コヒレント特設ページはこちら

Business/Market 詳細

ams OSRAMが受動光学部品の資産をFocuslight Technologies Inc.に売却

May, 17, 2024, Premstaetten/Munich--ams OSRAMは、関連する受動光学部品資産をFocuslight Technologies Inc.に4,500万ユーロの現金で売却した。

「当社の戦略的効率化プログラム『Re-establish the Base』では、半導体事業のノンコア・ポートフォリオから撤退することを重要な要素の1つとして約束していた。今、当社は別の重要なステップを提供し、関連する受動光学部品資産をFocuslight Technologies Inc.に売却することを発表した。同社は、パッシブ光コンポーネントにとって優れた本拠地となる。ams OSRAMは、計画どおりに『Re-establish the Base』プログラムを継続している」と、ams OSRAMのCEO、Aldo Kamperはコメントしている。

「Re-establish-the-Base」プログラムの実行
2023年7月27日、ams Osramは持続可能で収益性の高い成長のための新たな基盤として、収益性の高いコアに焦点を当てた「Re-establish the Base」プログラムを発表した。

半導体ポートフォリオの一部の非中核事業からの撤退に向けたポートフォリオ施策では、受動光学部品(パッシブ光コンポーネント)事業の分割を優先していた。

ams OSRAMは、西安(中国)に本社を置き、上海(中国)の証券取引所に上場している光学技術の急成長企業、Focuslight Technologies Inc.(Focuslight – Never Stop Exploring)と、受動光学部品事業の関連資産の売却に関する契約を締結した。Focuslight Technologies Inc.は、これらの資産を4,500万ユーロの現金で取得することに合意した。この取引は、Focuslight Technologies Inc.の株主と中国の規制当局による承認を含む完了条件を条件としている。取引は、2024年第3四半期に完了する予定である。

2023年に約5,000万ユーロの収益を上げ、2024年に段階的に廃止する民生用アプリケーション向け光学部品の既存事業は、この取引の一部ではない。
(詳細は、https://ams-osram.com/)