ニュース 詳細

低い端子電圧のTVSダイオード

ITJ72_product1_2.jpg

 Würth Elektronik eiSos社はTVSダイオードの部品ラインアップを拡大した。このダイオードは短い応答時間と非常に低い端子電圧という特徴を持ち、接触電圧± 30 kVまでという高いESD絶縁耐力を誇る。WE-TVSは「Standard」「High Speed」「Super Speed」という3つのシリーズがあり、どのレベルでも静電放電に対して効果的な保護を提供する。新製品のTVSダイオードは国際規格のIEC 61000-4-2(ESD)、IEC 61000-4-4(EFT)、およびIEC 61000-4-5(サージ)に対応しており、難燃性(UL 94 V-0)である。
 3種類のWE-TVSは最新のTVSダイオードで構成され、家電分野ではヘッドセットや付属品、デジタルカメラ、ノートPC、USB電源供給用途などで敏感なデータ回線を効果的に保護する。このような用途では、IC やLED など半導体部品は、静電気放電に曝されることの多い外部インターフェイスと頻繁に直接接触する。同社のTVS ダイオードは静電気放電をブロックし、部品を直接または遅延した妨害や、エンド機器が完全に故障しても、確実に保護する。
 StandardシリーズはRS232、RS485、電源供給システムに合った遅いインターフェイス用で、USB 3.1、 HDMI、Thunderbolt、ギガビット・イーサネット(GbE)など非常に高速なインターフェイス用にはHigh Speedシリーズおよび Super Speedシリーズが適し、静電容量0.12 pFという低さが特徴。Standardシリーズは、単方向および双方向技術の両方に使うことができる。High Speedおよび Super Speedシリーズはレールtoレールの保護的な回路設計に使用できるので、1つおよび同じ要素を用いる供給電圧を保護するという付加的なメリットがある。
無料サンプルはいつでも請求でき、TVSダイオードは在庫ありの状態。
 詳細はWürth Elektronik eiSos社のウェブへ。(2018/10/25)
https://www.we-online.com/web/en/wuerth_elektronik/start.php
図:ESDから製品を保護する3種類のTVSダイオード