All about Photonics

ニュース

SLD Laser、世界初のデュアルエミッション光源を発表

January, 13, 2021, Goleta--

SLD Laserは、世界初のデュアルエミッション白色光と赤外(IR) LaserLight光源の生産開始を発表した。目的は、自動車やコンシューマ照明、暗視照明、250m以上の精密長距離センシング、20Gbps超の高速L […]

全文を読む

LiDAR市場規模、2025年に29億ドルに拡大

January, 13, 2021, Taipei--

TrendForce LiDAR市場がカバーするアプリケーションは、ADAS、自動運転車、産業、配送、スマートシティなど。これらのアプリケーションは、LiDAR市場を2020年に6億8200万ドルに押し上げたと推定され、 […]

全文を読む

3Dマッピングとモデリング市場、2025年に76億ドル

January, 12, 2021, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「3Dマッピングとモデリング市場、コンポーネント(ソフトウエアツールとサービス)、3Dマッピングアプリケーション、3Dモデリングアプリケーシ […]

全文を読む

光の波面制御により計測画像を消す技術で顕微鏡を高感度化

January, 12, 2021, 東京--

定量位相顕微鏡は計測試料による照明光の位相遅れを計測することで、細胞骨格や細胞内小器官などの形状を非標識で可視化できる技術。計測した情報を基に、成長速度などの細胞の状態を定量できる技術として幅広く利用されている。しかし、 […]

全文を読む

細胞のリプログラミングを追う光技術

January, 12, 2021, 広島--

理化学研究所(理研)生命機能科学研究センター先端バイオイメージング研究チームのアルノ・ジェルモン研究員、渡邉朋信チームリーダー(広島大学原爆放射線医科学研究所教授)らの共同研究グループは、培養細胞にレーザ光を照射したとき […]

全文を読む

東工大、高分子結晶化過程の可視化・定量化に成功

January, 12, 2021, 東京--

東京工業大学 物質理工学院 応用化学系の大塚英幸教授と加藤颯太大学院生(博士後期課程2年)らは、高分子の結晶成長過程を蛍光によって可視化・定量評価することに成功した。高分子結晶化過程の解明は材料の強度・透明性・成形加工法 […]

全文を読む

高速nano-PCR技術、COVID-19のPOC診断

January, 8, 2021, Seoul--

新技術は、20分以下で感染を正確に診断できる。ゼロ擬陽性、ゼロ擬陰性である。 “nanoPCR”技術は、COVID-19のPOC診断のために開発された。この新技術は、20分以内に感染を診断できる。同時に、従来の逆転写ポリ […]

全文を読む

TUM、自己学習アルゴリズムで医療イメージングデータを分析

January, 8, 2021, Munchen--

イメージング技術で生物の内部を詳細に見ることができる。しかし、そのデータの解釈は時間がかかり、豊富な経験を必要とする。人工ニューラルネットワークは、新しい可能性を開く。わすが数秒でマウスの全身のスキャンを解釈し、臓器を分 […]

全文を読む

世界のLED需要、2021年に最悪の状態から復活

January, 8, 2021, Taipei--

TrendForceによると、2020年COVID-19パンデミックがLED産業に大きな影響を与え、市場需要は激減、予測された年間収益は、前年比10%減、151億2700万ドルという結果になった。  2020年、前年比落 […]

全文を読む

食品の化学物質が重要なSARS-CoV-2酵素を抑制

January, 8, 2021, Raleigh--

ノースカロライナ州立大学(NC State)の植物生物学者の新しい研究によると、グリーンティー、マスカディン葡萄、ダークチョコレートなど食品、飲み物の化学物質は、SARS-CoV-2の特別な酵素、つまりタンパク質分解酵素 […]

全文を読む

生物模倣の内視鏡、同時に3D可視とNIR画像

January, 7, 2021, Washington--

中国科学アカデミーの研究者は、可視光と近赤外蛍光画像を同時に撮れる新しいバイオ模倣医療用内視鏡を開発した。特徴は、人間の視覚の高解像度3Dイメージングと同時に多波長の光を検出するカマキリやエビの能力を統合した光学設計であ […]

全文を読む

Heriot-Watt、Chromacityと提携

January, 7, 2021, Edingburgh--

Heriot-Watt Universityfは、超高速レーザメーカー、Chromacityと新規5年提携を発表した。この契約により、クロマティシティ(Chromacity)とヘリオットワットとの継続的提携が強化される。 […]

全文を読む

Teledyne、FLIRを現金と株式交換約80億ドルで買収

January, 7, 2021, Thousand Oaks/Arlington--

Teledyne Technologies IncorporatedとFLIR Systems, Inc.は、Teledyneが現金と株式交換、約80億ドルでFLIRを買収することで合意に達したと共同発表した  取引は、 […]

全文を読む

Tower、集積レーザ・オン・シリコンフォトニクスファウンドリプロセス開発

January, 7, 2021, MIGDAL HAEMEK--

Tower Semiconductorは、DARPAの部分サポートで、LUMOSプログラムに参加し、半導体ファオン・シリコンフォトニクスプロセスを実現すると発表した。  このプロセスは、高性能III-Vレーザダイオードと […]

全文を読む

光のストップウォッチで、蛍光寿命画像を一括測定

January, 6, 2021, 徳島--

蛍光物質に瞬間的な光を照射すると、発生した蛍光は直ちには減衰せず、その蛍光物質特有の減衰時間(蛍光寿命)をもって減衰する。この蛍光寿命を観測し、試料をマッピングする手法が蛍光寿命顕微鏡である。蛍光寿命は、実験条件に依存し […]

