All about Photonics

Science/Research

イオンドープカルコゲナイドガラスで多機能を1つのコンポーネントに

November, 12, 2014, Dusseldorf--

サーレイ大学(University of Surrey)は、ケンブリッジ大学、サザンプトン大学と協力してアモルファスカルコゲナイドの電気特性を変えられることを確認した。カルコゲナイドは、CDやDVDなど、データ技術に不可 […]

全文を読む

MIT、原子厚の半導体で異例の光伝導

November, 11, 2014, Atlanta--

シリコンなどの半導体に光を照射すると伝導性が向上することはよく知られているが、特別な半導体では光照射は逆の効果、つまり材料の伝導性を抑制することが発見された。  この現象は、非標準的な2D半導体、わずか3原子厚の二硫化モ […]

全文を読む

低純度シリコンを利用した安価な太陽電池製造法開発

November, 11, 2014, Trondheim--

太陽電池の新しい製法は現行基準と比較してシリコンの量を単位面積あたり90%削減する。純度の高いシリコンは高価であるので、新しい製法は太陽光発電のコスト削減に貢献する。  ノルウエイ科学技術大学(NTNU)物理学部、Urs […]

全文を読む

パルスレーザでグラファイトから合成ナノダイヤモンドを作製

November, 11, 2014, West Lafayette--

パデュー大学(Purdue University)の研究チームは、パルスレーザを用いてグラファイトから合成ナノダイヤモンド膜とパタンを作製する新技術を開発した。アプリケーションは、バイオセンサからコンピュータチップまであ […]

全文を読む

オスラム、グリーンLEDで新記録達成

November, 11, 2014, Regensburg--

公的助成を受け、オスラム(Osram Opto Semiconductors)がまとめ役を務めるHi-Q-LEDプロジェクトは、極めて効率が高く、また効率低下の少ないLEDを開発した。  ドイツ連邦教育研究省(BMBF) […]

全文を読む

NRC、量子フォトニクス技術プログラムを発表

November, 10, 2014, Ottawa--

世界のフォトニクス専門家がオタワのSchawlow-Townesシンポジウムに集まるので、カナダ全国研究評議会(NRC)は、量子フォトニクス研究をカナダの将来の経済のための技術応用に変える新しい研究プログラムを発表した。 […]

全文を読む

ガラスファイバで2つのフォトンが強く結合

November, 10, 2014, Vienna--

ウィーン工科大学(TU Wien)で、超薄ガラスファイバを使って2つのフォトンを強く結合させた。この方法は、量子技術にとって新しい重要ツールになる。  2つのフォトンは自由空間では相互作用しない。光の波は、相互に影響する […]

全文を読む

バークリー研究所、マイクロリングレーザキャビティでブレイクスルー

November, 10, 2014, Regensburg--

米国エネルギー省(DOE)のローレンスバークリー国立研究所(Berkeley Lab)とカリフォルニア大学(UC)バークリ校は、レーザ技術における大きなブレイクスルーを報告した。  バークリーラボとUCバークリー校の共同 […]

全文を読む

高速「ラベルフリー」イメージングで動脈プラークを発見

November, 7, 2014, Lafayette--

新しいタイプの医療イメージングが商用化間近になっている。これは、高速パルスレーザを照射して超音波信号を計測することで心臓血管疾患を診断することができる。  パーデュ大学(Purdue University)教授、Ji-X […]

全文を読む

imec、UV最適化ARコート裏面照射CMOSイメージセンサを紹介

November, 7, 2014, Stuttgart--

imecは、VISION 2014で、裏面照射(BSI) CMOSイメージセンサチップを紹介した。チップにはUV光用に最適化された新しい反射防止膜(ARC)が施してある。  ライフサイエンスなどの新規市場でのイメージング […]

全文を読む

光を電気に変換する新メカニズム、プラズモ-電気効果

November, 5, 2014, Pasadena--

原子分子物理学基礎研究所(FOM Institute AMOLF)とカリフォルニア工科大学(Caltech)の研究チームは、光を使って電位を生成する新しい方法を発見した。  研究チームは、正確に成形した金属ナノ回路を使う […]

全文を読む

スーパーソニックレーザ推進ロケット

November, 5, 2014, Washington--

ロシアのオプトエレクトロニック計測技術研究所のYuri Rezunkov氏とセントペテルスブルクの物理・技術研究所のAlexander Schmidt氏は、レーザ推進システムによって生まれる新しい推力改善法を発表した。 […]

全文を読む

南洋理工大学、フォトニクス研究所を開設

November, 5, 2014, Singapore--

南洋理工大学(NTU)は、シンガポールをフォトニクスとオプティクス研究のパワーハウスにするために、フォトニクス研究所を設立した。  NTUの8000万ドルのフォトニクス研究所は、業界パートナーや多様な国家機関が融資しサポ […]

全文を読む

ノースロップグラマン、テラヘルツICで記録達成

November, 4, 2014, Manhattan--

ノースロップグラマン(Northrop Grumman Corporation)は、世界最速のICアンプリファイアを開発した。これはギネス世界記録に認定されている。  このアンプリファイアは10個のトランジスタステージを […]

全文を読む

7-コア光ファイバで255Tbpsを1km伝送

October, 30, 2014, Orlando--

セントラルフロリダ大学(UCF)のCREOL(オプティクスとレーザ研究教育センタ)とオランダのアイントホーヘン工科大学(TU/e)の研究チームは、将来の光ネットワークが長距離大容量伝送できる手段を実証した。  空間分割多 […]

