コヒレント特設ページはこちら

Business/Market 詳細

IoT技術産業規模、2029年までに1兆3778億ドル

May, 20, 2024, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「IoT技術市場:ノードコンポーネント別(センサ、メモリデバイス、コネクティビティIC、プロセッサ、ロジックデバイス)、ソフトウェアソリューション(リモートモニタリング、データ管理)、プラットフォーム、サービス、最終用途アプリケーション、地域別-2029年までの世界予測」 によると、IoT技術市場は、予測期間にCAGR 7.8%で成長し、2024年の9,456億ドルから2029年までに1兆3,778億ドルに成長する見込である。
市場の成長は、電気自動車(EV)やハイブリッド車へのIoT導入可能性の高まりと、ヘルスケア分野でのIoT導入加速に起因している。さらに、IoT技術の開発やスマートシティの開発の増加に対する政府のインセンティブや支援は、市場に有利な機会を生み出すと予想される。

ネットワーク管理IoT技術プラットフォームセグメントは、2024年にIoT技術市場で最大シェアとなる見込
ネットワーク管理セグメントは、IoT技術の重要な市場である。ネットワーク管理プラットフォームは、組織のネットワーク全体を管理するための共通プラットフォーム。このプラットフォームにより、ユーザはいつでもどこからでもITサービスを受けることができる。このプラットフォームを使用することで、ネットワーク管理者はネットワーク内の障害を簡単に検出し、リアルタイムで問題を解決したり、サポート担当者に通知したりできる。また、ネットワーク管理プラットフォームは、ネットワーク上で転送されるデータ量の分析を支援し、ネットワークのクラッシュにつながる可能性のある輻輳を回避するために、データを自動的にルーティングする。モビリティや輸送、物流、エネルギー、製造などの重要なアプリケーション分野では、シームレスで高速なデータ転送が必要になる。これには、ネットワークデバイスの適切な構成が必要だが、これはネットワーク管理プラットフォームが提供する高レベル可視性によってのみ可能である。

産業セグメントは、予測期間中に最高CAGRで成長する見込
産業セグメントは、予測期間中に最高CAGRを記録すると予測されている。ヘルスケア、自動車・輸送、ビルディングオートメーション、製造、小売、BFSI、石油・ガス、農業、航空宇宙・軍事など、産業の最終アプリケーションとして挙げられる。ビルディングオートメーション市場は、よりエネルギー効率の高いソリューション、より多くのセキュリティ、より多くのベンチャーキャピタル資金、およびライフスタイルを改善するための継続的な取り組みに対する需要の結果として発展してきた。有線技術から始まったビルディングオートメーションは、BluetoothやZigBee Wi-Fiなどの無線技術の時代に移行した。さらに、規制の厳格化、省エネや建築規制に対する意識向上、多くのスマートグリッド技術の開発、いくつかのオープンプロトコルのアクセシビリティが、ビルディングオートメーションの市場を後押ししている。

APAC地域の市場は、予測期間中にIoT技術市場で最高CAGRで成長する見込
APAC地域は、予測期間中に最高CAGRを記録すると予測されている。APAC地域では、中国、インド、韓国、日本がLoT技術市場の成長に貢献している。APAC地域のIoT技術市場の拡大を支える主な要因には、消費者基盤の拡大、可処分所得の増加、ビジネスエリアと住宅エリアの両方でのインターネット普及率の増加、ITインフラストラクチャの改善などがある。さらに、中国、韓国、日本などの国々における商用アプリケーション向けIoT技術の市場は、主に産業オートメーションの傾向とクラウドベースのサービスの使用により成長している。さらに、中国は半導体の生産と製造の重要なハブであるため、IoTの採用と開発への関与は、これらのビジネスの拡大に不可欠である。中国は製造業の中心地であり、繊維、電子機器、農産物などの工業製品の主要な生産国。生産工程では、IoTを使用して機械、従業員、および環境条件を監視する。このデータは、リスクの分析、制御、防止、経済的損失の回避にさらに使用できる。エンドツーエンドの自動化は、中国の現在の技術市場で勢いを増している新概念である。