Products/Applications 詳細

Maxim Integrated、赤外ベースダイナミックジェスチャセンサ

max25405-pr_low

August, 30, 2021, San Jose--Maxim Integrated Products, Inc.は、次世代ダイナミック光センサを発表した。
 MAX25405は、旧世代と比較して、動きの近接検出を広げ、センシング範囲を2倍の40㎝に広げ、自動車、産業およびコンシューマアプリケーションにおけるTOFカメラベースのシステムと比較して全て1/4のサイズ、10倍低コストである。これらの強化は、音声通信の代替となり、ドライバーは道路に集中できる。

集積オプティクス、6×10赤外センサアレイにより、次世代MAX25405は、感度向上SNR改善のガラスレンズを含む。改善された性能は、センシングアプリケーションの近接と距離をドライバーを超えて2倍にし、ジェスチャセンシングエンタテーメントディスプレイは、例えばコ・ドライバーおよび後部座席にも届く。MAX25405の特徴は、3チップと複雑なマイクロプロセッサを必要とする競合TOFソリューションと比べてハイレベルの集積である。MAX25405の小型20-pin、4mm x 4mm x 1.35mm クワッド、フラット、リードなしパッケージ(QFN)と4個の個別LEDsは、TOFカメラベースソリューションと比較して最大75%小型である。

主要な利点
・広いセンシング範囲: MAX25405は、初期赤外世代と比較して、感知できる動きの近接範囲が広く、センシング範囲は、初期赤外世代と比べて、2倍の20㎝から40㎝である。
・ローコストと最小サイズ: MAX25405は、TOFカメラソリューションと比較して、ローコストで、スワイプ、回転、他の重要なジェスチャを感知する。高集積の結果、TOFカメラソリューションと比較して大幅に小型のトータルソリューションサイズとなっている。
・MAX25405は、最小ラグタイムで、スワイプ、回転、エアクリック、手間取るクリックを含む9ジェスチャ、さらに3×2近接ゾーンを認識する。このコスト効果の優れたシングルチップによりジェスチャセンシングは、マルチレンジ自動車、コンシューマや産業アプリケーションを手頃な価格にする。これにはタッチフリースマートホームハブ、サーモスタットなど多くが含まれる。

評価キットは現在Maximと正規代理店から提供中。
(詳細は、https://www.maximintegrated.com)