ヘッドライン

自己発電・蓄電機能付きシート型生体センサを実現

4 April, 28, 2021大阪― 大阪大学産業科学研究所の植村隆文特任准教授、荒木徹平助教、関谷毅教授らの研究チームは、オーストリアのJoanneum研究所のAndreas Petritz博士、Esther Karner-Petritz博士、Philipp Schäffner博士、Barbara Stadlober主任の研究チームと共に、極薄シート型圧電システムを開発することに成功した。 これまで、強誘電性ポリマー、有機ダイオード、蓄電キャパシタなどが集積化された電子デバイスは、超柔軟性(厚み10 µm以下、曲げ半径1 m

全文

ホワイトペーパー(技術文書)