コヒレント特設ページはこちら

Business/Market 詳細

Hyper Photonix、800G DR8光トランシーバ一般提供

May, 28, 2024, Washington--高速光トランシーバのリーディングサプライヤであるHyper Photonixは、800G DR8製品の一般提供(GA)を発表した。
800G DR8 は、同社の特許取得済みのシリコン フォトニクス(SiPh)プラットフォームである Hyper Silicon のパワーを活用し、大成功を収めた 400G DR4 製品ラインのスケーラビリティを実証している。Hyper Photonix 800G光学系は、QSFP-DD112およびOSFP-112フォームファクタで提供され、500mから10kmのリーチで利用でき、NVIDIA / InfinibandおよびEthernetエコシステムと互換性がある。包括的な認定試験が完了したこれらの800G製品は、現在、同社の大量自動製造工場で量産されている。このマイルストーンは、信頼性が高く、高性能でコストが最適化された次世代トランシーバを世界中の顧客に提供し、世界の光インタコネクト供給のギャップとAI/ML主導の需要の急増を埋めるというHyper Photonixのコミットメントを強調するものである。

LightCountingのCEO/チーフアナリストDr.Vladimir Kozlovは、「大規模なAIクラスタのオペレータは、MMFトランシーバの使用から、DR8を含むより長距離のSMFモジュールへの移行を開始した」とコメントしている。「シングルモード 800G トランシーバの需要は、2024 年には当社の予測を上回り、2025 年には 3 倍になる可能性がある。大口顧客は、現在のサプライヤの製造能力が限られていることを懸念しており、新しいベンダを認定し始めている。Hyper Photonixの発表にふさわしいタイミングである」。

「800G光トランシーバ製品ラインは、革新と卓越性に対する同社の絶え間ない追求を表している」とCEO、Xavier Clairardinはコメントしている。Hyper Siliconプラットフォーム上に構築されたこれらのトランシーバは、ハイパースケールデータセンタの要求に合わせた性能、信頼性、容量を提供する。コストと電力が最適化された設計により、QSFP-DD112およびOSFP-112トランシーバはEthernetおよびInfiniBand AI/MLアプリケーションに最適である」。

今後Hyper Photonixは、パラレル・シングルモードオプティクスのポートフォリオをさらに拡大しつつある。同社は今年後半に、待望のリニアプラガブルオプティック(LPO)およびアクティブ光ケーブル(AOC)構成を含む追加の800Gおよび1.6T製品を発表し、高速光インターコネクトの業界リーダーとしての地位をさらに確固たるものにする予定である。