All about Photonics

ニュース

捻れソフトロボット、誘導なしで迷路をナビゲート

June, 6, 2022, Raleign--

ノースカロライナ州立大学(NC State)とペンシルバニア大学の研究チームは、迷路などの複雑な環境を人やコンピュータソフトウエアの入力なしでナビゲートできるソフトとロボットを開発した。 「これらソフトロボットは、‘物理 […]

全文を読む

光通信&ネットワーキング装置産業、2027年に366億ドル

June, 6, 2022, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「光通信&ネットワーキング装置市場、コンポーネント(ファイバ、トランシーバ、スイッチ)、技術(WDM、ファイバチャネル)、アプリケ […]

全文を読む

エネルギー効率の優れた照明市場、2030年に933億ドル

June, 6, 2022, Portland--

Allied Market Researchkのレポート「エネルギー効率の優れた照明市場」によると、市場は2021年に462億ドル、2022-2030年にCAGR 8.1%成長で2030年に933億ドルに達する見込である […]

全文を読む

レーザ加工市場規模、2030年に382億2000万ドル

June, 6, 2022, San Francisco--

Grand View Researchのレポートによると世界のレーザ加工市場規模は、2022-2030年にCAGR 9.1%成長で、2030年に382億2000万ドルに達する見込である。  石油&ガス探査目的で […]

全文を読む

100fs以下のコマ撮りが可能な電子線分子動画撮影装置開発に成功

June, 3, 2022, Chicago--

東京工業大学 理学院 化学系の田久保耕特任助教、Samiran Banu大学院生、腰原伸也教授らは、筑波大学 数理物質系の羽田真毅准教授、矢嶋渉大学院生、名古屋大学 未来材料・システム研究所の桑原真人准教授と共同で、光励 […]

全文を読む

NREL、40%の効率で熱から光をキャプチャー、TPVで躍進

June, 3, 2022, Golden--

国立再生可能エネルギー研究所(NREL)は、太陽から最高効率で光を取得するソーラセル構築の長い歴史を持つ。しかし、太陽は、フォトボルテイクス(PV)がエネルギーを獲得できる唯一の光源ではない。熱い物体も光を発する、一般に […]

全文を読む

北米光トランスポート装置市場、1Q 2022に25%成長

June, 3, 2022, Redwood City--

DellOro Groupのレポートによると、世界の光トランスポート市場は、1Q 2022年に前年比2%成長だった。これを牽引したのは、北米とラテンアメリカで構成されるアメリカ地域における傑出した成長。 「アメリカにおけ […]

全文を読む

光ディテクタ市場、2030年に98億ドル

June, 3, 2022, Portland--

Allied Market Researchのレポート「光ディテクタ市場」によると、市場は、2021年に36億ドル、2022-2030年にCAGR 11.82%成長で、2030年に98億ドルに達すると推定される。 光ディ […]

全文を読む

「ナノマグネティック」コンピューティング、低エネルギーAI

June, 2, 2022, London--

Imperial College Londonの研究者は、脳のニューロンのように相互作用する微小なナノマグネットを使い人工知能の実行が可能であることを示した。 インペリアルカレッジロンドンの研究者をリーダーとするチームが […]

全文を読む

人間とロボットのチームで仕事を分けるアルゴリズム

June, 2, 2022, Pittsburgh--

カーネギーメロン大学(Carnegie Mellon University)ロボット工学研究所(RI)の研究者は、人とロボットへの仕事依託に役立つアルゴリズムプラナーを開発した。 プラナー, “Act, De […]

全文を読む

Fraunhofer ISE、47.6%効率のソーラセルを開発

June, 2, 2022, Freiburg--

Fraunhoferソーラエネルギーシステム研究所ISEの研究者は、新しい反射防止コーティングを使用して、過去最高の4接合ソーラセル、665 suns集中で、46.1から47.6%への効率増に成功した。成果は、第二回In […]

全文を読む

テラヘルツ技術産業、2027年に12億ドル

June, 2, 2022, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「テラヘルツ技術産業、タイプ(THzイメージング、THz分光学、THz通信システム)、アプリケーション(ラボ研究、医療&ヘルスケア […]

全文を読む

過去最小遠隔制御歩行ロボット、微小ロボットカニ

June, 1, 2022, Evanston--

ノミよりも小さなロボットが歩く、曲がる、捻る、回る、ジャンプすることができる。  ノースウエスタン大学のエンジニアは、過去最小の遠隔制御歩行ロボットを開発した。それは、微小で魅力的なピーキートウカニの形をしている。 幅が […]

全文を読む

テラヘルツ帯マルチビームアンテナの開発に成功

June, 1, 2022, 札幌--

KDDI総合研究所(KDDI総合研究所)と名古屋工業大学は、テラヘルツ帯で電波の放射方向を変更できる、高利得マルチビームレンズアンテナと、小型平面型マルチビームアンテナの開発に世界で初めて成功した。 テラヘルツ帯を用いた […]

全文を読む

全固体電池材料の真の姿をX線レーザで観察

June, 1, 2022, 札幌--

北海道大学、立命館大学他の研究者による研究グループは,より安心・安全で高性能な電気自動車の実現に向けて開発が進められている全固体電池用の硫化物系固体電解質を,X線自由電子レーザ(XFEL)施設SACLAを用いて,無損傷か […]

