コヒレント特設ページはこちら

Business/Market 詳細

IIoT市場、記録的な成長、収益は2032年までに6,074億2,000万米ドルに急増

May, 9, 2024, New York--Zion Market Research(ZMR)の新しい調査レポートによると、世界の産業用モノのインターネット(IIoT)市場は、多数の参加者が存在するため、非常に競争の激しいビジネス環境を呈している。
ARM Ltd.、Cisco Systems Inc.、General Electric、Intel Corporation、Rockwell Automation Incorporationは、世界中の産業用モノのインターネット(IIoT)の主要ベンダの一部。IIoT市場におけるこれらのプレーヤーは、イノベーションに積極的に取り組むとともに、既存の製品に高度な技術を組み込むことにも注力している。また、今後数年間で、事業開発の重要な戦略としてパートナーシップやM&Aを採用することも予想されると、IIoT市場調査は示している。

2018年9月3日、通信機器メーカーのNetComm Wirelessは、IIoT市場に波紋を投げかける大きなブレークスルーとして、低電力と低帯域幅の両方で4G LTE接続を可能にする革新的なIIoT機器の発売を発表した。

このレポートで推定されているように、世界の産業用モノのインターネット(IIoT)市場は2023年に約3,417億2,000万ドル、2024年~2032年の間に約CAGR 6.60%で成長し、約6,074億2,000万ドルに成長すると予測されている。このIIoT市場で利用可能な主なコンポーネントは、センサ、産業用ロボット、分散制御システム(DCS)、状態監視、カメラシステム、およびスマートメータ。その中で、カメラシステムの需要は比較的高く、この傾向は今後数年間続くと予想されている。

「流通・生産コストの急落に対する大規模な要求と、運用効率向上に対する需要の高まりにより、今後数年間でIIoT市場の範囲が拡大する」と、この研究の著者はコメントしている。これとは別に、スマートテクノロジーを開発するための大規模な資金調達と、無数のセクタにわたるロボット工学、ビッグデータ、クラウドコンピューティングなどの新技術に対する膨大な需要は、近い将来、モノのインターネット(IIoT)市場の拡大をさらに後押しする。

とは言え、明確なルールの欠如と時代遅れの機器の使用が、今後数年間、IIoT市場の成長を抑制する見込である。さらに、ビッグデータ分析と人工知能の適用に関連するセキュリティ関連の問題は、IIoTの市場価値を急落させる可能性がある。それにもかかわらず、運輸・物流部門におけるリアルタイムのサプライチェーン活動の出現は、ビジネススペースの拡大を促進し、それによって産業用モノのインターネット(IIoT)市場に対する障害の影響を正常化すると、この調査は報告している。

無数のセクターにわたるIoTの幅広いアプリケーションが地域支配を支援
地域的には、北米は世界の産業用モノのインターネット(IIoT)市場をリードしており、今後数年間も支配的な地位を維持すると予想されている。IIoTアプリケーションの利点に関する高い認識と、無数のセクターでのIoTの早期受け入れが、北米の産業用モノのインターネット(IIoT)市場の支配の背後にある主な要因である。業界関係者の大半が北米に拠点を置くことも、この地域のIIoT市場の成長を支えているもう一つの重要な要因である。