All about Photonics

Science/Research

狭波長域UV光で耐性菌を安全に破壊

June, 23, 2016, New York--

コロンビア大学医療センタ放射線学研究(Center for Radiological Research at Columbia University Medical Center)のチームは、狭波長域UV光が、マウスの耐 […]

全文を読む

LLNL、3Dプリントグラフェンベース超コンデンサの性能倍増

June, 23, 2016--

ローレンスリバモア国立研究所(LLNL)の研究者は、UC Santa Cruz(UCSC)のチームとともに、3Dプリントしたグラフェンベースの超コンデンサのパフォーマンスを倍増する方法を考案した。  リチウムイオンと過塩 […]

全文を読む

VTT、呼気からヘリコバクタの無痛、迅速、高信頼診断法を発表

June, 22, 2016, Veldhoven--

将来、病気によっては、呼気に含まれる同位体の光学的分析により迅速かつ無痛で診断できるようになる。VTTは、この目的で最初のプロトタイプを開発した。  そのデバイスを用いて、患者の胃の病気がヘリコバクタによるものであるかど […]

全文を読む

発光ナノ粒子をガラスに埋め込み、スマート化する方法を開発

June, 21, 2016, Adelaide--

アデレード大学(University of Adelaide)の研究チームは、特性を失わせることなく発光ナノ粒子をガラスに埋め込む方法を開発した。これは3Dディスプレイスクリーン、リモート放射センサなど「スマートガラス」 […]

全文を読む

前立腺ガン患者の新しいオプション、レーザアブレーション

June, 21, 2016, Los Angels--

前立腺ガン患者には、近々新たな処置のオプションが可能になる。UCLAの研究チームは、レーザの熱を正確に腫瘍に適用する病巣のレーザアブレーションが中程度のリスクのある前立腺ガンの男性患者で、実行可能であり、安全でもあること […]

全文を読む

ORNL、大規模量子ドット製造技術を実証

June, 20, 2016, Oak Ridge--

エネルギー省オークリッジ国立研究所(ORNL)の研究チームが実証したことで、発光ディスプレイ、センサ、太陽光パネル、生体医療アプリケーション向け半導体ナノ粒子の量産法が勢いづいてきた。  二硫化亜鉛ナノ粒子、半導体量子ド […]

全文を読む

グラフェンを使って電気を光に変換

June, 20, 2016, Cambridge--

MITの研究チームは、グラフェンシートに音の衝撃波と同様のプロセスを発見した。グラフェンシートでは、電流は一定の条件下で、スローダウンした光の速度を上回り、一種の光「ブーン」、強い集中光線を生み出す。  電気を可視光に変 […]

全文を読む

東京工大、体の深部を探る世界初の近赤外発光基質を開発

June, 17, 2016, 東京--

東京工業大学の口丸高弘助教と近藤科江教授らは、電気通信大学の牧昌次郎助教と丹羽治樹教授らと共同で発光酵素ホタルルシフェラーゼ(F-Luc)の基質の開発を行い、体内深部からの発光シグナルを感度良く観察することができる近赤外 […]

全文を読む

オパールのように色が変わるナノマテリアル

June, 17, 2016, Cambridge--

ケンブリッジ大学の研究チームは、マイクロマーブルを規定層にスタックする新しい方法を考案した。これにより散乱光を強くし、捩じったり延ばしたりすると色が変わる魅力的な材料が実現する。  研究チームは、工業規模でそのようなシー […]

全文を読む

NEC、長距離光伝送実験において世界最高の周波数利用効率を実現

June, 15, 2016, 東京--

NECは、光ファイバを用いた伝送ネットワークにおいて、1ファイバあたり34.9Tbit/sの大容量通信を、大西洋を横断する距離に匹敵する6,300kmにわたり実現する実験に成功した。 この実験で得られた周波数利用効率は8 […]

全文を読む

グラフェンベース透明電極で高効率フレキシブルOLED 実現

June, 15, 2016, Daejeon--

韓国の研究チームは、グラフェンと二酸化チタン、導電性ポリマでできた理想的な電極構造を開発し、これにより柔軟で効率的なOLEDが実現する。  薄型軽量で紙のように巻き取れるコンピュータの登場は遠い先の話ではない。プラスチッ […]

全文を読む

UV光向けフラットレンズのデモンストレーション

June, 14, 2016, Amsterdam--

AMOLF研究チームは、従来のガラスレンズのように曲面ではなく、フラットな新しい光学レンズを作製した。レンズは、1968年Veselagoが初めて予言した負の屈折率によって機能するもので、紫外光を回折限界スポットに集光さ […]

全文を読む

赤外分光を改善するチューナブルレーザを開発

June, 14, 2016, Potsdam--

国土安全保障省(Department of Homeland Security)の支援を受けて、ノースウエスタン大学工学部(Northwestern Engineering)、Manijeh Razeghiの研究室は、新 […]

全文を読む

光でトランジスタレーザのスイッチングを高速化

June, 14, 2016, Champaign--

光と電子は光デバイスの中で複雑に相互作用する。イリノイ大学(University of Illinois)工学研究チームの新しい研究によると、次世代の高速コンピューティング向けデバイス、トランジスタレーザでは、光と電子が […]

全文を読む

コインサイズOCTスキャナで失明を早期診断

June, 14, 2016, Potsdam--

ヨーロッパの研究グループが画期的な、コンパクト、コスト効果が高い網膜スキャナの開発に取り組んでいる。これは、世界的に失明の主因となっている網膜疾患の早期診断で重要な役割を果たすと見られている。Horizon 2020から […]

