ニュース 詳細

Heilind Electronics社から小型中継コネクタの新製品WAGO LEVER-NUTS 221シリーズ

ITJ79_products2_1

 電子部品の世界的大手サプライヤで、WAGO代理店のHeilind Electronics社は、小型中継コネクタ221シリーズを発表した。このコネクタは同社の222シリーズより40% 小さく、照明やホームオートメーションなどの用途で広い接続ボックス容積が可能である。
 221シリーズコネクタは小型であるだけでなく、安全に設置できるよう構造が透明である。また、2つの点検スロット、埋め込め式のサイドウォール、道具なしで完了できる使いやすいレバーなど、ユーザーフレンドリーな設計である。221シリーズの主な長所の1つは、多様なケーブルが使用できることで、24 ~ 10 AWGという広範囲の単線、撚り線、ストランド線が接続できる。製品は全て再利用可能。WAGOの221シリーズには10 AWG ULリステッドコネクタが含まれ、大きな導体や600 Vの高いチャージにも対応できるように設計されている。これらのユニットは、高電力の照明、信号システム、商用HVACシステムに理想的である。

詳細はWAGO社のウェブへ。(2019/12/17)
https://www.wago.co.jp/pickup/WFRseries.html