全文を読む

可視光で動作する高効率な有機電気光学ポリマー光変調器を開発

June, 1, 2022, 東京--

情報通信研究機構(NICT)未来ICT研究所は、可視光用の高効率な有機電気光学ポリマー(EOポリマー)光変調器を開発した。  従来のEOポリマー光変調器は、近赤外光(波長1,550 nmなど)で動作できるが、可視光(波長 […]

全文を読む

無人探査機(AUV)に島津製水中光通信装置の試作機搭載

May, 31, 2022, 京都--

島津製作所は、国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)による自律型無人探査機(AUV)で海底に設置した観測システムからデータを自動回収する実証実験に協力した。  実験は、「ハーベスティング」と呼ばれる回収方式と […]

全文を読む

ヒトの脳を真似るマイクロチップはAIのエネルギー効率を高める

May, 31, 2022, Manchester--

人工知能(AI)は、ビデオゲームをより現実的にし、電話が話者の声を認識できるようにするが、そのパワーハングリーなプログラムは、膨大なエネルギーを必要とする。しかし、次世代AIは、ヒトの脳のように機能するコンピュータチップ […]

全文を読む

光と音で、素早い脳活動の前例のない細部を解明

May, 31, 2022, Durham--

デューク大学の研究者は、ハードウエア革新とマシンラーニングアルゴリズムの組合せを使用して、利用可能な最速光音響イメージングツールを実現しようとしている。 デューク大学バイオメディカルエンジニアは、マウス脳内の血流や酸素レ […]

全文を読む

マシンラーニング、スマートになって創薬スピードアップ

May, 31, 2022, Portland--

カーネギーメロン大学(Carnegie Mellon University)の研究者は、他のモデルではできない、大量の分類されてない(ラベルなし)データを利用する自己監督学習フレームワークを開発した。 分子特性を迅速かつ […]

全文を読む

東北大学、接着剤無しでCFRP/チタン合金の高強度接合を実現

May, 30, 2022, 仙台--

航空宇宙産業では、生産規模の適性からアディティブマニュファクチャリング(AM)に注目が集まっている。特に、構造部材軽量化を実現しAMの付加価値を高めるには、3D積層造形技術を利用した炭素繊維強化プラスチック(CFRP)と […]

全文を読む

複雑な3D超音波散乱現象を解明するレーザスキャン技術を開発

May, 30, 2022, 仙台--

構造物や工業製品を壊さずに欠陥計測を行う非破壊評価技術の確立は重要な課題となっている。  東北大学 大学院工学研究科の小原 良和 准教授らの研究グループは以前より、米国 ロスアラモス国立研究所との国際共同研究により、超音 […]

全文を読む

パーキンソン病の兆候をセンシング

May, 30, 2022, Cambridge--

ハーバードSEASの研究者は、筋肉の緊張を計測するためにエクソスートセンサを適用する。  米国にはパーキンソン病の患者が約100万人いる。変性状態は、神経伝達物質ドーパミンを生成している脳のニューロンに影響を与える。これ […]

全文を読む

ヘルスケアマシンビジョンシステム市場、2031年までに45億ドル

May, 30, 2022, Portland--

Allied Market Researchのレポート「ヘルスケアマシンビジョンシステム市場」によると、市場規模は2021年に6億1740万ドル、2022-2031年にCAGR 22.4%成長で、2031年までに45億ド […]

全文を読む

AIを使って患者データから安全にガンを検出

May, 27, 2022, Leeds--

リーズ大学(University of Leeds)の研究者は、個人情報を危険にさらすことなく、患者のデータからガンを予測するために人工知能(AI)を使う新しい方法が開発した。 AIは、画像、試行結果など膨大なデータを分 […]

全文を読む

ジョージア州立大学、「電子の眼」開発で前進

May, 27, 2022, Atlanta--

ジョージア州立大学の研究者は、新しいタイプの人工視覚デバイスの開発に成功した。これは新しい垂直スタッキングアーキテクチャを持ち、マイクロレベルでより深い色認識とスケーラビリティを可能にする。この新しい研究は、ACS Na […]

全文を読む

TRUMPF、酸素センシング向けに次世代VCSELソリューション

May, 27, 2022, Ulm--

TRUMPF Photonic Componentsは、酸素分光センシング向けに次世代VCSELを発表している。  分光センシングソリューションは、酸素濃度などの関連パラメタをモニタするための最高パフォーマンスセンシング […]

全文を読む

2027年までにマシンラーニングデバイスの出荷が20億を超える

May, 27, 2022, New York--

ABI Researchによると、人工知能(AI)はわれわれの周囲の至る所にあるが、AIのバックボーンを形成する推論や学習のプロセスは、消費者から遠く離れた大きなサーバーで起こる。新しいモデルは、その全てを変えつつある。 […]

全文を読む

宇宙空間において3Dプリンタで人工衛星アンテナを製造する技術を開発

May, 26, 2022, 東京--

三菱電機株式会社は、太陽光と紫外線硬化樹脂を利用して、打ち上げ後に宇宙空間で造形物を製造中に支えるサポート材が不要な3D積層造形により、人工衛星用アンテナを製造する技術を開発した。  近年、民間事業者による人工衛星をはじ […]

全文を読む

人工知能技術、血管の超解像度局所光音響イメージングを加速

May, 26, 2022, Pohang--

POSTECHの研究チームによると、人工知能技術が、血管の超解像度局所光音響イメージングを加速する。  落雷後、短時間に雷鳴が聞こえる。これは、稲妻に撃たれた周辺物質が光を吸収し、この光が熱に変換された結果、物質が膨張し […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。