All about Photonics

ニュース

Nokia、コヒーレント光モジュール性能評価にViaviを選択

September, 29, 2020, San Jose--

VIAVI Solutions Inc.は、VIAVI ONT 800G FLEX DCO Module,を利用してノキアが同社のコヒーレント光モジュールを評価したと発表した。同製品は、プラガブル(CFP2)デジタルコヒ […]

全文を読む

EPFLのスピンオフ、超高速水中通信ができる光Wi-Fiを開発

September, 29, 2020, Lausanne--

EPFLスピンオフ、Hydromeaは、海面下6000メートルで動作可能な小型光モデムを開発した。それは、50m以上離れたソースから高速にデータを収集できるだけの感度がある。 水中で接続デバイスを利用したい場合、選択肢は […]

全文を読む

微小パッケージに光音響、蛍光イメージングを統合

September, 29, 2020, Washington--

グルノーブル大学(Université Grenobe)の研究チームは、人の髪の毛よりも細いデバイスに光音響イメージングと蛍光イメージングを独自に統合した新しい内視鏡を実証した。デバイスは、神経活動と同時に血液動態の計測 […]

全文を読む

バース大学、DUV光で感染を急襲するプロジェクト

September, 29, 2020, Bath--

バース大学の研究者は、危険な感染や「手術不能」なガン治療の変革を狙った大きなプロジェクトで協力する。 バースの研究チームは、DUVを利用する独創的方法を見つけ出すことで、危険な感染や「手術不可能」なガン治療の変革を狙った […]

全文を読む

ナノ構造メタサーフェスと液晶技術を統合してオプティクス革命を狙う

September, 28, 2020, Cleveland--

ケースウエスタンリザーブ大学のGiuseppe Strangi教授とハーバードの協力者は、「メタサーフェス」を再構成可能にし、より使いやすくする方向で一歩前進した。 研究チームは、ナノスケールの力を利用して、マイクロピラ […]

全文を読む

コヒーレントプラガブルが2024年までに光トランスポート市場を変革

September, 28, 2020, Boston--

調査会社Cignal AIの最新、トランスポートアプリケーションレポートによると、新技術が市場に出てくることから、コヒーレントプラガブルオプティクスの採用は2021年に加速する。第4世代コヒーレントは、400ZRを拡大し […]

全文を読む

800G以上のトランシーバ市場予測

September, 28, 2020, Crozet--

Communications Industry Researchers (CIR)のレポートによると、800Gbpsトランシーバ(800G)およびそれ以上のトランシーバの市場機会は、2025年までに収益2憶4500万ドル […]

全文を読む

スマートグラス市場、2025年に68億ドル

September, 28, 2020, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)の調査「COVID-19影響のスマートグラス市場、技術(浮遊粒子ディスプレイ、エレクトロクロミック、液晶)、アプリケーション(建築、運輸、家電)、地域 […]

全文を読む

フレキシブル医療ロボット用にローコスト、高精度GPSライクシステム

September, 25, 2020, San Diego--

UCSDのロボット研究者が、人の体内のフレキシブル手術ロボットの位置を追跡する手頃な価格、使いやすいシステムを開発した。同システムは,現在の最先端の方法で動作するが、遙かに低価格である。多くの現在の方法は、放射光も必要と […]

全文を読む

通信波長2光子の長距離光ファイバ伝送および波長変換に成功

September, 25, 2020, 横浜--

横浜国立大学大学院工学研究院の堀切智之准教授は、新関和哉氏(横浜国立大学工学府博士課程2年)、神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)の中村一平常勤研究員らとともに、量子通信長距離化に必須の量子中継器用光源および波長 […]

全文を読む

より優れたセンサを造るために人の手を模倣

September, 25, 2020, University Park--

国際研究チームは、人の動作の動的プロセスを模倣できる「電子スキン」センサを開発した。この研究成果は、Huanyu “Larry” Cheng教授によると、兵士など、非常に大きな損傷を受けた人々に役立ち、その動きを制御する […]

全文を読む

UCF、産業用レーザからアト秒の光を生成

September, 25, 2020, Cambridge--

セントラルフロリダ大学の研究チームは、最先端のアト秒科学領域をあらゆる分野の研究者にとってより利用しやすくしようとしている。  その領域を開くために役立つ方法は、Science Advancesに掲載されている。 アト秒 […]

全文を読む

最先端の分光技術で記録的スピードを実証

September, 24, 2020, Washington--

NISTとコロラド大学ボルダーの研究者は、並外れて高速にデータを取得できる最先端の分光計を開発した。新しい分光計は、リモートセンシング、リアルタイム生体イメージング、マシンビジョンを含む多様なアプリケーションで有用である […]

全文を読む

TUM、世界最小の超音波ディテクタを開発

September, 24, 2020, Munich--

ミュンヘン工科大学(TUM)とHelmholtz Zentrum Münchenの研究者は、世界最小の超音波ディテクタを開発した。それは、シリコンチップ(約3×6㎜)表面に設置した微小光回路をベースにしており、平均的な人 […]

全文を読む

新しい3Dイメージング技術で前立腺ガンの発見が高速化

September, 24, 2020, Eindhoven--

新しい超音波イメージング技術で前立腺ガンを検出。利用される技術は、電気工学部、dr.ir. Massimo Misschi 教授が開発した。TU/eスピンオフ、Angiogenesis Analyticsは、この診断法を […]

