コヒレント特設ページはこちら

Business/Market 詳細

3Dプリントされた靴の市場規模、2030年までに53億8000万ドル

May, 13, 2024, San Francisco--Grand View Research, Inc.の新しいレポートによると、3Dプリントされた靴の世界市場規模は、2030年までに53億8,000万ドルに達し、2024年~2030年にかけてCAGR 18.6%で成長する見込である。
フットウェア(履き物)業界は、技術の進歩、持続可能性への懸念、カスタマイズに対する需要の高まりの融合によって、大きな変革を遂げている。既存プレーヤーと新規スタートアップ企業の両方による3Dプリンティング技術の採用は、この変化の証であり、靴製造の革新、パーソナライズ、環境への影響を軽減する前例のない機会を提供している。Adidas, Nike, New Balance, Under Armour, Reebok, and Pumaなどのブランドは、3Dプリンティングを製造プロセスに統合する最前線に立っており、この技術がフットウェアのデザインと生産に革命を起こす可能性を示している。

フットウェア業界における3Dプリンティングへの移行は、新しいデザインのプロトタイプを迅速に作成する能力、高度にカスタマイズされたよりフィット感のある靴の需要、より持続可能な製造方法の必要性などの要因によって推進されている。3Dプリンティングにより、ブランドは消費者の個々のニーズに合わせた靴を製造するだけでなく、廃棄物を削減し、環境に優しい素材を利用することができる。
例えば、3Dプリントされたアッパーを特徴とするNikeの Vaporfly Elite Flyprintは、カスタマイズとパフォーマンスに重点を置き、エリートアスリートの特定のニーズに応えている。

さらに、靴メーカーは3Dプリンターを利用して、視覚的に魅力的で完全に機能するプロトタイプを作成できるため、従来の工具は必要ない。様々なデザイン、サイズ、テクスチャのプロトタイプを同時に作成できるため、企業は複数のオプションをすばやくプリントして評価できる。3Dプリンティングの幾何学的な柔軟性により、デザイナーは複雑なデザインを作成し、コンポーネントを簡単に統合できる。このラピッドプロトタイピング機能により、製品開発のタイムラインが短縮され、企業は従来の方法よりも迅速に新製品を市場に投入できる。

フットウェア業界の新規企業や新興企業は、3Dプリンティング技術を活用してニッチ市場を切り開き、既存のブランドとの差別化を図っている。

例えば、2022年10月、バルセロナの若手デザイナーとエンジニアのチームによって設立されたスペインのスタートアップ企業ATHOSは、最適なパフォーマンスと快適性を追求した世界初の3Dプリントクライミングシューズを発表した。ATHOSは、IT大手のHPとオンライン3DプリントサービスのSculpteoと提携し、クライマーに共通する問題である「合わない靴」に対処するために、この取り組みに着手した。ATHOSの先駆的なアプローチは、両社の技術大手の専門知識を活用することで、この課題に革命をもたらしている。

3Dプリントされた靴市場レポートのハイライト
・エンドユーザ別では、男性セグメントが2023年に25.9%の最大の収益シェアを獲得し、市場をリードした。男性は、3Dプリントされた靴が提供する革新的な機能と高度な技術に惹かれる。これらの靴には、軽量で耐久性のある熱可塑性エラストマ(TPE)などの最先端の素材や、格子構造や複雑な形状などの革新的なデザイン要素が組み込まれていることがよくある。これらの技術の進歩により、男性は従来の靴の選択肢と比較して、優れた快適性、サポート力、パフォーマンス能力を得ることができる

・タイプ別では、アスレチックセグメントは2024年~2030年にかけて最速CAGRで成長する見込である。3Dプリンティングは、スポーツ活動の過酷さに耐えることができる軽量で耐久性のある材料の使用を可能にする。これらの素材は、優れた衝撃吸収性、エネルギーリターン、応答性を提供し、シューズの全体的な快適性とパフォーマンスを向上させる。アスリートは、耐久性や快適性を損なうことなく優れたパフォーマンスを提供できる3Dプリントされたフットウェアにますます惹かれている

・APAC地域は、予測期間中に最速CAGRで成長すると予想されている。APAC地域は、様々な業界で技術が急速に採用されていることで知られている。3Dプリンティング技術がより身近で手頃な価格になるにつれて、この地域のメーカーと消費者は、フットウェア生産におけるその可能性をますます受け入れるようになっている。この急速な技術導入がイノベーションと市場成長を後押ししている。