コヒレント特設ページはこちら

Business/Market 詳細

人工知能市場、2030年までに1兆8117億5000万ドル

May, 9, 2024, San Francisco--Grand View Research, Inc.の新しいレポートによると、世界の人工知能市場規模は2030年までに1兆8,117億5,000万米ドルに達すると予想されている。市場は2024年~2030年にかけてCAGR 36.6%で成長すると予想されている。
人工知能(AI)とは、意思決定、音声認識、視覚認識、言語翻訳など、人間の支援を必要とするタスクを実行できるコンピューティングシステムの概念と開発を指す。AIは、アルゴリズムを使用して人間の音声を理解し、物体を視覚的に認識し、情報を処理する。これらのアルゴリズムは、データ処理、計算、および自動推論に使用される。人工知能の研究者は、様々な側面でアルゴリズムを継続的に改善している。従来のアルゴリズムには精度と効率に関する欠点があるためである。

これらの進歩により、メーカーや技術開発者は標準アルゴリズムの開発に注力するようになった。最近、人工知能アルゴリズムを強化するためにいくつかの開発が行われている。例えば、2020年5月、International Business Machines Corporationは、エンタプライズオートメーション向けのAIを活用した幅広い新しいサービスと機能、すなわちIBM Watson AIOpsを発表した。これらのサービスは、IT基盤を自動化し、回復力を高め、コストを削減するように設計されている。

様々な企業が、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)などのAIベースのソリューションを導入し、反復的なタスクを処理および自動化するためのプロセスワークフローを強化している。また、AIベースのソリューションは、モノのインターネット(IoT)と組み合わされ、様々なビジネスプロセスに堅牢な結果をもたらしている。例えば、Microsoftはサンフランシスコを拠点とするOpenAIに10億ドルを投資した。両社は協力して、Microsoft の Azure クラウド上に AI スーパーコンピューティング技術を作成した。

COVID-19のパンデミックは、いくつかのテクノロジー企業がウイルスの予防、軽減、封じ込めに取り組んでいるため、AI対応コンピュータシステムが流行と戦う機会として浮上した。例えば、米国を拠点とするカスタムソフトウェア開発会社、LeewayHertzは、マスクをしていない人を識別するフェイスマスク検出システムや、患者をリモートで監視するヒューマンプレゼンスシステムなど、AIツールと技術を使用した技術ソリューションを提供している。

また、米国を拠点とする人工知能のスタートアップ企業、Voxel51 Inc.は、世界的なパンデミックが世界中の社会的行動に与える影響を測定するために、Voxel51 PDI(Physical Distancing Index)を開発した。AIを活用したコンピュータプラットフォームやソリューションは、早期警戒、追跡と予測、データダッシュボード、診断と予後、治療と治癒、社会的統制の維持など、多くのアプリケーションでCOVID-19と戦うために使用されている。パンデミックを視覚化できるデータダッシュボードは、コロナウイルスの追跡と予測の必要性から登場した。たとえば、Microsoft CorporationのBingのAIトラッカーは、パンデミックの現在の統計のグローバルな概要を提供する。

人工知能は、階層的な学習プロセスを通じて高レベルで複雑な抽象化を抽出できるため、ビッグデータにとって不可欠なものになりつつある。大量の情報から重要なパターンをマイニングして抽出する必要性が、ビッグデータ分析における人工知能の成長を後押ししている。AIは、データ分析の信頼性、生情報のフォーマットのバラツキ、高度に分散された入力ソース、不均衡な入力データなど、ビッグデータ分析に関連する課題の克服に役立つ。もう1つの課題としては、大量の情報が収集され、多数のドメインで利用可能になるため、効率的なストレージの欠如と情報の検索が不十分であることが挙げられる。これらの課題は、セマンティックインデックス(意味論的索引付け)を使用して理解と知識の発見を容易にすることで克服される。

人工知能市場レポートのハイライト
・ビッグデータの出現は、大量のデータを取得、保存、分析する必要があるため、AI市場の成長の原因になると予想される。

・画像処理と識別に対する需要の高まりは、業界の成長を促進すると予想される。

・AIは膨大な量のデータを分析して、サイバー攻撃を示す可能性のあるパターンや異常を特定することができる。これにより、より迅速かつ正確な脅威検出が可能になり、サイバーセキュリティアプリケーションへのAIの採用が促進される。

・予知保全、プロセスの自動化、サプライチェーンの最適化にAIを使用することで、企業はワークフローを合理化し、コストを削減し、製品の円滑な提供を確保できる。

・北米が市場を独占し、2022年の世界収益の36.8%以上のシェアを占めている。

・業界の成長を阻害する大きな懸念事項の1つは、文字認識と画像認識のためのAIシステムをトレーニングするための大量のデータの必要性である。