ニュース

CISPR 16-1-5 第2版と修正票を含む統合版を発行

 この規格のタイトルは「無線妨害およびイミュニティ測定装置並びに測定方法の仕様書-第1-5部:無線妨害およびイミュニティ測定装置- 5 MHz ~ 18 GHzのアンテナ校正サイトおよび基準試験サイト」。CISPR 16 […]

全文を読む

フレキシブル回路基板についてのFAQ

 フレキシブル回路の製造と設計に関するFAQのPDF版がTech-Etch社から出ている。フレキシブル回路基板とは何か?仕上げには何が使えるか?プリント回路基板に対するフレキシブル回路の利点は何か?表面実装部品は追加可能 […]

全文を読む

リアルタイムスペクトラムアナライザRSA7100A

 広帯域信号解析器RSA7100Aが1つあれば、帯域幅800 MHzまでのリアルタイム・スペクトラム分析および全帯域幅のシームレスデータのストリーミングストレージが2時間まで可能になる。この範囲は、最も一般的に使われる通 […]

全文を読む

インタラクティブな販売用図面PDFダウンロードでボードレベルのシールド設計プロセスを支援

 Tech-Etch社は、ユーザーが標準的な1ピース、2ピース、薄型のボードレベルシールドを設計しインタラクティブに記入できるPDF 販売用図面のダウンロードを開始した。ユーザーは必要な寸法を記入し、次に表面実装やスルー […]

全文を読む

250AのHEMPフィルタ新製品

 MPE社は、従来はHEMP保護フィルタと分類されるが、電源線用途に適用するため200 Aと400 Aの異なる2種類を発表した。だが特に米国の防衛および国土安全保障の市場においては、要求事項として225Aを求める多くの用 […]

全文を読む

ESD耐性とサージ耐性のあるRS-485トランシーバ

 Analog Devices, Inc社は、EMCサージ保護レベル4に完全適合したRS-485トランシーバを発表した。これにより外付けの過渡電圧サージ- 抑制デバイスの必要性が無くなる。同社の磁気絶縁技術「Analog […]

全文を読む

どんなSAR測定システムでも使えるオールインワン検証キット

 ART-Fi社は、どんな比吸収率(SAR: Specific Absorption Rate)測定システムでも使えるオールインワン検証キットを発表した。適合性評価試験所は、デバイスがサポートする無線技術のSAR測定をす […]

全文を読む

戦略爆撃機ランサーが電波暗室に戻ってRF試験

 米国の戦略爆撃機B-1Bランサーがこの度、世界最大級の電波無響室であるBAF(Benefield Anechoic Facility)に戻され、搭載しているALQ-161のThreat Protectionシステムの試 […]

全文を読む

ロシアが検知した信号は地上妨害に酷似

 コーカサス地方の高地にある巨大な電波望遠鏡で観測を続ける科学者チームが、当初は遠い星のHD164595が起源だと思われていた信号が「地球上の妨害」の結果に酷似していたことを発表した、とGurdian紙が報じた。それによ […]

全文を読む

米国が自動運転車の規制へ

 米国運輸省は、予想外のスピードで進化する自動運転車の技術に対する新しい規制の枠組みを発表した。史上初となるUberの自動運転タクシーの発表からわずか数日後のことである。各州に有人車規制があったとしても、連邦政府は将来的 […]

全文を読む

IECのEMC規格アップデートリスト

 IECが発行したEMC規格についてのアップデートは下記の通り。 ・「CISPR 2 5: 2016 , E d . 4 . 0 –(9/2/16) 車両、小型船舶及び内燃機関-無線妨害特性-搭載受信機の保護のための限度 […]

全文を読む

カナダRSS-210第9版への移行期間

 カナダ産業省のISED(Innovation,Science and Economic DevelopmentCanada)は、RSS-210 免許不要無線機器: カテゴリー Ⅰ 機器の第8版から第9版への移行期間の詳 […]

全文を読む

車載電源回路用インダクタの新製品

 TDK社は過酷な環境に耐える車載向け電源回路用のパワーインダクタCLF-NI-Dシリーズに、5.0 x 5.3x 2.7 mmのCLF5030NI-D、10.0 x10.1 x 6.0 mmのCLF10060NI-D、 […]

全文を読む

IFTTT互換のコネクティッド・ホーム・アクセサリ

 発売コネクティッド・ホームセーフティ業者であるSkylink社は、ウェブ連携サービスIFTTT(イフト:If This Then That)との互換を発表した。居住者は、新機能によりAmazon Echo、Nest® […]

全文を読む

長さが選べるダイカスト筐体

 Hammond Manufacturing社が発売したダイカスト筐体1590シリーズは、標準的な長方形サイズで41通りのサイズが選べる。追加された新しい2つのサイズは、1590 BX2が10 x 2.8 x 1.4イン […]

