コヒレント特設ページはこちら

Business/Market 詳細

3Dバイオプリンティング市場、CAGR 12.5%成長

April, 18, 2023, San Francisco--Grand View Researchのレポートによると、世界の3Dバイオプリンティング市場規模は、予測期間にCAGR 12.5%で成長し、200年に53億ドルに達する見込である。
COVID-19症例の増加、慢性病の高率発生は、成長に寄与する主因の一部である。パンデミック爆発中、3Dプリンティングは、ヘルスケア改善と緊急対応をサポートする不可欠の技術になった。

COVID-19流行は、2019年12月に中国で最初に特定されて以来、増え続けた。2021年1月12まで、9150万を超える症例が世界的に報告され、世界で1,956,880を超える死者がでた。このパデミックは、ワクチン開発と薬剤テストの処理速度を上げた。

その間、様々な3Dバイオプリンティング会社が。人工組織のR&Dに焦点を当てた。U-FABや他のバイオプリンティング技術の助けを借りて、CLECELL会社は、気道上皮人工組織を作製した。これは、粘膜繊毛エレベータの利用により感染と組織障害防止に役立つ。

パンデミックは、人々の幸福な生活に影響を与えるだけではなく、経済、さらに様々な他の世界中のヘルスケア基盤にも影響を与えた。それは、世界中で医療機器や薬剤サプライチェーンを混乱させた。そのような危機的状況で、様々な3Dプリンティング企業は、人工呼吸器、個人用保護具などをヘルスケアワーカーに供給するためにグローバルな活動を行った。

2022年、北米は、約30.9%の最高シェアだった。医療製品生産向けに3Dバイオプリンティングの採用増が、この地域で市場の成長に貢献する主因の一つである。APACは、薬剤やバイオ医薬品分野で、技術開発の増加が見込まれる。

3Dバイオプリンティング市場レポートのハイライト
・2022年、R&D投資増により、医療セグメントが37.6%の最大シェアだった。
北米は、2022年、30.9%シェアで市場で優勢だった。ヘルスケア産業への政府の支出増が、この地域で市場成長を後押しする主因の一つである。