Science/Research

究極の量子限界でフォトニックセンシングが容易に

June, 14, 2022, Bristol--

ブリストル主導の物理学チームは、量産可能なフォトニックセンサを原子限界で操作する方法を見いだした。このブレイクスルーは、グリーンハウスガスモニタリングやガン検出などの実用的なアプリケーションを容易にする。 センサは、われ […]

全文を読む

パーキンソン病の兆候をセンシング

May, 30, 2022, Cambridge--

ハーバードSEASの研究者は、筋肉の緊張を計測するためにエクソスートセンサを適用する。  米国にはパーキンソン病の患者が約100万人いる。変性状態は、神経伝達物質ドーパミンを生成している脳のニューロンに影響を与える。これ […]

全文を読む

量子センサとして機能するマイクロキャビティ

May, 25, 2022, Insbruck--

インスブルックとチューリッヒの研究者によると、センサは、IoTの大黒柱であり、あらゆる種類の物体を制御するためのデータを提供する。ここでは、正確さが重要である。また、量子技術が差をつけるのはここである。研究チームは、現在 […]

全文を読む

人工嗅覚センサを介した呼気センシングによる個人認証

May, 25, 2022, 東京--

東京大学、九州大学他で構成される研究グループは、生体呼気から得られる化学情報に基づく個人認証の原理実証に成功した。  研究では、16種類の高分子材料と導電性カーボンナノ粒子で構成される人工嗅覚センサを介して呼気センシング […]

全文を読む

貼り付けるだけ、柔らかく伸びる光センサシートを開発

May, 23, 2022, 東京--

中央大学、東京工業大学、大阪大学の研究者を中心とする研究グループは、オランダのEindhoven University of Technology、産業技術総合研究所らと共同で、新しい機能を示す光センサシートを開発した。 […]

全文を読む

微小、再利用可能センシングチップ、新しいPOC医療テスト

March, 10, 2022, Buffalo--

家庭の血糖測定器からCOVID-19迅速テストまで、POCテストの普及が、医療ケアを促進し、改善している。  しかし、これらの製品の成長を後押しするセンシング技術の継続的アップグレードは、ますます困難になりつつある。 例 […]

全文を読む

京都大学、眼の光センサタンパク質を眼以外でも活用

March, 10, 2022, 京都--

京都大学、山下高廣 理学研究科講師、酒井佳寿美 同研究員、七田芳則 名誉教授(立命館大学客員教授)、今元泰 同准教授の研究グループは、眼の光センサタンパク質を改変して、多くの細胞で重要な働きをするcAMP(環状アデノシン […]

全文を読む

不可視を可視にする新しい微小センサ

February, 15, 2022, Eindhoven--

スマートフォンに収容可能な微小NIRセンサは,ミルクやプラスチックの化学物質含有量を分析できる。 TU/e研究グループは、新しい近赤外(NIR)センサを開発した。これは、簡単に作れ、サイズはスマートフォン内のセンサに匹敵 […]

全文を読む

ゴーストイメージングを使いX線蛍光化学マッピングをスピードアップ

February, 15, 2022, Washington/Ramat Gan--

バル・イラン大学(Bar Ilan University)の研究チームは、X線蛍光を使って化学マップを作るための新しいフォーカスフリー技術を開発した。同アプローチは、生体医学、材料科学、考古学、芸術および産業の幅広いアプ […]

全文を読む

TU Delft、世界で最も正確なマイクロチップセンサを開発

February, 15, 2022, Delft--

TU Delft(デルフト工科大学)研究チームは、世界で最も正確なマイクロチップセンサの一つを設計することに成功した。デバイスは、室温で動作し、量子技術とセンシングの「渇望の製品」である。 クモの巣からヒントを得て、ナノ […]

全文を読む

極小ナノ粒子を検出できる新しいセンサ

February, 15, 2022, Karlsruhe--

カールスルーエ工科大学(KIT)の研究者は、ナノ粒子を検出できるだけでなく、その特性を決定し、その空間的運動を追跡できるセンサを開発した。  研究チームは、極めて高感度で非常にコンパクトなディテクタ、新しいFabry-P […]

全文を読む

フォトニクスセンサでキラーフルーツ&野菜を検出

November, 29, 2021, Duesseldorf--

EU助成コンソーシアムで微量の毒性要素を光で見分け,数分で結果を出す新しいディテクタが開発されている。  果物や野菜の農薬で、世界的に毎年11000人が死亡、意図せずに3億8500万人に害を与えている。これらの食品をモニ […]

全文を読む

フレキシブルセンサ、電子プリンティングへのニューアプローチ

November, 29, 2021, Glasgow--

グラスゴー大学(University of Glasgow)の研究者によると、デリケートなハイパフォーマンスエレクトロニクスを柔軟な表面に「スライド」できると、エレクトロニクスの将来の発展が可能になる。 研究チームは、コ […]

全文を読む

青色センサ遺伝子の制御メカニズム

October, 11, 2021, 東京--

東京大学大学院理学系研究科の小川洋平特任研究員(当時)、白木知也特任助教(当時)、深田吉孝教授(当時)、小島大輔講師らのグループは、4色型色覚をもつゼブラフィッシュを用いた研究を行った。その結果、これまで機能未知であった […]

全文を読む

皮膚から酸素レベルをモニタするウエアラブルセンサを開発

August, 30, 2021, Washington--

マサチューセッツ総合病院(Massachusetts General Hospital)とハーバード医科大学(Harvard Medical School)の研究チームは、皮膚を通して組織酸素化を計測できるウエアラブルセ […]

