コヒレント特設ページはこちら

Business/Market 詳細

AIインフラストラクチャ市場規模、2030年までに1134億5000万ドル

May, 27, 2024, San Francisco--Grand View Research, Inc.の新しいレポートによると、世界のAIインフラ市場は2030年までに2,234億5,000万ドルに達し、2024年~2030年にかけてCAGR 30.4%で成長すると予測されている。AIインフラストラクチャは、企業が人工知能(AI)の真の力を活用するために必要な不可欠なリソースを提供する。

ジェネレーティブAIの需要が急増する中、複雑な計算を処理するための堅牢なインフラが必要である。企業は AI モデルをより迅速に開発して展開できるため、AI を活用したソリューションを市場に投入する能力が加速する。クラウドベースのソリューションにより、コストのかかるオンプレミスのハードウェア管理が不要になり、コアAI開発にリソースを解放できる。さらに、AI技術、特にディープラーニング(DL)とニューラルネットワークの継続的な進歩により、AIシステムの機能が拡張され、より洗練され、影響力のあるものになっている。このような要因が、市場の成長をさらに後押ししている。

AIインフラ市場レポートのハイライト
・コンポーネント別では、ハードウェアセグメントが2023年に63.0%の最大の収益シェアを占めた。複雑なアルゴリズムを計算するための専用チップやプロセッサに対する需要の高まりが、このセグメントの成長を後押ししている。システムにおけるAIの台頭に伴い、データを処理するためにより強力なチップが必要とされている。このチップは、エネルギー消費の削減と性能の向上に役立つ。

・技術ベースでは、機械学習(ML)セグメントが2023年に最大収益シェア58.4%で市場を保持。データの増加、アルゴリズムモデルの進歩、クラウドコンピューティングの台頭が、市場の成長を後押ししている。MLは、AI システムがプログラミングを必要とせずに、経験から自動的に学習し、改善するのに役立つ。これは、大規模なデータベースで複雑なパターンを処理するために AI インフラストラクチャで使用される。

・アプリケーションでは、トレーニングセグメントが2023年に71.4%の最大収益シェアで市場をリードした。トレーニングは、言語翻訳、音声認識、ネットワークトラフィックの異常検出など、特定のタスクに特化したモデルの開発に役立つ。

・導入ベースでは、オンプレミスセグメントが2023年に50.0%の最大収益シェアを占めた。これは、低遅延のデータ転送、運用コストの削減、カスタマイズされたAIインフラストラクチャソリューションに対する需要の高まりによるものである。オンプレミスのインフラストラクチャ展開では、組織は要件に基づいてセットアップをカスタマイズできる。オンプレミス展開では、データセキュリティを制御できる。

・エンドユーザベースでは、エンタプライズセグメントは予測期間中に最速CAGRで成長すると予想されている。企業のデジタルトランスフォーメーションの進展とデータの複雑化が、市場の成長を促進すると見られている。企業は、データの管理、保存、処理に AI インフラストラクチャを使用している。また、業務効率化のためのAIインフラも必要としている。

・北米は2023年の収益シェア38.4%で市場を独占している。北米には、Google、Amazon、Microsoft、IBMなど、クラウドベースのサービスを提供する世界有数のテクノロジー企業が数多ある。

・2023年の市場シェアは米国が最大だった。米国には、AI、機械学習、コンピューティングハードウェアのイノベーションの最前線に立つ大手技術企業やスタートアップ企業が集まっており、AIの研究開発のための強力なエコシステムを構築し、堅牢なAIインフラストラクチャを必要としている。