コヒレント特設ページはこちら

Business/Market 詳細

倉庫ロボット市場2032年までに313億4,370万ドルに達する

May, 10, 2024, 東京--Allied Market Researchの新しいレポート「倉庫ロボット市場」によると、倉庫ロボットの市場規模は2023年に70億6,910万ドルで、2024年~2032年にかけてCAGR 18.2%で成長し、2032年には313億4,370万ドルに達すると推定されている。

物流プロセスを最適化し、大量の注文を効果的に管理するために、eコマース企業はロボットへの依存度を高めている。労働力不足の解決策の1つが、ロボット倉庫従業員の活用である。倉庫の自動化とロボットの必要性は、eコマースの普及に伴い高まっている。サプライチェーン管理の改善、人件費の削減、生産性の向上は、多くの業界に共通する目標である。ロボットは、ロボット工学、人工知能、機械学習、センサ技術の開発を継続的に強化することで、より強力で適応性が高く、手頃な価格になっている。しかし、物流・保管部門には十分な資格を持つ人材がいないため、複数の場所で資格のある労働者を見つけて維持することは依然として困難である。

さらに、自律移動ロボットの利用により、倉庫ロボットの市場シェアが急増している。ストレージ業界はeコマースの台頭の影響を受けており、オンライン購入の増加により、より迅速で効率的な注文処理プロセスの必要性が高まっている。ロボットは、LiDARやカメラなどの高度なセンサにより、レールやケーブルなどの固定インフラを必要とせずに、倉庫環境内を動的に移動できる。例えば、効率的な商品輸送や倉庫管理のためのロボットの利用は、市場の他のすべてのアプリケーションを凌駕している。例えば、倉庫ロボット市場の統計では、2022年の販売台数は44%急増し、合計86,000台以上が販売された。特に、屋内の協調型ロボットの販売台数が78%と大幅に増加し、販売台数が37,300台に近づいていることが、倉庫ロボット市場の成長を後押ししている。

人工知能、機械学習、コンピュータビジョンは、倉庫ロボットの達成に大きく貢献した実践の一つである。オーダーピッキングや包装ロボットは、倉庫で最も人気のあるタイプのロボットである。注文処理をスピードアップし、フルフィルメントセンタ(FC)での商品の移動を容易にするために、Amazonなどの企業は大規模なロボットフリートを導入している。協働ロボットは人間の従業員と一緒に安全に作業できるように作られているため、倉庫環境でも次第に一般的になっている。

自律誘導車は、センサとナビゲーションシステムを備えた倉庫内を移動できる自律型ロボットである。車の積み下ろしだけでなく、在庫の補充や保管施設間の品目輸送にも頻繁に利用されている。AMRsとAGVsには類似点があるが、AMRsの方が自律性のレベルが高い。AMRsは、レールやケーブルなどの固定インフラに依存しないため、AGVsよりも変化する環境への適応性が高く、障害物を回避できる。オーダーピッキングや、棚やビンからの商品の取り出しなど、その他の動的な倉庫業務には、通常、AMRsの使用が含まれる。これらのロボットは、様々な把持メカニズム、コンピュータビジョン、機械学習アルゴリズムを利用して、物体を効率的に認識し、操作する。注文を完了するには、ピッキングロボットが必要になる。

電子商取引の急速な成長により、効率的な注文処理と物流業務に対する需要が急増している。倉庫ロボットは、商品のピッキング、梱包、出荷をより迅速かつ正確に行い、企業が迅速な配送に対する今日の消費者の期待に応えるのに役立つ。

調査の主な結果
・このレポートは、現在および新興の世界の倉庫ロボット市場の動向とダイナミクスの広範な分析を提供する。
・タイプによるが、2023年の収益面では、多関節ロボットアームセグメントが倉庫ロボット市場を支配しており、 多関節ロボットアームセグメントは、倉庫ロボット市場の予測期間中に大幅なCAGRで成長すると予測されている。
・エンドユーザ別では、北米セグメントが2023年に最高の収益を記録した。
・事業別では、組立・分解セグメントが2023年に最高の収益を記録した。
・北米地域は、今後数年間で最も高い成長率を記録すると予測されている。
・このレポートでは、世界の倉庫ロボット市場の主要なプレーヤが紹介されており、その戦略が徹底的に分析されているため、倉庫ロボット業界の競争の見通しを理解するのに役立つ。
・レポートは、市場の現在の傾向と新たな機会の広範な分析を提供する。
・2023年~2032年までの主要セグメントの推定を構築することにより、世界の倉庫ロボット市場の詳細な分析が行われる。