全文を読む

Los Alamos、毒などの検出向けに設計された新しいバイオセンサ

August, 30, 2021, Los Alamos--

ロスアラモス国立研究所の研究者が開発したデバイスは、Star Trek“tricorder”医療用スキャナではないが、正しい方向への第一歩である。ペガサスPortable EnGineered Analytic Sens […]

全文を読む

RMIT、先進的ケア、埋込治癒センサでスマート創傷処置

August, 30, 2021, Melborne--

RMIT研究チームは、ナノセンサを埋め込んだスマート創傷処置を開発した。これは、キズが適切に治っていない場合、患者に警告するために光る。 多機能、抗菌包帯は、蛍光センサが特徴。これは、感染が始まるとUV光下で明るく光り、 […]

全文を読む

Imec、シリコンフォトニクス、オプトメカニカル超音波センサ

July, 7, 2021, Leuven--

Imecは、シリコンチップ上のオプトメカニカル超音波センサを発表した。これは、革新的なオプトメカニカル導波路により比類のない感度をもつ。この高感度導波路によって20µmの微小センサは、同等サイズの圧電素子と比べて、検出限 […]

全文を読む

赤色蛍光タンパク質型グルコースセンサーの開発

July, 7, 2021, 東京--

東京大学大学院総合文化研究科の坪井貴司教授と三田真理恵日本学術振興会特別研究員らは、東京工業大学科学技術創成研究院の北口哲也准教授、株式会社マイオリッジの石田賢太郎博士らと共同で、細胞内のグルコース(ブドウ糖)を可視化で […]

全文を読む

世界初の光超音波イメージング、ナノスケール病気診断をプローブ

June, 2, 2021, Nottingham--

ノッティンガム大学(University of Nottingham)の研究者は、超音波イメージングシステムを開発した。これは、光ファイバ端に導入可能であり、体内に挿入して細胞異常を3Dで可視化できる。 新技術は顕微およ […]

全文を読む

コヒーレント回折イメージングがワンショットで可能に

June, 2, 2021, 仙台--

理化学研究所(理研)放射光科学研究センター理研RSC-リガク連携センターイメージングシステム開発チームの姜正敏客員研究員(東北大学国際放射光イノベーション・スマート研究センター助教)、高澤駿太郎研修生(東北大学大学院工学 […]

全文を読む

量子技術を用いたセンシングの高感度化などに応用可能な技術を開発

June, 2, 2021, 東京--

玉川大学量子情報科学研究所の中平健治教授と加藤研太郎教授は、量子力学的に許容される最良の方法を用いて対象物の状態を能動的に識別するという問題において、性能限界を調べるための汎用的かつ効率的な手法を世界で初めて確立した。 […]

全文を読む

自己発電・蓄電機能付きシート型生体センサを実現

April, 28, 2021, 大阪--

大阪大学産業科学研究所の植村隆文特任准教授、荒木徹平助教、関谷毅教授らの研究チームは、オーストリアのJoanneum研究所のAndreas Petritz博士、Esther Karner-Petritz博士、Philip […]

全文を読む

NC State、金ナノ粒子プラズモン結合、熱センシングの可能性

April, 28, 2021, Raleigh--

NC Stageの研究チームは、一群の金ナノ粒子を埋め込んだ伸びる形状記憶ポリマが、そのプラズモン結合を変え、所望の光学特性を生み出すことを実証した。その材料の1つの潜在的なプリケーションは、光学特性に依存して物体あるい […]

全文を読む

レーザベースセンサ技術、金属のリサイクル

April, 9, 2021, Aachen--

フラウンホーファーILTとCronimet Ferroleg. GmbHは、産業による原材料利用を促進するために、BMBF-funded “PLUS”プロジェクトの一環として金属スクラップのレーザベース分類プロセスを共同 […]

全文を読む

ローコスト、高感度メタン計測に新センサ

April, 9, 2021, Princeton--

プリンストン大学の研究チームは、低濃度メタンガンスの実用的に、ローコスト検出ができる新しいセンサを開発した。メタン放出と漏洩の計測は、様々な産業にとって重要である。そのガスが地球温暖化と空気汚染に寄与するからである。 「 […]

全文を読む

シャコ類からヒントを得た新種の光センサ

March, 17, 2021, Raleigh--

シャコ類の眼からヒントを得てNC Stateの研究チームは、新しい種類の光センサを開発した。これはスマートフォンに組みこめる程度に小さいが、ハイパースペクトルおよび偏光イメージングが可能である。 「多くの人工知能(AI) […]

全文を読む

印刷できる抗原抗体検査のための光センサ開発

February, 16, 2021, 福岡--

九州大学大学院システム情報科学研究院の吉岡宏晃 助教、興雄司 教授、Abdul Nasir大学院生らの研究グループは、熱処理が不要で市販のインクジェットプリンタと同様の技術で印刷可能な抗原抗体検査で利用できる光センサの開 […]

全文を読む

MIPT、量子からヒントを得た光センサの開発

February, 16, 2021, Moscow--

MIPTの研究者は、米国アルゴンヌ国立研究所(Argonne National Laboratory)のチームと協力して、簡素な光学ツールを使い物理量計測のための先進的な量子アルゴリズムを実行した。 Scientific […]

全文を読む

ボン大学、光ファイバでイノベーション

February, 16, 2021, Bonn--

ボン大学の研究チームは、非常に簡素な方法で髪の毛の細さの光ファイバを作製した。極めてコンパクトで安定的であるばかりか、色のチューニングができる。すなわち、量子技術や温度センサ、あるいは大気検出センサに利用可能である。この […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。