コヒレント特設ページはこちら

Business/Market 詳細

光ネットワーク装置世界市場、2032年までに551億7000万ドル

May, 17, 2024, New York--Zion Market Researchは、「光ネットワーク機器市場:アプリケーションタイプ(FTTH(Fiber-To-The-Home)およびFTTB(Fiber-To-The-Building))、技術タイプ(非同期転送モードPON、ブロードバンドPON、GPON、およびEPON)、および地域-世界、地域の業界概要、市場インテリジェンス、包括的な分析、履歴データ、および予測2024–2032」と題する新しいレポートを発行した。
レポートによると、世界の光ネットワーク機器市場は2023年に約259億6,000万ドルと評価され、2024年~2032年の間にCAGR 8.86%で成長し、2032年までに約551億7,000万ドルに達すると予想されている。

光ネットワークとは、光を光パルスにエンコードし、通信網の様々なノード間で伝送する光ファイバを介した通信手段であり、限られた範囲のLAN(ローカルエリアネットワーク)から大都市圏や国内外の大洋横断距離を横断できるWAN(ワイドエリアネットワーク)まで運用されている。光ネットワークは、光増幅器、レーザ/LED、および波長分割多重(WDM)を介した光通信の一形態であり、可能な限り最大の帯域幅と最小の損失でより大きなデータを送信するために使用される。光増幅器、ファイバ(SMFまたはMMF)、光源(レーザ/LED)、マルチプレクサ(MUX)およびデマルチプレクサ(DEMUX)、光スイッチ、光スプリッタ、およびサーキュレータは、光通信で使用される主要なコンポーネントの一部である。

現在、光ネットワーク機器市場の主要企業は、モバイルスマートフォン、ラップトップ、およびPCの使用が継続的に増加しているため、新興技術の開発に注力している。これにより、オンラインゲーム、チャット、ビデオサーフィン、オンラインショッピングの利用が大幅に増加している。同様に、これらのサービスを提供する企業は、より高速なデータを求めている。この市場では、住宅とビジネスの両方の顧客が継続的に増加している。既存ネットワークでは、この需要を満たすことができない。したがって、光ネットワークが役割を果たし、これらすべての要因が予測期間中に光ネットワーク機器の需要を高いペースで推進している。ネットワークプロバイダやネットワーク機器メーカーは、伝送速度の向上とより広い帯域幅の提供の必要性から、既存のネットワークよりも容易に、より高度なデジタルデータトラフィックに耐えられるインフラストラクチャとネットワーク機器を提供するせざるを得なくなっている。これにより、この市場にさらなる成長機会が生まれると予想される。

これとは別に、テラビットネットワークの出現やほとんどの企業によるクラウドストレージスペースの増加などの要因が、光ネットワーク機器市場の成長を促進している。しかし、事業者にとって光ネットワーク機器の設置コストが高いことが、光ネットワーク機器の早期導入を妨げると予想される大きな要因の1つとなっている。したがって、小規模な業界では、スムーズな高速データトラフィックのためにこのソリューションを採用することは容易ではない。

光ネットワーク機器市場は、アプリケーション、技術、および地域に基づいてセグメント化されている。アプリケーションに基づいて、市場はFTTHとFTTBに分割される。一方、技術ベースでは、非同期転送モードPON(APON)、ブロードバンドPON(BPON)、ギガビットPON(GPON)、およびイーサネットPON(EPON)にさらに分類される。さらに、地域ベースでは、市場は北米、ヨーロッパ、APAC、ラテンアメリカ、中東およびアフリカ(EMEA)に分割される。

(詳細は、https://www.zionmarketresearch.com)