全文を読む

UWindsor研究者、発光衣服でブレイクスルー

September, 24, 2020, Windsor--

UWindsorのDr. Carmichaelチームは、金薄膜を超薄布地に堆積させることで次世代発光繊維製品を作ろうとしている。Matterの記事に発表されたその技術は、ファーストレスポンダ(緊急措置を行う人)や建設作業 […]

全文を読む

オリガミからヒント、手術ロボットのサイズを縮小

September, 23, 2020, Cambridge--

侵襲性の少ない腹腔鏡手術では、小さな切開に挿入されたツールと微小カメラを使って医者が手術を行う。これは過去半世紀、患者と医者の両方にとって外科手術の安全性を高めた。最近、多数のツールを同時に、従来技術よりも一段と高精度、 […]

全文を読む

高速飛行を制御するハエの視覚の秘密が明らかに

September, 23, 2020, University Park--

ミバエが、びっくりするほどの高速反応(瞬きの約30倍)で飛行制御強化にどのように目の動きを利用するかを調べることで、ペンステートの研究チームは、ロボットでこの能力を模倣するためのフレームワークを詳細に説明している。 チー […]

全文を読む

垂直農業市場規模、2027年に64億6000万ドル

September, 23, 2020, Francisco--

Grand View Research, Inc.のレポートによると,世界の垂直農業市場規模は、2020-2027年にCAGR 25.7%で拡大して、2027年に64億6000万ドルに達する見込である。  新鮮な有機野菜 […]

全文を読む

レーザで食肉処理過程の鶏肉を殺菌

September, 23, 2020, Hanover--

鶏肉はバクテリアに汚染されていることがよくある。食肉処理で塩素処置はEUでは認められていない。Laser Zentrum Hannover eV (LZH)は、現在、新しい研究プロジェクトで、UVレーザ処理とバクテリオフ […]

全文を読む

EPFL、カスタムビルトからレディメード

September, 18, 2020, Lausanne--

UCSB、Caltech、EPFLの国際研究チームは、フォトニックシステムを変革する可能性がある集積技術を開発した。  情報通信技術は急速な進歩を続けている。しかし、増え続けるデータセンタ需要は、電気的インプット-アウト […]

全文を読む

スタンフォード、脳研究にシリコンコンピューティングパワーを利用

September, 18, 2020, Stanford--

スタンフォード大学の研究チームは、脳をシリコンベースの技術に直結する新しいデバイスを開発した。脳と機械とのインタフェースデバイスは、すでに存在しており、これらは人工器具、病気の治療や脳研究で使われている。この最新デバイス […]

全文を読む

発光効率と大気安定性が高い、有害元素フリーの新規青色発光体を実現

September, 18, 2020, 東京--

東京工業大学 元素戦略研究センターの李江伟(Jiangwei Li)研究員、金正煥(Junghwan Kim)助教、細野秀雄栄誉教授らは、有害元素を含まないハロゲン系青色発光体Cs5Cu3Cl6I2を新たに開発した。 蛍 […]

全文を読む

電場誘起旋光性で 結晶内在「時計回り、反時計回り」構造の空間分布を可視化

September, 18, 2020, 東京--

東京大学大学院新領域創成科学研究科、同大学院工学系研究科、東北大学多元物質科学研究所、同学際科学フロンティア研究所、株式会社村田製作所の共同研究グループは、結晶に内在する「時計回り、反時計回り」構造の共存状態(強軸性ドメ […]

全文を読む

高感度プロチアーゼモニタリングに導波路を利用

September, 17, 2020, Washington--

ベルギー、ゲント大学(Ghent University) IMEC研究センタのNina Turkが、OSAで研究発表を行う。  研究チームは、微小導波路を使って表面増感ラマン分光法(SERS)によりプロチアーゼ活性を初め […]

全文を読む

スタンフォード研究者、雲や霧を透過してみる方法を考案

September, 17, 2020, Stanford--

スタンフォード大学の研究者は、X線なしだが、一種のX線ビジョンを開発した。自律走行車が周囲の世界を見ることができるのと同様のハードウエアで、研究チームは高効率アルゴリズムによりそのシステムを強化した。個々の光粒子、つまり […]

全文を読む

物質のトポロジーに由来した巨大磁気光学効果の発見

September, 17, 2020, 東京--

東京大学大学院工学系研究科の岡村嘉大助教、高橋陽太郎准教授、理化学研究所の十倉好紀センター長、東北大学金属材料研究所の藤原宏平准教授、塚﨑敦教授らの研究グループは、磁性ワイル半金属と呼ばれる近年新たに見つかった磁性体にお […]

全文を読む

バイオメディカル応用に役立つ超高速イエローレーザ

September, 17, 2020, Washington--

インドのフォトニックサイエンスLabの研究チームは、新しいコンパクト、超高速、ハイパワーイエローレーザを開発した。そのチューナブルレーザは、優れたビーム品質を示し、超高速光パルスを出力する実用的なイエロー光源のニーズを満 […]

全文を読む

スタンフォード、共鳴ナノアンテナで光をスローにして操作

September, 16, 2020, Stanford--

Nature Nanotechnologyの論文でスタンフォードの研究チームは、光の速度を大幅に遅くして意のままに光の方向を変える新しいアプローチを証明した。これは、音に対するエコーチャンバのようである。  スタンフォー […]

全文を読む

Osram、新世代Oslon Compact PL、Oslon Black Flat SLED発売

September, 16, 2020, Regensburg--

Osram Opto Semiconductorsは、Oslon Compact PL製品ファミリの新世代1~4-チップバージョンを発売する。先行製品と同様、セラミックコンポーネントは電気的に絶縁されたパッドであり、パッ […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。