全文を読む

他社スペアナと接続して使える広帯域プリアンプ

 Aaronia AG社は、同社最新のプリアンプUBBV 1060 BPAを発表した。このプリアンプは電池電源で、バイパス・モード、6 GHzまでの広い周波数範囲および非常に高いダイナミックレンジがある。またUBBV 1 […]

全文を読む

基板用シールド試作キットを発売

 LeaderTech社は、基板レベルのシールドキットBSP(BoardShield Prototype Kit)を発表した。この自作キットには、特別な道具や経験なしに量産品質の回路基板用シールドを1個または2個手早く組 […]

全文を読む

新しいステルス技術でロシアの電子機器が検知不能に

 ロシア人科学者チームは、敵の電子戦システムがロシアの軍用装備品を検知するのを非常に困難にするフェライトベースの材料を新開発した。Sputnik Newsによると「軽量かつ非常に柔軟なこの新しい材料はRostecの子会社 […]

全文を読む

電磁干渉を完璧に防ぐ方法を発見か

 米国Drexel大学と韓国科学技術情報研究院(KISTI: Korea Institute of Science & Technology Information)の研究チームが、“電磁波汚染” を抑える目的 […]

全文を読む

大統領選公開討論でのWi-Fi 使用料200ドルにFCCが懸念

 米国ニューヨーク州ロングアイランド西部のHofstra大学で開催された大統領選の公開討論で、ジャーナリストや市民が会場のWi-Fiを使用するのに200ドルの支払いを要求されたとTechdirtが報じた。Techdirt […]

全文を読む

EMC規格パッケージ

 EMC規格パッケージは、電磁エネルギーの非意図的発生、伝搬、受信や、関連する不要な影響、機器動作中の電磁事象に関わるさまざまな機器の正しい作動などを記載している。パッケージには、200以上のIEEE、ANSI、EMC関 […]

全文を読む

GM規格 GMW3097のEMC試験に関するアップデート

 Elite Electronic Engineering社によれば、ゼネラル・モーターズ(GM)社は現在、さまざまな試験段階でGMの最新規格GMW 3097(2015年6月)に従った試験が進展しているので、個別試験に続 […]

全文を読む

RF干渉のモニタリングと解析を自動化した新しい探知デバイス

 Spirent Communications社は、妨害探知と解析用の新製品GSS200Dを発表した。GSS200Dは、Spirent社とNottingham Scientific社との提携の一環として開発された。GSS […]

全文を読む

マイクロ波2チャンネル信号発生器

 Windfreak Technologies社は、54 MHz ~ 13.6 GHz、デュアルチャンネルで低価格のRF/マイクロ波信号発生器の新製品SynthHD PROを発売した。信号発生器はウィンドウズまたはLin […]

全文を読む

同一チャネル干渉を減らすスマートWi-Fiアンテナ

 複数のWi-Fiアクセス・ポイント(AP)内に同じ無線チャネルがある場合、各電波は互いに干渉して、性能が低下する。今日の次世代802.11acのAPには比較的少ないチャネルしかないので、多くのAPが同じチャネルを使わな […]

全文を読む

低価格スペアナの新製品

 RIGOL Technologies社は、1 GHz超の分析が不要で予算が限られている愛好家や会社向けに、新価格のDSA700シリーズ・スペクトラム・アナライザを発表した。スイープ周波数設定範囲は、モデルDSA705が […]

全文を読む

エラストマの周囲に金属化織物を貼り付けたガスケット

 Tech-Etch社は、異なる7つのプロファイルを持つ標準のストリップ(棒状の一片)、9ピンから50ピンのコネクタほとんど全てをシールドした標準Dコネクタ、顧客仕様の特注形状にダイカット(型抜き)したものとして、エラス […]

全文を読む

謎の信号がシンガポールの列車を妨害

 シンガポールのToday Onlineが伝えたところによると「陸上交通庁(LTA:Land Transport Authority)とSMRT社は、市内を走る電車の環状線CCL(Circle Line)で起きた“断続的 […]

全文を読む

無線通信帯域を拡大する可能性を秘めたHERMESプログラム

 米国国防総省国防高等研究事業局(DARPA:Defense Advanced ResearchProjects Agency)のHERMESプログラムに参加しているサンディエゴのカリフォルニア州立大学の研究者チームが、 […]

全文を読む

ドイツが2030年までにEUでの内燃機関廃止を推進

 ドイツ連邦参議院で、2030年までにEU内で内燃機関エンジンの販売を禁止するという決議案が可決された。議案によると、2030年以降は無公害車のみが販売を許されるという。連邦参議院はEUに対して直接的な支配力を持たず、E […]

全文を読む

10 / 22« 先頭...89101112...20...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。