All about Photonics

ニュース

南洋理工大学物理学者、光が非磁性金属を磁化すると提案

August, 6, 2019, Singapore--

南洋理工大学(NTU)とコペンハーゲンのニールスボーア研究所の物理学者は、非磁性金属をレーザを使って磁石に変換する方法を考案した。  磁石とその磁界は、一般に回転する電流によって生成される、日常的な電子コイルに見られるの […]

全文を読む

霞んだ条件で高可視性を示すカメラ

August, 6, 2019, Boston--

Adimecは、4月に開催された2019 SPIE防衛/商用センシング(DCS)会議で、TMX-55を紹介した。  TMXシリーズは、苛酷環境向けに設計されている。TMX-55動作温度範囲は、-40℃ ~ +80℃で、M […]

全文を読む

低電圧高輝度ペロブスカイトLEDを実現

August, 5, 2019, 東京--

東京工業大学 元素戦略研究センターの沈基亨大学院生、金正煥助教、細野秀雄栄誉教授らは、ペロブスカイト型ハロゲン化物を用い、低電圧駆動で超高輝度のペロブスカイトLED(PeLED)の開発に成功した。電極からのキャリアの注入 […]

全文を読む

紫外線によって光る蛍光マーカー「Lumisis Marker(R)」を共同開発 

August, 5, 2019, 大阪--

摂南大学理工学部機械工学科流体システム工学研究室とセントラルテクノ株式会社は紫外線によって蛍光し、流体に混ぜて流れを可視化する紫外線励起蛍光マーカー「Lumisis Marker」<特許出願中>を共同開発した。  開発品 […]

全文を読む

ペロブスカイト半導体の発光量子効率計測

August, 5, 2019, 仙台--

東北大学多元物質科学研究所 小島一信准教授、秩父重英教授は、浜松ホトニクス株式会社 池村賢一郎、千葉大学大学院融合理工学府 松森航平、同大学大学院理学研究院 山田泰裕准教授、京都大学化学研究所の金光義彦教授と協力し、ハラ […]

全文を読む

空間分解能1ナノメートルの共鳴ラマン分光を実現

August, 5, 2019, 東京--

マックス・プランク協会 フリッツ・ハーバー研究所 物理化学部門の熊谷崇グループリーダーの研究チームは、株式会社ユニソクと共同開発した低温探針増強ラマン分光(TERS)装置によって鋭い金属の針先に発生するナノスケールの光( […]

全文を読む

微光イメージング市場、 2024年に184億ドル

August, 2, 2019, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「微光イメージング市場、技術(CCD、CMOS)、アプリケーション(写真、モニタリング、検査&検出、セキュリティ&監視) […]

全文を読む

フォトニクスを変革する多材料3Dナノプリンティング

August, 2, 2019, College Park--

メリーランド大学のエンジニアが、新しい多材料3Dナノプリンティング技術を開発した。研究成果は、Lab on a Chipに掲載されている。 研究チームの新技術は、微小な多材料構造をプリントできるもので、研究者は、これらの […]

全文を読む

信憑性を保護するAI駆動イメージングシステム

August, 2, 2019, Brooklyn, New York--

写真やビデオを改竄する高度な方法を阻止するために、NYU Tandon School of Engineeringの研究者は、人工知能(AI)を利用して、取得からデリバリまでの情報ルート全体を通じて画像を確認する実験的技 […]

全文を読む

バイオエンジニアが折り畳みゲノムを解明

August, 2, 2019, University Park--

ゲノムは、身体の全ての細胞で同じである。しかし、この密集状態の遺伝子材料は、各細胞で常に同じ形状に折り畳まれているわけではない。その折り畳みパタンは、遺伝子が活性化されてタンパク質を作る多様性につながる。  ゲノムは、数 […]

全文を読む

従来よりも10倍厚い有機ELの開発に成功

August, 1, 2019, 福岡--

九州大学の松島敏則准教授と安達千波矢教授らの研究グループは、有機発光層を金属ハライドペロブスカイト層で挟んだ有機ELを開発した。ペロブスカイトの電気を流しやすい性質と簡単に薄膜化できるという性質を利用して、有機EL中のペ […]

全文を読む

新しいタイプの異方性セラミックスレーザ材料の開発に成功

August, 1, 2019, 北見--

北見工業大学の古瀬裕章准教授、物質・材料研究機構の金炳男グループリーダー、東京医科歯科大学の堀内尚紘助教らの共同研究チームは、新しいタイプの異方性セラミックスの透明化と、そのレーザ発振の実証に初めて成功した。  多結晶セ […]

全文を読む

ソウルセミコンダクタのSunLikeシリーズ自然光LED作物収量増強

August, 1, 2019, Ansan--

Seoul Semiconductor Co., Ltd.は、自然光スペクトルLED ”SunLike”で栽培した植物が、標準白色LEDで栽培した植物よりも成長速度と抗酸化物質フラボノール(Flavonol)の含有量が高 […]

全文を読む

LED照明市場、2025年に1273億ドル

August, 1, 2019, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「LED照明市場、導入タイプ(新規、改良)、最終利用アプリケーション(屋内、屋外照明)、製品タイプ(ランプ、照明器具)、および地域毎の202 […]

全文を読む

ヘルスケア市場のAR/VR、2025年に65億ドル

July, 31, 2019, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「ヘルスケア市場の拡張現実と仮想現実、提供品(ハードウエアとソフトウエア)、デバイスタイプ、エンドユーザ、アプリケーション(患者ケア管理、医 […]

