EMCニュース 詳細

エミッションを発生するソーラーシステム

itj59_news2_1

 オランダのアマチュア無線連盟「VERON」は、住宅地での太陽電池パネル設備がスペクトラム汚染を引き起こしているというレポートを出した。太陽電池パネル設備などEU内の電気システムは、EUのEMC規格に適合しなければならない。こういったソーラーシステムには太陽電池パネル、インバータ、周辺の配線などが含まれている。ARRL.orgによるとVERONのレポートは、「このエミッション限度がほとんどの場合超過していることがわかった」というEU EMC Administrative Cooperation WorkingGroupが2014年に欧州14ヵ国で実施した調査を引用している。太陽電池パネル設備が急増するにつれてインバータが発生するノイズもますます増えるだろう。VERONのウェブに掲載された報告書によると「太陽電池パネルに接続されているインバータの調査では、2014欧州EMCエミッション要求に適合していたのは33%だけだった。アマチュア無線家が太陽電池パネル設備から発生する妨害を被ることが増えている事実からも、状況がほとんど改善されていないことは明らかである」という。また、妨害が極端になりアマチュア無線スペクトラムの広範囲にわたる可能性もあると指摘されている。
 詳細はARRLの(National association for Amateur Radio:米アマチュア無線連盟)ウェブへ。(2016/07/14)

写真提供:Kenneth Wyatt