全文を読む

ライプチッヒ大学、分子光スイッチの新機能を発見

October, 30, 2014, Leibzig--

ライプチッヒ大学植物性理学部長、Dr. Christain Wilhelmは、「珪藻は特別な方法で光に反応し、その代謝作用を、変化する水中の光状況に適合させる」と説明している。  「青色または赤色の光の強度を計測する光受 […]

全文を読む

サンゴバン社とCNRSがNIMSに国際共同研究ユニットを共同開設

October, 29, 2014, Tsukuba--

フランスに本社を置くサンゴバン(Saint-Gobain)社とフランスの国立科学研究センタ(CNRS)が共同開設する国際共同研究ユニット(UMI-LINK)が、物質・材料研究機構(NIMS)に設置され、研究開発活動を開始 […]

全文を読む

メタマテリアルを使った新しいタイプの磁気ミラー

October, 29, 2014, Wahington--

光る金属表面を使わずに、非金属のメタマテリアルの独特の磁気特性を使うことで赤外光を反射する新しいタイプのミラーが初めて実証された。  「磁気ミラー」表面近くにナノスケールのアンテナを置くことでサンディア国立研究所の研究チ […]

全文を読む

医療イメージング技術でガンを早期発見

October, 28, 2014, Newark--

ラトガース大学(Rutgers University)で開発されている新しい医療イメージング法は、医者のガンや他の病気の発見をこれまで以上に早め、治療を促進し、侵襲的で時間のかかる生検の必要性を減らすのに役立つ。  命を […]

全文を読む

ファーウェイ、100G-PON光アクセス技術でブレークスルー

October, 28, 2014, Shenzhen--

ファーウェイ(Huawei)は、同社の光アクセスイノベーション研究所が100G-PON光アクセスでブレイクスルーを達成したと発表した。  この新しい100G-PON技術は、ハイブリッド時間分割/波長分割アーキテクチャを利 […]

全文を読む

NICT、量子鍵配送に関する新理論を確立

October, 27, 2014, Tokyo--

NICTは、レイセオンBBNテクノロジーズ社(米国)及びルイジアナ州立大学(米国)と共同で、現在実用化が進められている2地点間の量子暗号における新理論を確立し、量子鍵配送の1パルスあたりの鍵生成レートの原理的な限界を世界 […]

全文を読む

光をベースにした通信を改善するスーパーファースLED

October, 23, 2014, Durham--

デューク大学(Duke University)の研究チームは、蛍光分子に通常よりも1000倍速くフォトンの放出をさせた。これは新たな速度記録であり、スーパーファースLED実現への重要な前進となる。  LEDのON/OFF […]

全文を読む

ナノコ、LED照明にCdフリー量子ドット使用でオスラムと契約延長

October, 23, 2014, Manchester--

カドミウム(Cd)フリー量子ドットの開発、製造の世界的大手、ナノコグループ(Nanoco Group plc)は、一般照明でのナノコ量子ドット利用に関連して、オスラム(Osram)と次の共同開発契約を締結した。  青色L […]

全文を読む

青色LEDでインスリン分泌をコントロール

October, 23, 2014, Munich--

ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン(LMU)の研究チームは、抗生物質製剤を化学的に改良して光で活性化するようにした。その結果、プロトタイプ化合物、JB253は、膵臓細胞に青色の光が照射された時にのみインスリン分泌 […]

全文を読む

ロッキードマーチン、気象衛星用に初の静止雷光観測システム実現

October, 22, 2014, Palo Alto--

ロッキードマーチンの研究チームは、初の雷光観測システム(GLM)を実現した。同装置は、発達中の暴風雨の早期警戒を提供し、より正確な竜巻警報にも貢献する。センサは、米国海洋大気庁(NOAA)の次世代静止気象衛星(GOES) […]

全文を読む

ナノ粒子を磁気ハンドルで操作しプローブに利用

October, 22, 2014, Palo Alto--

MITと複数の研究機関の研究グループは、生物学的環境で蛍光を発光し、生きた細胞の中で正確に位置を操作できる粒子を実現した。  この新しい技術によつて、体内あるいは細胞内を動くナノ粒子の位置を追跡することができるようになっ […]

全文を読む

ZTE、シングルキャリア400G超長距離伝送記録を達成

October, 22, 2014, Shenzhen--

ZTE(ZTE Corporation)は、シングルキャリア400G WDM、10 ROADM、周波数スペクトラム効率4b/s/Hzで3000km超の伝送を達成した。  この伝送はナイキストフィルタリング技術を利用した。 […]

全文を読む

新粒子探索を支援する光を曲げる材料

October, 20, 2014, Fort Collins--

素粒子物理学者は、加速器で造られた全ての素粒子を特定するのに苦闘してきた。しかし現在、Chalmers工科大学の研究チームが素粒子の区別を遙かに簡単にする材料を設計した。  物質の最小構成要素を研究するために物理学者は素 […]

全文を読む

VerLASE、新しいII-VI材料で米国特許を取得

October, 20, 2014, Vermont--

バーレーズ(VerLASE Technologies)によると、米国特許局が半導体構造を成長するための特定2D材料使用に関するUSPatent No.8859412を公表した。この材料は緑から赤までの光を放出でき、今日照 […]

全文を読む

JPL、バルク金属ガラスで複雑な形状をローコスト製造

October, 17, 2014, Pasadena--

JPL、Brigham Young University、カリフォルニア技術研究所の研究グループは、新しい材料と製造技術の組合せを利用して複雑で、ローコストの適合機構を実現する新しい方法を発表した。同グループによると、「 […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。