全文を読む

NICT、マルチモード光ファイバでPbps伝送

January, 6, 2021, 東京--

情報通信研究機構(NICT)ネットワークシステム研究所のラーデマッハ ゲオルグ フレデリック研究員らのグループは、NOKIA Bell Labs(ベル研)のNicolas K. Fontaine研究員、Prysmian […]

全文を読む

Two-Photon Research、スマートフォンでCOVID-19ウイルス検出

January, 6, 2021, Montreal--

Two-Photon Research Inc.(TPR)は、ウイルス検出法を変える診断法、CASTを発表した。CASTプラットフォームは、スマートフォンと光接続するTPR特許Aptamer Molecular Phot […]

全文を読む

Excelitas、イメージングアプリケーション向け強力照明器

January, 6, 2021, Waltham--

Excelitas Technologies Corp.は、同社の蛍光照明製品ラインに最新追加としてX-Cite NOVEMを発表した。新しいLED照明器は、高い励起パワーと個別波長制御を必要とする難しいイメージングアプ […]

全文を読む

凸版印刷、高精度の人体情報計測が可能な「トッパンバーチャルヒューマンラボ」設立

January, 5, 2021, 東京--

凸版印刷株式会社(凸版印刷)は、南カリフォルニア大学より、高精度の顔計測が可能な装置「ライトステージ」を導入した。同時に顔計測データを始めとした、さまざまな人体情報データ活用に関する研究/用途開発を推進する「トッパンバー […]

全文を読む

ヘリオットワット大学、100倍高輝度真空UV光源

January, 5, 2021, Edinburgh--

世界最高輝度のUV光源が、European Research Council (ERC)の新規助成金により100倍高輝度になる。 ヘリオットワット大学(Heriot-Watt University)の物理学教授、John […]

全文を読む

Alpine、400G PAM4 SiPho光エンジン製造

January, 5, 2021, Migdal Haemek/Fremont--

Tower SemiconductorとAlpine Optoelectronics, Inc.は、Tower SemiconductorのPH18シリコンフォトニクス技術プラットフォームで 400G PAM4 nCP4 […]

全文を読む

Molex、Fiberguide Industriesを買収

January, 5, 2021, Lisle--

Molexは、カスタマイズ光ファイバソリューションのメーカー、Fiberguide Industriesの買収を発表した。同社は、MolexのPolymicro事業に加わる。同事業部は、医療、産業およびデータコムアプリケ […]

全文を読む

高速カメラ市場、2025年に7億2300万ドル

December, 28, 2020, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「高速カメラ市場、COVID-19影響分析、用途、フレームレート(20,000–100,000 fps, >100,000 fps)、解像度 […]

全文を読む

Caltech、超高速カメラ、1000億 fpsで3Dムービーを撮影

December, 28, 2020, Pasadena--

CaltechのLihong Wangは、世界最高速カメラを実現するために、70兆フレーム/秒の超高速に達する技術を開発した。これは、伝搬する光を見ることができる速さである。携帯電話のカメラのように、それはフラットな画像 […]

全文を読む

155,000を超えるスマートAIベースカメラが交通管理を変える

December, 28, 2020, New York--

ABIリサーチによると、スマートAIベースカメラが、歩行者の検出や警告、ITSや広範なスマートシティ市場におけるリアルタイム監視など、増え続ける低遅延ミッションクリティカルマシンビジョンアプリケーションを可能にする。交通 […]

全文を読む

II-VIとコヒレント、共同でリモートレーザ溶接ソリューション提供

December, 28, 2020, Saxonburg--

II-VI Incorporated (Nasdaq: IIVI)とCoherent Inc.は、供給合意を発表した。これにより両社は提携して、自動車レーザ溶接アプリケーション向けにプロセス開発の迅速化、最新式の製造サー […]

全文を読む

3Dプリンティングフィラメント市場規模、2027年に19億ドル

December, 25, 2020, San Francisco--

Grand View Research Inc.の調査によると、世界の3Dプリンティングフィラメント市場規模は、2027年に19億ドルに達する見込である。市場は、2020-2027年にCAGR 18.8%で成長すると予測 […]

全文を読む

光応答性有機結晶による近赤外-可視波長変換と光スイッチングを実現

December, 25, 2020, 福岡--

九州大学大学院工学研究院の君塚信夫教授、永井邑樹大学院生、森川全章助教らは、光信号に応答する分子が反転対称性を持たない極性結晶を自発的に形成し、かつ結晶中で光異性化することにより結晶が液化すること、さらにこの光誘起“固― […]

全文を読む

「X線磁気円偏光発光」のメカニズムを理論的に解明

December, 25, 2020, 東京--

量子科学技術研究開発機構量子ビーム科学部門関西光科学研究所の小出明広博士研究員、野村拓司上席研究員、稲見俊哉グループリーダーは、磁石を構成する無限個の原子の周期性とその中を動き回る電子の金属的な性質を取り扱った新たな理論 […]

全文を読む

UVからTHzまでの高輝度コヒレント光源

December, 25, 2020, Castelldefels--

国際研究チームがNature Photonicsに発表した論文によると、高輝度コヒレント、数サイクル幅光源は、UVからTHzまで7光オクターブをカバーする。 これまでの課題は、十分な輝度で広いスペクトル範囲をカバーするコ […]

全文を読む

2 / 22712345...102030...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。