All about Photonics

Science/Research

レーサ光で船舶ペイントの状態を検出

February, 2, 2021, Copenhagen--

赤外レーザ光で、DTU Fotonikの研究者は、船舶塗料の詳細な3D画像を作成できる。目的は、塗料の耐性向上、環境無害化である。 Christian Rosenberg Petersenは、数年前にある考えを思いついた […]

全文を読む

レーザとVRで時計水晶彫刻に革命

February, 2, 2021, Lausanne--

EPFLのエンジニアは、高級時計メーカー、Vacheron Constantinと提携して、サファイア時計水晶内の3D彫刻にレーザを使用する画期的なシステムを開発した。 スイス連邦工科大学(EPFL)のエンジニアは、時計 […]

全文を読む

ORNL、X線CT欠陥検出アルゴリズム改善

February, 1, 2021, Cambridge--

Oak Ridge National Laboratory(ORNL)が開発したアルゴリズムは、X線CT (XCT)、3Dプリント金属パーツの画像を著しく改善することができ、より正確な高速スキャンを可能にする。 産業用X […]

全文を読む

新しいアルゴリズム、世界最高の顕微鏡の焦点を先鋭化

February, 1, 2021, Berkeley--

刑事もののTVドラマでは、刑事はきめが粗い低解像度の監視カメラを見ていて、ビデオに映るある人物に注目し、平然とCSI技術者に、それを「改善」するように言う。すると容疑者の顔が完全で鮮明な画像になる。これは、もちろん現実の […]

全文を読む

サブミクロン分解能高速ホログラフィック蛍光顕微鏡システムを開発

February, 1, 2021, 東京--

情報通信研究機構(NICT)、東北大学及び桐蔭学園の研究グループは、サブミクロンの分解能を持つ高速ホログラフィック蛍光顕微鏡システムの開発に成功した。  蛍光体の3次元情報をホログラムとして記録するため、スキャンが不要で […]

全文を読む

Laser Focus World誌、2020イノベーターズ・アワード

January, 29, 2021--

3年連続でLaser Focus World誌は、イノベーターズ・アワードプログラムを実施した。これは、フォトニクス世界における類例のない、画期的な技術、製品及びシステムを称賛するセレモニーである。我々の審査員による公平 […]

全文を読む

EPFL、産業用ロボットをよりスマートに多用途にするプログラム

January, 29, 2021, Lausanne--

EPFLのスピンオフAicaは、産業用ロボットを簡単にプログラムし、適応能力を一層高めるAIベースソフトウエアを開発した。ソフトウエアは、モジュラーフォーマットで設計されている。オペレータが、ニーズを元にしてカスタマイズ […]

全文を読む

3Dプリントレンズでオプティクスとデータ転送問題と対決

January, 29, 2021, Champaign--

イリノイ大学の研究チームは、屈折率を調整できる新しい3Dプリントマイクロレンズを開発した。これは、極めて特殊な集光能力を附与するものである。この進歩は、研究者によると、コンピュータチップや他の光学系のデータルーティング機 […]

全文を読む

全可視光領域で発色する虹色発光標識のポートフォリオを開発

January, 29, 2021, つくば--

産業技術総合研究所(産総研)環境創生研究部門金誠培主任研究員と、電気通信大学(電通大)基盤理工学専攻 牧 昌次郎准教授、北田昇雄特任研究員は、医療・環境診断や生体イメージングに適用するため、全可視光領域で発光する「虹色発 […]

全文を読む

新たな分析がより高感度の量子センサに道を開く

January, 29, 2021, Chicago--

量子センサは、エンタングルメントのような量子現象を利用して環境の非常に小さな変化を計測できる。エンタングルした粒子は、遠く離れていても、相互に影響し合う。 研究者は、病気の検出や診断、火山噴火や地震の予測、あるいは掘るこ […]

全文を読む

テラヘルツ分光法による酸化ガリウムの超高周波特性の計測

January, 28, 2021, 大阪--

大阪大学、東京農工大学の研究グループは、従来の電極生成や接触による材料の汚染が避けられない測定手法に代わる非接触・非破壊の革新的な評価手法であるテラヘルツ時間領域分光法を用いて、次世代のパワーデバイス・超高周波動作デバイ […]

全文を読む

Velcroのような食品センサ、腐敗と汚染を検出

January, 28, 2021, Cambridge--

MITのエンジニアは、シルクのマイクロニードルでできたVelcroのような食品センサを設計した。これは、プラスチックパッケージを貫通して、食品の腐敗兆候、バクテリア汚染を抽出する。 そのセンサのマイクロニードルは、蚕の繭 […]

全文を読む

光ベースプロセッサ、マシンラーニング処理を増強

January, 28, 2021, Lausanne--

国際研究チームは、シリコンチップで光を使って、従来の電子チップよりも遙かに高速に情報処理を行うフォトニックプロセッサを開発した。  研究成果は、Natureに発表された。 国際研究チームは、光に注目し、新しいアプローチと […]

全文を読む

トラップを減らすことで有機フォトディテクタの性能向上

January, 28, 2021, Dresden--

ドレスデン応用物理学・フォトニクス材料集積センタ(IAPP)の研究者は、トラップ状態が有機フォトディテクタの性能を支配し、最終的にその検出性能を制約することを発見した。この極めて有望な結果は、Nature Communi […]

全文を読む

カメレオンからヒントを得て、液晶を使い可変色材料を作製

January, 27, 2021, Chicago--

カメレオンは、色を変える能力で有名である。体温あるいは気分次第でカメレオンの神経系は、ナノ結晶を含む皮膚組織を方向付け、伸び縮みさせることで,ナノ結晶が光を反射する仕方を変え、カメレオンの皮膚を虹色に変える。 シカゴ大学 […]

