All about Photonics

ホワイトペーパー(技術文書) 詳細

神経回路の3Dマッピング

米Meadowlark Optics社は主製品として反射型SLM液晶空間変調器、シリコン上に液晶をコーティングする独自のLCoS技術を開発。光ピンセット・レーザ通信・光遺伝学等に応用が期待できる。バックプレーン型・低電圧アナログドライブ技術と併せて、光利用効率が高く位相安定性が極めて高い状態で変調出来るので、ビームステアリングや光波シンセシス等に最適である。ここに2光子顕微鏡にこのSLMを使用した3Dマッピングの実例を示す。

Meadowlark Optics社は、1979年に国立環境研究所の研究者によってコロラド州で光学機器のメーカーとして起業され、1998年以降は偏光光学機器のマニファクチャーとして発展し現在に至る。

フォトテクニカ(株)は2016.12から同社製各種SLM液晶空間変調器の日本国内販売総代理店として、様々な用途向けに提供している。

Format: PDFPDF

File Size: 306 KB

*
*
勤務先名*
部署名*
E-Mailアドレス*
住所
業種*
職種*
詳しい製品説明等、
連絡を希望*
 希望する 希望しない
何かご要望、ご質問が
あればお聞かせください

*は必須項目です。

【個人情報の取扱に関して】

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものとします。
個人情報は情報提供元である「情報提供社」に収集されます。