コヒレント特設ページはこちら

Business/Market 詳細

ドローン市場、2030年までに1634億5000万ドル

May, 16, 2024, San Francisco--Grand View Research, Inc.の新しいレポートによると、ドローンの世界市場規模は2030年までに1,634億5,000万ドルに達し、2024年~2030年にかけてCAGR 14.5%で成長すると予想されている。
バッテリー駆動のドローンの飛行時間を延長し、運用能力を高めていることが、市場の成長を促進すると予想されている。

より明確なガイドラインと近代化された承認プロセスにより、企業は空中測量からラストマイル配送まで、様々な用途でドローンをより効果的に活用できるようになった。例えば、インドでは、2023年9月に発効する「New Drone (Amendment) Rules 2023」が、全国的なドローン運用促進を目的としている。インドの民間航空総局(DGCA)は、インドで無人航空機システムを運用するために、DGCAのDigitalSkyプラットフォームで認定されたリモートパイロット証明書を持っていることを個人に義務付けている。ただし、非営利目的で重量が2kg以下の小型から中型のドローンは、この規則の対象外となる。

推進システム、バッテリ寿命、センサ、自律性などの分野でのイノベーションにより、ドローンの能力と機能が向上している。例えば、軽量素材やより効率的なバッテリの革新により、飛行時間とペイロードの制限が延長され、ドローンはより幅広いタスクを実行できるようになった。これらの技術的進歩により、ドローンの性能、信頼性、安全性が向上し、様々な業界やアプリケーションへの訴求力が高まり、市場の成長が促進されている。

ドローン市場レポートのハイライト
・ハードウェアセグメントは、高解像度カメラや長距離接続などの機能を改善した高度なドローンの需要の増加により、2023年に59.1%の最大の収益シェアを占めた。

・ハイブリッドセグメントは、バランスの取れた作物モニタリングを確保するために、様々な農場規模でハイブリッドドローンの適応性が高まっているため、予測期間中に最速成長を遂げると予想されている。

・遠隔操作セグメントは、監視およびセキュリティアプリケーションへのドローン採用増により、2023年に最大収益シェアを占めた。

・2KGから19KGのセグメントは、公共安全や緊急対応アプリケーションでのドローンの使用が増加しているため、予測期間中に最速成長を遂げると予想されている。

・バッテリ駆動セグメントは、エネルギー密度、充放電率、および全体的なバッテリ性能の向上により、2023年に最大収益シェアを占めた。

・軍事部門は、世界中の国防軍が調査、情報収集、監視、目標捕捉、戦闘作戦のために無人航空機(UAV)としても知られる軍用ドローンを集中的に使用しているため、2023年に最大収益シェアを占めた。

・2023年は、農業、建設、石油・ガスなど、様々な商業用途でドローンの採用が進んでいることから、北米が市場を独占した。

・2021年12月、Autel Roboticsは、最大6Kのビデオ品質、7.4マイルの画像伝送範囲、スマートな障害物回避のためのビジョンセンサを提供できるEVO NanoおよびLiteドローンを発売した。EVO Liteシリーズが提供する最大40分のバッテリ寿命は、業界をリードする機能と見なすことが可能である。