コヒレント特設ページはこちら

Business/Market 詳細

光ファイバ市場、2032年までに119億ドル

May, 27, 2024, San Francisco--Allied Market Researchの新しいレポート「モード、タイプ、業界別の光ファイバ市場:世界の機会分析と業界予測、2024-2032」によると、光ファイバ市場は2023年に74億ドル、2024年~2032年にかけてCAGR 5.5%で成長し、2032年までに119億ドルに達すると推定されている。

光ファイバは、ガラス(シリカ)またはプラスチックでできた柔軟で透明なファイバで、人間の髪の毛より少し太い。導波管、つまり「ライトパイプ」として機能し、ファイバの両端間で光を伝送する。光ファイバの核となる原理は、大きな損失なしに光を長距離伝送できる全反射である。

光ファイバは、主にテレコムで使用されている。これは、従来の金属線ケーブルと比較して、より長い距離でより高速なデータ伝送速度を可能にするからである。また、医療機器、自動車、航空宇宙アプリケーション、および建物の様々な部分間、さらには都市や国をまたいだ高速データ接続を可能にするネットワーキングでも使用されている。

通信インフラの開発は、特に5Gネットワークの世界的な展開が進んでおり、光ファイバ市場にとって重要な推進力となっている。政府や通信事業者は、5G技術に不可欠なロバストな光ファイバインフラを含むように、ネットワークの拡張とアップグレードに多額の投資を行っている。光ファイバは、技術が有効機能にとって必要な高速、大容量、低遅延の接続を提供するので、5Gにとって重要である。この投資は、5Gの展開をサポートするだけでなく、より広範なデジタルトランスフォーメーションの取り組みを後押しし、様々なセクターでデータの接続性と信頼性を向上させる。

光ファイバには多くの利点があるが、市場はワイヤレス技術との競争により、いくつかの制約に直面している。光ファイバは比類のない帯域幅と信頼性を提供するが、光ファイバインフラストラクチャの展開は、特に困難な地形や人口密度の低い遠隔地では、費用がかかり、困難な場合がある。これにより、衛星インターネットや固定無線アクセス(FWA)などの無線技術が競争する機会が生まれる。これらのソリューションは、これらの地域でインターネット アクセスを提供するためのより高速で費用対効果の高い方法を提供するが、速度、遅延、または天候に依存する制限が伴う場合がある。

例えば、2022年2月、SpaceXはStarlink衛星インターネットサービスを世界の特に農村部や遠隔地に拡大した。これは、光ファイバケーブルの敷設が困難またはコストがかかりすぎる高速インターネットを提供することを目的としていた。Starlinkは、地上インフラをあまり必要としない代替手段を提供し、これらの地域での光ファイバネットワークの拡大に挑戦している。これは、高度なワイヤレス技術が、設置が困難な場所での光ファイバの成長をどのように制限できるかを示している。

さらに、政府や通信事業者がデジタルデバイドの解消に注力しているため、農村部やサービスの行き届いていない地域へのブロードバンドアクセスの拡大は、光ファイバ市場にとって大きな機会となる。この構想には、従来は接続性が不十分またはまったくない遠隔地に高速インターネット接続を拡張することが含まれる。大容量と信頼性で知られる光ファイバは、これらの地域で最新のデジタルサービスを実現するために不可欠な、優れたインターネット速度と品質を提供できるため、これらの大規模なプロジェクトに最適である。

光ファイバ市場レポートによると、世界の光ファイバ市場は、モード、タイプ、産業分野、および地域に分割されている。モードによって、光ファイバ市場はシングルモード(SMF)とマルチモード(MMF)に分割される。タイプ別に、市場はガラス光ファイバとプラスチック光ファイバに分かれている。業種別に見ると、光ファイバ産業は、通信・IT、公共部門、ヘルスケア、エネルギー・公益事業、航空宇宙・防衛、製造などに分類される。地域別に見ると、光ファイバ市場は、北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(英国、ドイツ、フランス、その他の欧州)、APAC(中国、日本、インド、韓国、その他のAPAC)、ラテンアメリカ(ブラジル、アルゼンチン、チリ、その他のラテンアメリカ)、中東・アフリカ(アラブ首長国連邦、サウジアラビア、南アフリカ、その他の中東・アフリカ地域)で分析されている。

光ファイバ市場の動向は、技術の進歩とデータ伝送ソリューションに対する世界的な需要の高まりに牽引され、堅調な成長軌道を示している。光ファイバ市場の洞察は、業界内の革新と持続可能性に重点が置かれていることを示している。最新の光ファイバ業界レポートによると、光ファイバの市場価値は、通信インフラの拡大と世界的な高速インターネットサービスの推進により、大幅にエスカレートすると予測されている。この包括的な分析は、市場に存在するダイナミックな変化と機会をカプセル化し、利害関係者が情報に基づいた意思決定を行う際の指針となる。

調査の主な結果
・2023年の光ファイバ市場予測によると、SMFセグメントが光ファイバ市場を支配し、最大の市場シェアを保持しており、MMFセグメントは予測期間中に最高CAGRで成長すると予測されている。

・タイプ別では、2023年の光ファイバ業界ではプラスチック光ファイバセグメントが市場の大部分を占め、ガラス光ファイバセグメントは予測期間中に最高CAGRで成長する見込である。

・業種別では、2023年の光ファイバ業界ではTelecome & ITセグメントが最大であり、ヘルスケアセグメントは予測期間中に最速CAGRを記録すると予想されている。

・地域別では、2023年の光ファイバの主要市場はAPAC地域だった。ただし、ラテンアメリカ地域は、予測期間中に最高CAGRを持つと予想される。