コヒレント特設ページはこちら

Business/Market 詳細

3Dプリンティング市場、Q2 2023年に35億2000万ドル

September, 11, 2023, New York--アディティブ・マニュファクチャリング・リサーチ/SmarTech Analysisによると、世界のアディティブ・マニュファクチャリング(AM)市場は、ハードウェア投資に影響を与える経済的課題の高まりもあって、Q2 2023はQ12023と比較して推定成長率は1%未満だった。
すべての積層造形のハードウェア、材料、ソフトウェア、およびサービスの価値は、前四半期の35億ドルと比較して、Q2 2023には推定35億2000万ドル。アディティブ・マニュファクチャリング・リサーチ(AMR)は現在、AM業界が2030年までに合計460億ドルになると予測している。

金属AM市場は第2四半期も比較的堅調に推移したが、業界全体のハードウェア投資は、機器資金調達の高金利の影響を受けた。プリントサービスの業績も雑多で、市場全体で活動レベルがまちまちで、歯科分野が不振であったため、世界的に、Q1からわずかに落ち込んだ。とは言え、他の分野では前年比の結果は、より明るい見通しを示しており、金属3Dプリンティング市場は前年比16%を超える増加、ポリマ3Dプリンティング市場は13%増となる。

レポートから
アディティブ金属粉末市場は力強いペースで成長を続けており、業界全体的な機会のベストの1つとなっている。ハードウェアプロバイダーはビジネスを革新して獲得するために全力を尽くしているが、顧客ベースの増加と成熟により、粉末需要の強い底流が生まれている。2023年末までに、AM金属粉末の消費量はパンデミック前のピークから倍以上になると予想されている。
・市場の主要プレーヤの大幅な統合は、短期的な混乱を引き起こし、その結果成長に悪影響を与える可能性があるが、最終的には、AMの価値提案を変更し、成長を加速するのに十分な財務的重力と専門知識を備えた企業を作り出す。
・開発活動と大規模な契約上の合意に対する政府の支援も、商業市場での採用をより重要にするための下流の利益となる。