全文を読む

オールテランマイクロロボット、生体大腸を踏破し薬剤をデリバリ

January, 27, 2021, West Lafayette--

パデュー大学のエンジニアの実証実験によると、生きた動物モデルで、人間の髪の毛数本程度の長方形ロボットがバク転しながら大腸を転がって進むことができる。 バク転する理由は、目的がこれらのロボットを使って人体の中で薬剤を輸送す […]

全文を読む

色を制御する最適ナノ粒子形状を発見

January, 27, 2021, St. Petersburg--

極東連邦大学(Far Eastern Federal University)とITMO大学の研究チームは、以前に作製した金ナノ粒子を、適切な方法で光波長を制御するように最適化した。研究は、安価で高精度なガス分析器を開発す […]

全文を読む

LZH、食肉処理プロセス、レーザで鶏肉を殺菌

January, 27, 2021, Hanovar--

鶏肉は、バクテリアに汚染されていることがよくある。食肉処理における塩素処理は、利用が制限されており,EUでは認められていない。新しい研究プロジェクトで、Laser Zentrum Hannover e.V. (LZH)は […]

全文を読む

受けた力の可視化と高強度化を同時に実現する多機能高分子材料を開発

January, 26, 2021, 東京--

東京工業大学 物質理工学院 応用化学系の大塚英幸教授と瀬下滉太大学院生(修士課程2年)らの研究グループは、相模中央化学研究所の巳上幸一郎博士らや山形大学の伊藤浩志教授らと共同で、力を受けると、色彩変化と蛍光発光によってそ […]

全文を読む

大阪大学、世界記録を10倍更新、高出力レーザ光生成が可能に

January, 26, 2021, 大阪--

大阪大学レーザ科学研究所の李朝陽(Zhaoyang Li)助教、加藤義章招へい教授、河仲準二教授の研究グループは、超高強度レーザを発生させる新しい技術を提案した。 この技術では、従来の超高強度レーザのボトルネックを打破す […]

全文を読む

東京大学、光波を測る量子暗号のセキュリティ問題を解決

January, 26, 2021, 東京--

量子暗号は、量子力学の性質を利用して、盗聴者の計算能力や技術レベルに依存しない強固なセキュリティを持った通信を可能にする技術。多くの量子暗号方式では、非常に小さなエネルギーを持つ光子1個の到来を検知できる光子検出器が使わ […]

全文を読む

任意の振動方向のマイクロ波をイメージングする技術を開発

January, 25, 2021, つくば--

産業技術総合研究所(産総研)物理計測標準研究部門高周波標準研究グループ 木下基主任研究員は、原子の持つ微弱な磁性を利用することで、異なる偏波のマイクロ波をそれぞれ分離して可視化するマイクロ波偏波分離イメージング技術を開発 […]

全文を読む

KAUST、両面ソーラパネル効率記録向上

January, 25, 2021, Saudi Arabia--

KAUSTとトロント大学工学部の国際研究チームは、ソーラパネルの性能向上のために、ペロブスカイトとシリコン技術の最良部分を統合することで両面タンデム太陽電池を作製した。 フィールドでは光は、主に直接太陽から来る。標準的な […]

全文を読む

LED室内照明とスマートフォンで3D画像を撮る

January, 22, 2021, Glasgow--

ストラスクライド大学(University of Strathclyde)の研究者によると、LEDs照明システムは、よりスマートな機能を全ての照明に付与できる。家庭でスマートフォンを使ってLED照明を調光するが、3Dイメ […]

全文を読む

細密ガラス物体の3Dプリントにレーザベースプロセスを開発

January, 22, 2021, Marseille--

マルセイユ、エコールセントラル、フレネル研究所の研究チームリーダー、Laurent Gallaisは、「ほとんどの3Dプリンティングプロセスは、物体をレイヤ毎に構築していく。われわれのプロセスは、このようなプロセスの限界 […]

全文を読む

光活性化ロボット、歩行、回転、カーゴ輸送

January, 21, 2021, Evanston--

ノースウエスタン大学(Northwestern University)の研究チームは、ソフトロボットとして機能する、その種のもので最初の生命のような材料を開発した。それは人の速度で歩き、カーゴ―を拾って新たな場所に運ぶこ […]

全文を読む

Society5.0社会の通信大容量化に向けた仮想化EPONを開発

January, 20, 2021, 東京--

古河電気工業株式会社は、現在インターネット通信などの光ファイバアクセス回線に使われるEPON(Ethernet Passive Optical Network)装置において、ソフトウェアによって仮想的なネットワークを作り […]

全文を読む

高性能純青色有機EL素子の開発に成功

January, 20, 2021, 福岡--

有機EL素子は薄く軽量な自発光型面発光デバイスであり、各種ディスプレイとして実用化され広く普及しつつある。しかし、現在までに実用化されている発光分子は、青色有機EL (OLED)素子の発光効率が比較的低いことや、高効率青 […]

全文を読む

光の力でナノ粒子を一粒ずつ選別・輸送することに成功

January, 20, 2021, 札幌--

北海道大学電子科学研究所の笹木敬司教授,大阪大学大学院基礎工学研究科/大阪府立大学大学院工学研究科の石原 一教授及び北海学園大学工学部の藤原英樹教授の研究グループは,数百nmまで細くした光ファイバが発生する光の力(光圧) […]

全文を読む

多彩な皮膚感覚を生み出すフィルム状の振動デバイス

January, 20, 2021, つくば--

産業技術総合研究所(産総研)センシングシステム研究センターハイブリッドセンシングデバイス研究チーム 竹下俊弘主任研究員、山下崇博主任研究員、小林健研究チーム長は、オムロン株式会社(オムロン) エレクトロニック&メカニカル […]

全文を読む

2 / 11412345...102030...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。