コヒレント特設ページはこちら

Business/Market 詳細

UAV(ドローン)産業、2029年までに485億ドル

May, 23, 2024, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「UAV(ドローン)市場:タイプ(固定翼、回転翼、ハイブリッド)、プラットフォーム(民生・商業用、防衛用・政府別)、POS、システム、機能、産業、アプリケーション、運用モード、MTOW、航続距離、地域 – 2029年までの世界予測」によると、UAV(ドローン)市場は、2024年に推定302億ドル、2024-2029年にCAGR 9.9%で成長し、2029年には485億ドルに達すると予測されている。
無人航空機(UAV)市場拡大の主な推進力は、旺盛なビジネス需要と急速な技術革新に起因している。主な要因としては、在庫管理や精密農業などのエンタープライズソリューションへのUAVの適応と、ロボット工学やテレメトリの大幅な進歩が含まれる。UAVの商用運用を容易にする規制の枠組みが整備されたことで、より幅広い採用が可能になり、市場への浸透が進んでいる。さらに、UAVと5Gなどの次世代ワイヤレス技術の統合は、物流や都市モビリティにおける新しいユースケースを促進し、市場の成長をさらに後押ししている。

動作モードでは、完全自律型セグメントが予測期間中に最高CAGRで成長する見込み
UAV(ドローン)市場の完全自律セグメントは、無人航空機(UAV)市場のセグメントであり、最高CAGRを示すと予測されている。この予想される成長は、主に自律航法システムの技術的進歩に起因しており、UAVは人間の介入なしに動作することができる。これらの進歩は、商業、軍事、およびレクリエーション部門でのUAVアプリケーションの拡大に不可欠であり、それによって完全自律型UAVの市場拡大を促進している。

範囲別では、BVLOSセグメントのUAV(ドローン)市場は、予測期間中に最高CAGRで成長すると予測されている
UAV(ドローン)市場のBVLOSセグメントは、最高CAGRを示すと見られている。この成長は、主にUAV機能の進歩による飛行範囲の拡大によるものである。これらの改善により、長距離監視や自動配送など、より幅広いアプリケーションが容易になり、市場の拡大が促進される。このセグメントの成長は、オペレータの直接の目視範囲を超えた距離でミッションを実行できるUAVの需要の高まりを強調しており、より多用途で自律的なUAV運用への大きなシフトを浮き彫りにしている。

システム別では、UAV(ドローン)市場向けのプラットフォームセグメントが最大市場シェアの見込
UAV(ドローン)市場内のプラットフォームセグメントは、市場シェアの点で優勢になると予測されている。この卓越性は、主にUAVセクターの全体的な拡大に大きく貢献するセグメント内の主要な運用強化に起因している。プラットフォームセグメントの実質的な市場シェアは、UAV機能の向上における重要な役割を強調し、それによって技術革新と高度なシステム機能の統合を通じてセクターの成長を促進する。

北米は、UAV(ドローン)市場でこの地域で最高いシェア
UAV(ドローン)市場の北米セグメントは、2024年までに圧倒的な市場シェアを確保すると予測されている。このリーダーシップの地位は、主に堅調な技術の進歩、大規模な軍事支出、および農業、不動産、緊急対応などの様々な分野でのUAVの早期採用によって後押しされている。さらに、この地域には主要な市場プレーヤーや新興企業の存在があり、有利な規制の枠組みと相俟って、UAV技術の開発と展開が大幅に強化されている。さらに、UAVを国内空域に統合するための継続的な取り組みと、民間企業におけるアプリケーション拡大が、北米のUAV市場の持続的な成長と革新を支えている。この要因の合流により、北米はUAV業界の最前線に位置し、市場での卓越性と継続的な拡大を確保している。