コヒレント特設ページはこちら

Business/Market 詳細

WDM市場、急成長し、2032年までに約139億4,000万ドル

May, 16, 2024, New York--Zion Market Researchは、「波長分割マルチプレクサ(WDM)市場:マルチプレクサタイプ(CWDM、DWDM)、業種(IT・通信、ヘルスケア、製造、金融サービスなど)、地域-世界および地域の産業概要、市場インテリジェンス、包括的な分析、履歴データ、および予測2024-2032」と題する新しいレポートを発行した。
レポートによると、世界の波長分割マルチプレクサ(WDM)市場は2023年に約59億6,000万ドルと評価され、2024年~2032年の間に約CAGR 9.90%で成長し、2032年までに約139億4,000万ドルに成長すると予測されている。

波長分割多重は、複数の光波長を使用して同じ媒体を介してデータを送信できるようにする光ファイバ通信の技術。2つ以上の波長の光が1本のファイバ上を移動でき、複数の信号を異なる波長で光導波路で伝送できる。多重化は、マルチプレクサを使用して送信機側で行われる。WDMは、異なる光ファイバからの光信号を1本の光ファイバに結合するために使用される。これは、波長分割マルチプレクサの入力にカプラを使用することによって実現される。

高速データ転送の需要の高まりは、世界のWDM(波長分割マルチプレクサ)市場に高い採用率を提供すると予想される。これに伴い、商業用と住宅用の両方でインターネットユーザが急増したため、事業者は帯域幅に対する需要の高まりに対応せざるを得なくなった。このため、オペレータは光ファイバに依存している。WDMによるデータ転送のビットあたりのコストが低いことは、WDM市場を牽引すると予想される重要な推進力の1つ。WDMは、温度安定化を必要とせず、より安価な送信機を使用し、数千キロメートルで毎秒数テラビット(Tb/s)にわたってデータを転送するため、広く使用されている。WDM市場の成長を抑制する要因は、地中のダークファイバネットワークに関連するコスト。ダークファイバは、ケーブル配線中に敷設された未使用の光ファイバネットワークインフラストラクチャに使用される用語。IPトラフィックと帯域幅の需要の増加は、世界のWDM市場に機会を提供すると予想されている。

波長分割マルチプレクサ市場のセグメンテーションは、マルチプレクサの種類、業種、および地域に基づいている。マルチプレクサのタイプに基づいて、セグメンテーションはCWDMとDWDM。DWDMと比較して、CWDMは、単一のガラスファイバ上のより多様性の少ない信号の多重化を指す。CWDM は 1 本のグラスファイバで最大 16 チャネルの多重化を実現するが、DWDM は 1 本のグラスファイバで 40 チャネルを超える多種多様なキャリア信号の多重化を提供。業種別では、IT・通信、製造、ヘルスケア、金融サービスなどに分類される。さらに、地域別では、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカがセグメンテーションされている。

この市場で活動している主要企業には、Infinera Corporation、ZTE、Cisco Systems、ADVA Optical Networking SE、Aliathon Technology Ltd.、Alcatel-Lucent、Ciena Corporation、ADTRAN Inc.、Huawei Technologies、Fujitsu Ltd.、Cisco Systems, Inc.などがある。