EMCニュース 詳細

FCCがスマホ人気機種のSAR測定報告書を発行

ITJ79_news2_1

 2019年8月21日、スマートホンの人気機種で、電磁波の比吸収率(SAR: Specific Absorption Rate)がFCC規則である細胞 1gあたりのSAR平均値1.6 W/kgを超えているものがいくつかある、という記事がChicago Tribune誌に掲載された。FCCは、この内容を重く受け止め、検証する目的で、記事に取り上げられた機種をメインに購入し、試験を実施した。測定結果は、報告書の表2(右に掲載)のとおりである。結果的に、試験した全サンプルでFCCの規則違反はなかった。
 詳細は下記のウェブへ。(2019/12/10)
● FCC(詳細):https://docs.fcc.gov/public/attachments/DOC-361473A1.pdf