コヒレント特設ページはこちら

Business/Market 詳細

生成AI産業価値、2030年までに1367億ドル

May, 14, 2024, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「ジェネレーティブAI市場:提供品(トランスフォーマーモデル(GPT-1、GPT-2、GPT-3、GPT-4、LaMDA)、サービス)、モダリティ(テキスト、画像、ビデオ、オーディオ&音声、コード)、アプリケーション(コンテンツ管理、検索&ディスカバリー)、業種別、地域別 – 2030年までの世界予測」によると、ジェネレーティブ(生成)人工知能(AI)の市場は、2024年の209億ドルから大幅に拡大すると予想されてい。市場は、予測期間にCAGR 36.7%で拡大し、2030年までに1,367億ドルに達する見込みである。
この成長軌道は、予測期間中にの堅調な年平均成長率(CAGR)を反映している。ジェネレーティブAI市場の急増は、ビジネス環境における影響力のある要因の合流によって推進される見込である。特に、データへのアクセスを簡素化するクラウドストレージ技術の進化と、AIやディープラーニング(DL)技術の出現が状況を変えていることが、このトレンドの大きな要因として際立っている。さらに、コンテンツ生成の増加と革新的な創造的アプリケーションに対する需要の高まりは、この市場の上昇軌道を推進する上で極めて重要な役割を果たしている。

ソフトウェアのタイプでは、DLが予測期間中に最大市場シェアを記録
ディープラーニング(DL)ソフトウェアタイプは、複雑で非構造化データを管理する比類のない能力により、予測期間中に生成AI市場で最大の市場シェアを保持すると予測されている。敵対的生成ネットワーク(GANs)や変分オートエンコーダ(VAEs)などのDLアルゴリズムは、画像からテキスト、音声まで、リアルで多様なコンテンツを生成する最前線にある。この市場におけるDLソフトウェアに関連する注目すべきトレンドの1つは、特定のユースケースに合わせて生成AIソリューションをより迅速に展開およびカスタマイズできる、事前学習済みモデルと転移学習技術の採用が増加していることである。この傾向により、開発プロセスが合理化され、広範なデータラベリングの必要性が減り、DLソフトウェアがより幅広い業界やアプリケーションにとってよりアクセスしやすく魅力的なものになる。

データモダリティでは、ビデオセグメントは予測期間中に最速成長率を示す態勢が整っている
生成AI市場における動画データモダリティは、業界全体で動画コンテンツの人気が高まっているため、予測期間中に最速成長率を示す態勢が整っている。企業は、マーケティング、顧客エンゲージメント、トレーニング、エンターテイメントの目的で動画を活用しており、動画コンテンツを分析および生成できる AI ツールに対する大きな需要を生み出している。トレンドは、システムがテキストだけでなく、画像、音声、ビデオも処理できるマルチモーダル生成AIへの移行を示している。この傾向は、ビデオの理解、編集、さらには生成が可能なAIモデルの開発を推進しており、ビデオ合成、ディープフェイク(deepfake)検出、パーソナライズされたビデオコンテンツ作成などのアプリケーションを可能にする。動画中心のソーシャルメディアプラットフォームの台頭と、AIを活用した動画分析のセキュリティ・監視システムへの統合が、ジェネレーティブAI市場における動画データモダリティの成長をさらに後押ししている。

地域別では、予測期間中、北米が最大市場を占めている
北米は、テクノロジー企業、研究機関、AIスタートアップの強固なエコシステムを誇り、業界全体でジェネレーティブAIのイノベーションと採用を促進している。さらに、北米はAIの研究開発をリードしており、Google、Microsoft、IBMなどの大手企業が生成AI技術に多額の投資を行っている。さらに、この地域の高度なインフラ、政府の有利なイニシアチブ、ヘルスケア、金融、自動車などの分野でのAIの早期採用が、その市場支配に貢献している。北米の現在のトレンドには、コンテンツ制作、バーチャルアシスタント、クリエイティブアプリケーションにおけるジェネレーティブAIの利用の増加が含まれ、さらなる市場成長を促進し、世界の生成AIランドスケープにおけるフロントランナーとしての地位を確固たるものにしている。