EMCニュース 詳細

UL Japan社、ECHONET Lite/AIF認証試験、認証サービスを開始

ECHONET-LiteAIF

 米国の第三者安全科学機関であるUL Inc.(本社:米国イリノイ州ノースブルック、以下UL)の日本法人 株式会社UL Japan(本社:三重県伊勢市、以下UL Japan)は、一般社団法人エコーネットコンソーシアムよりAIF認証認定試験機関およびアプリケーション通信インタフェース(AIF)認証認定認証機関として認定され、この認定をもって、ECHONET Liteの AIF仕様適合性認証における認証試験、認証サービスを2016年4月1日より開始した。UL Japanは、敷設の容易な伝送媒体を使用して共通規格によりメーカーを問わずに家電機器を接続する、スマートハウス向けの通信プロトコルであるECHONET/ECHONET Liteの認定認証機関。このたびAIF認証試験および認証サービスを拡充したことにより、ECHONET機器に関するより総合的な相互接続性試験サービスの提供が可能になる。製造業者は、ECHONET/ECHONET Liteに加えて、AIF認証を一括して取得することで、より迅速に製品を市場へ投入することができる。
 AIF認証は、ECHOHNET Lite規格に適合した機器の相互接続性の向上を図るため、AIF仕様への適合性を確認する認証・試験である。現時点では、以下の10機器が対象*となっている。日本国内においてこれらの機器がECHONETプロトコルを用いて機器情報収集/機器制御を行う場合、エコーネットコンソーシアムの認定機関からAIF認証を取得することが必要となる。

AIF認証対象機器*: 低圧スマート電力量メーター、高圧スマート電力量メーター、HP給湯器、家庭用エアコン、住宅用太陽光発電、瞬間式給湯器、照明機器、蓄電池、電気自動車充放電器、燃料電池

詳細情報は、ウェブサイト(UL.com)を参照。(2016/4/1)