーのサイズ、色、深さ、個々の皮膚属性などの様々な要因の影響を受けるため、最適な結果を得るには、数週間または数か月にわたって複数のセッションが必要となる。この治療は、個人的、職業的、または審美的な動機のためにタトゥーを変更または消去する機会を個人に提供する。タトゥーの後悔を矯正するかどうか、キャリア要件に対応するか、審美的な強化を求めるかどうかにかかわらず、タトゥーの除去は多様なニーズと好みに応えるカスタマイズ可能なソリューションを提供し、コズメティック業界での人気向上に貢献している。

タトゥー除去業界は、タトゥー除去サービスの需要の増加に寄与するさまざまな要因によって、大幅な拡大を経験している。重要な要因の1つは、世界中でタトゥーの普及率が高まっていることであり、それに対応してタトゥー除去治療を求める個人の増加につながる。さらに、より効果的なレーザや革新的な治療プロトコルの開発など、タトゥー除去技術と技術の進歩により、タトゥー除去治療の有効性と安全性が向上し、より幅広い層にとってよりアクセスしやすく、魅力的なものになっている。加えて、専門のタトゥー除去クリニックとメドスパの設立、およびタトゥー除去サービスの既存のエステティック実践への統合により、消費者がこれらの治療へのアクセスをさらに促進した。これらの要因の結果として、タトゥー除去市場の動向は急速に拡大しており、美容および皮膚科分野における成長と革新の機会を提供している。

治療に応じて、市場はレーザ手術、外科的処置、クリームなどに分けられる。レーザ手術セグメントは、2023年の収益面で最大のタトゥー除去市場シェアを占め、予測期間中に最速CAGRを示すと見られている。この成長は、レーザ技術の需要増、外科的方法よりもレーザへの選好のシフト、レーザ手術の安全性と信頼性などの重要な要因に起因している。これらの要因は、レーザタトゥー除去が多くの利点を提供し、より安全な選択肢として認識されているため、レーザタトゥー除去の人気上昇に貢献している。この傾向は、より高度で効率的な技術に向けたタトゥー除去業界の重要な進化を反映している。

エンドユーザによって、タトゥー除去業界は病院、皮膚科クリニック、その他に分かれている。皮膚科クリニックセグメントは、2023年の収益面で最大のタトゥー除去市場シェアを占め、予測期間中に最速CAGRを示す見込である。これは、病院や他のエンドユーザと比較して、タトゥー除去のための高度な機器が入手可能であることや、世界中のタトゥー除去クリニックの数が増加していることから、個人のクリニックへの選好に起因している。さらに、診療所でのタトゥー除去治療は、熟練した専門家の存在により、瘢痕が最小限に抑えられ、傷が回避され、除去治療中または除去後に皮膚の質感が失われないなどの利点がある。

地域別では、タトゥー除去市場分析は、北米、ヨーロッパ、APAC、LAMEAで実施されている。APAC地域は、2023年に収益面で最大のタトゥー除去市場規模を獲得し、予測期間中に最速成長を示すと予想されている。この成長は、可処分所得の増加、美容処置に対する意識の高まり、および高度な技術の利用可能性によって促進されている。さらに、同地域の文化的な変化や美の基準の変化は、タトゥー除去サービスを含む美容治療の需要の高まりに貢献している。

調査の主な結果
・治療別では、レーザ手術セグメントが2023年のタトゥー除去市場規模に大きく貢献し、予測期間中に最速のCAGRを記録すると予想されている。
・エンドユーザ別では、クリニックセグメントが2023年に最高収益を占め、除去市場の予測期間中に最速のCAGRで成長すると予想されている。
・地域別では、APAC地域が2023年に最大収益を上げ、予測期間中に最高CAGRで成長すると予想されている。