全文を読む

光音響技術プラットフォームでステージⅢ黒色腫患者循環腫瘍細胞を検出

June, 13, 2016, Ann Arbor--

循環腫瘍細胞(CTC)の検出、自動捕捉技術の開発と商用化に取り組んでいるAccousys Biodevices社は、概念実証研究成果をアメリカ臨床腫瘍年次学会で発表した。  研究は、同社の光音響フローサイトメータ技術が、 […]

全文を読む

ASU、CdTe薄膜太陽電池の効率改善

June, 13, 2016, Tempe--

アリゾナ州立大学Ira A. Fulton工学部内の研究チームは、以前は全く異なるソーラ技術だった2つを結び付け、CdTe薄膜太陽電池で大きな改善を達成した。これにより材料科学における問題に新たなアプローチが可能になり、 […]

全文を読む

ランダム化機構組込Ethernet対応量子エニグマ暗号トランシーバを開発

June, 13, 2016, 東京--

玉川大学量子情報科学研究所の二見史生教授と加藤研太郎教授は、世界で初めて、ランダム化機構を組み込んだギガビットEthernet(GbE)対応の量子エニグマ暗号トランシーバ(TU Cipher-0)を開発した。「Inter […]

全文を読む

ペロブスカイト太陽電池、暗闇でリカバー

June, 10, 2016, Los Alamos--

ロスアラモス国立研究所の研究チームは、ペロブスカイト太陽電池が太陽光の中で劣化する厄介な傾向の原因と、それへのソリューションの両方を見出した。この有望な技術を商用化するための1つの障害を取り除くことができるブレイクスルー […]

全文を読む

光アナライザで塗料、ワニス、接着債を分析

June, 10, 2016, Potsdam--

ポツダムの企業、PDW Analytics GmbHのチームは簡単、迅速かつ正確に壁の塗料、ワニス、接着剤を分析できる新しいセンサを開発し、フラウンホーファー応用ポリマ研究所IAPの研究チームがそれを既存のプロセス開発シ […]

全文を読む

イオンビームで正確にシリコンに原子を埋め込む

June, 9, 2016, Albuquerque--

サンディア国立研究所(Sandia National Labortories)は、膨大な数の計算を同時に行う実用的な量子コンピュータ実現に第一歩を踏み出した。イオンビームによって「ドナー」原子を非常に正確に業界標準シリコ […]

全文を読む

GW研究チーム、新薬開発促進に光遺伝学を利用

June, 9, 2016, Washington--

ジョージワシントン(GW)大学の研究チームは、見込みのある新薬が心臓不整脈を起こすかどうかを、光を利用して細胞をコントロールする技術、光遺伝学を使って予測を速める方法を開発した。  研究チームは、心臓応答細胞を鼓動させ、 […]

全文を読む

テラヘルツ光照射による高次構造変化を実現

June, 9, 2016, 和光--

理化学研究所(理研)光量子工学研究領域テラヘルツイメージング研究チームの保科宏道上級研究員らの共同研究グループは、高強度の「テラヘルツ(THz)光」の照射により、高分子の高次構造を変化させることに成功した。  THz光は […]

全文を読む

スピンをレーザで制御する〜レーザ照射で消磁と金属化を放射光で観測

June, 8, 2016, 東京--

放射光施設における軟X線を利用した磁気円二色性測定は、最近の技術革新により薄膜やナノサイズの極小試料における磁化の観測が元素別に可能になるなど、物質科学だけでなく、次世代のデバイスとして期待されているスピントロニクスへの […]

全文を読む

超解像度顕微鏡の限界を打破する新技術

June, 8, 2016, Quebec City--

世界最先端の顕微鏡で、単一分子、タンパク質、ウイルス、その他の極微生体構造を見ることができるが、最高の顕微鏡にも限界がある。  コロラド州立大学の研究チームによると、超解像度顕微鏡の技術の限界を押し広げると、例えば、生き […]

全文を読む

大規模集積デバイスを目指したマイクロトランスファ・プリンティング

June, 8, 2016, Cork--

ティンダル国立研究所(Tyndall National Institute)は、新技術を開発するヨーロッパコンソーシアム、TOP-HITを主導している。TOP-HITは、半導体スケールで様々な材料を大規模集積する課題に取 […]

全文を読む

電子1個のスピン情報の長距離伝送・検出に初めて成功

June, 7, 2016, 東京--

東京大学大学院工学系研究科の山本倫久講師と樽茶清悟教授(理研創発物性科学研究センター量子情報エレクトロニクス部門長兼任)、ニール研究所(仏国グルノーブル市)のトリスタン・ムニエル研究員らの研究グループは、電子のもつスピン […]

全文を読む

超高感度で振動耐性のあるガスセンサ

June, 7, 2016, Garden City--

アデルフィ大学の研究チームは、二酸化窒素などの超低濃度ガスを正確に、ほぼ瞬時に検出できる新しい機器を開発した。  デバイスは、小さな振動があっても機能する。この点は、デバイスがフィールド設置の場合は重要である。通過する自 […]

全文を読む

MIT、光で太陽電池の欠陥を「治療」

June, 7, 2016, Cambridge--

ペロブスカイトは、多くの有望な電子的、光学的特性があり、近年のホットな研究トピックになっているが、例えば太陽電池などのアプリケーションでは、効率や整合性を阻む制限がある。MITなどの研究チームは、光を使って材料を改良する […]

全文を読む

強力プリズムデバイスで片側視野欠損患者の視野を拡大

June, 7, 2016, Boston--

マサチューセッツのシェッペンス・眼研究所(Schepens Eye Research Institute of Massachusetts Eye and Ear)と、ハーバード医科大学(Harvard Medical […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。