ニュース 詳細

Sentinel 3システムがQinetiQ社の航空機EMC 試験機能を強化

89_Products_4_1

 PPM Test社はQinetiQ社と協力し、EMC試験サービスの改善に努めてきた。QinetiQ社は、航空機のEMC認定テストで世界的に認められたトップ企業であり、旧来のSentinel II 光ファイバリンクシステムを20年以上使用している。Sentinel 3 へのアップグレードにより同社のEMC 試験機能は大幅に強化される。
 新しいSentinel 3機器は5つのTx8送信機とシャーシRx6受信機で構成され、これまで以上に速く正確で、信頼性の高い試験が可能になる。試運転の過程では、Sentinel 3の追加機能とシステム増加範囲を利用できるよう、QinetiQ社独自システムソフトウェアを部分的に書き直す必要がある。PPM Test社では、円滑な統合が確実に達成されるよう、必要に応じてソフトウェア・サポートをおこなう。
 QinetiQ社はPPM Test社の長年の顧客であり、Sentinel 3開発の初期段階で、要求事項の把握や製品の定義について綿密な相談を受けていた。PPM Test 社は英国Farnborough にあるQinetiQ社の施設を使用してSentinel 3シールド送信機ヘッドのシールド効果を試験したので、後の製品検証段階にもQinetiQ社が関与した。
 QinetiQのHIRF CapabilityリーダーGavin Barber氏は次のように述べている。「Farnborough とMOD Boscombe Downに拠点を置くQinetiQ社の電磁環境効果(E3)グループは、数十年にわたって軍用および民間航空機の認証試験を実施してきた。PPM Sentinel II光ファイバリンク(FOL)システムは、低レベル掃引計装システムに必須要素として、20 年以上にわたり非常によく使われている。
 「PPM 社開発のSentinel 3 FOL システムの更新に伴って、入力数が増え、温度が安定し、ダイナミックレンジが拡大し、QinetiQ社には最近、5モジュールのPPM Sentinel 3 FOLシステムの納品があった。PPM Sentinel 3システムは、2020年5 ~ 6月の試験的な動作後、実際の試験サービスに投入され、顧客の試験のセットアップ時間、ダイナミックレンジ、試験期間を大幅に改善し、航空機その他のプラットフォーム試験に必要な時間が短縮される。」
 PPM Test社の事業開発マネージャーRichard Leonard氏は次のとおりコメントした。「長年QinetiQ社と緊密に協力した当社が、ついにQinetiQ 社をSentinel 3の顧客リストに迎えられたことは喜ばしい。QinetiQ 社の強化された試験能力にSentinel 3インテリジェントFOLを統合するためのサポートを惜しまない」。
 Sentinel 3光ファイバリンクシステムの詳細については、PPMTest社のウェブへ。(2021/04/21)
https://ppmtest.com/sentinel-3-system-enhances-qinetiqs-aircraft-emctesting-capability/

[※訳者注] このニュース内容は今年4月とやや古いが、本誌冒頭記事にも関わりがあるため、今回のタイミングで掲載した。