全文を読む

レーザとマイクロ流体チップによる超高速セルソーター

July, 31, 2019, 奈良--

奈良先端科学技術大学院大学先端科学技術研究科物質創成科学領域の細川陽一郎教授、飯野敬矩元特任助教、東京大学大学院工学系研究科の小関泰之准教授、東京大学大学院理学系研究科の合田圭介教授らは、奈良先端科学技術大学院大学、東京 […]

全文を読む

レーザ技術ナノパーフォレーション進歩、3Dガラス加工を改善

July, 31, 2019, N.Y.--

Corning Incorporatedは、3D切断アプリケーションをより最適化する同社独自のナノパーフォレーションガラス切断技術の強化を発表した。 Corning Laser Technologies (CLT)が開発 […]

全文を読む

レーザ照射の定説を覆す最小材料加工に成功

July, 31, 2019, 大阪--

大阪大学産業科学研究所入澤明典助教、菅滋正招へい教授と、摂南大学、京都大学先端ビームナノ科学センターの共同研究グループは、大阪大学産業科学研究所内の遠赤外・テラヘルツ自由電子レーザを用いて回折限界を大きく超えた、波長の1 […]

全文を読む

ナノ構造を使ってフォトンを解放することで高効率白色OLED

July, 30, 2019, Dresden--

現在のOLED研究は、特に白色OLEDの性能向上が焦点になっている。これは、天井、車内照明などの照明用である。これらのコンポーネントは、安定性、放射角、パワー効率など、は非常に厳しい要件に従う。  発光ダイオードは単色光 […]

全文を読む

蛍光顕微鏡市場、2023年まで年に7.0%成長

July, 30, 2019, Wellesley--

BCCリサーチ「世界の蛍光顕微鏡市場」によると、半導体産業の微小化の進行とライフサイエンス研究の急増ば、世界の蛍光顕微鏡の成長を後押しする2つの要因である。  市場は、2023年までCAGR 7%成長が見込まれており、市 […]

全文を読む

MPI-P、プリンタブルOLEDへ向けて前進

July, 30, 2019, Mainz--

Max Planck Institute for Polymer Research (MPI-P)の研究チームは、新設計OLED開発に成功した。OLEDの層数をわずか1に減らすことができた。将来的には、これにより発光ダイ […]

全文を読む

可変、自由形状プレーナオプティクス

July, 30, 2019, Paris--

光を電子デバイス、あるいはコンピュータで操作することは、はたで見るほど簡単ではない。特に小さかったり、限定空間の場合である。  ミリメートル厚の携帯電話、微小な顕微鏡、あるいは医療内視鏡の遠位末端に、調整可能なズームレン […]

全文を読む

コンパクトモジュラーオプティカルの販売が拡大

July, 29, 2019, Boston--

Cignal AIの「オプティカル・アプリケーションレポート」によると、コンパクトモジュラーオプティカルハードウエアが以前にもまして多くのネットワークアプリケーションで使用されるようになっており、2019年第1四半期中、 […]

全文を読む

コヒレントDWDM市場予測、2023年に160億ドル

July, 29, 2019, Redwood City--

DellOro Groupの予測によると、コヒレントDWDM販売額は2023年に160億ドルに達する見込である。この販売額の伸びは、200+Gbps波長出荷に後押しされたものである。  DellOro Group、バイス […]

全文を読む

IQE、ニューポートでVCSEL製造開始

July, 29, 2019, Cardiff--

IQE plcは、二番目に大きな顧客向けにNewport Mega Foundryで最初のVCSEL製造および品質認定開始を発表した。  同社は、世界的な先進的ウエハ製品と材料ソリューションのサプライヤー。  初期生産は […]

全文を読む

データ解析で見つけた非毒性ペロブスカイトのPV用途

July, 29, 2019, St. Lous--

米国ではソーラパネル導入が増加しており、2019年早期に200万以上が新規導入され、第1四半期の記録となっている。  増加の一途を辿る需要に応えるために、現在の主流技術、シリコンベースソーラセルの代替となるローコストで、 […]

全文を読む

細胞が生きたままでミトコンドリアの内膜構造が鮮明に見えた

July, 26, 2019, 名古屋--

名古屋大学、理化学研究所などの共同研究グループは、褪色に極めて強いミトコンドリア蛍光標識剤「MitoPB Yellow」を開発し、ミトコンドリアの内膜構造を超解像STED顕微鏡によって、生きたまま鮮明に可視化することに成 […]

全文を読む

多数の細胞の多色・分子振動イメージング法を開発

July, 26, 2019, 東京--

東京大学大学院工学系研究科電気系工学専攻の小関泰之准教授を含む共同研究グループは、細胞内生体分子を光学的に検出する誘導ラマン散乱(stimulated Raman scattering, SRS)顕微法において、高速波長 […]

全文を読む

生細胞イメージングのための新しい分子ツールを開発

July, 26, 2019, 東京--

コロラド州立大学のTimothy Stasevich助教授(東京工業大学 科学技術創成研究院 WRHI特任准教授)の研究グループと東京工業大学 科学技術創成研究院 細胞制御工学研究センターの木村宏教授の研究グループ(上條 […]

全文を読む

病気の阻止と治療に顕微鏡とVRを組合せる

July, 26, 2019, Seattle--

カーネギーメロン大学とバージニアメイソンのベナロヤ研究所(BRI)の研究チームは、ナノスケールイメージング技術と拡張現実(VR)技術を組合せ、研究者が生物学的データに「踏み込める」方法を実現しようとしている。  拡張顕微 […]

全文を読む

2 / 18112345...102030...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。