All about Photonics

Science/Research

TU Wien、高速イメージングAFM

November, 7, 2019, Wien--

ウイーン工科大学(TU Wien)の研究者は、原子間力顕微鏡(AFM)用に新しいタイプのセンシング素子を開発した。これにより測定速度向上し、生細胞で敏感なプロセスさえ撮像できる。  微小な物体の高精細画像は、今日一般的で […]

全文を読む

ヘリオットワット、皮下に届く最先端レーザ技術

November, 7, 2019, Edinburgh--

かつてないほど死に至る可能性がある病気の分析ができる極めて特殊なレーザが、ヘリオットワット大学(Heriot-Watt University)で開発されている。  Deep Tissueプロジェクトは、皮膚、骨、植物も含 […]

全文を読む

量子コンピュータが、量子と古典的世界との関連性を解明

November, 6, 2019, Los Alamos--

ロスアラモス国立研究所(LANL)の研究チームは、量子と古典の移行をより明確に理解する新しい量子コンピューティングアルゴリズムを開発した。これは、生体タンパク質など、量子世界と古典世界の先端についてのモデルシステムに役立 […]

全文を読む

シリコン単電子素子で量子的な超高速コヒーレント振動観察

November, 6, 2019, 東京--

日本電信電話株式会社(NTT)は、韓国Korea Advanced Institute of Science and Technology(KAIST)と英国National Physical Laboratory(NP […]

全文を読む

NTUシンガポール、現状よりも1000倍小さな量子通信チップ

November, 5, 2019, Singapore--

Nanyang Technological University, Singapore (NTU Singapore)の研究チームは、現在の設定よりも1000倍小さく、量子技術で有名な同じ優れたセキュリティを提供できる量 […]

全文を読む

光照射によりリチウムイオンバッテリ充電を高速化

November, 5, 2019, Lemont--

米国エネルギー省(DOE)アルゴンヌ国立研究所(Argonne National Laboratory)の研究チームは、電気自動車向けリチウムイオンバッテリの充電を高速化する新しいメカニズムを報告した。カソードを集中光に […]

全文を読む

生体認証データの高秘匿・高可用性な伝送・保管を量子暗号を用いて実現

November, 1, 2019, 東京--

情報通信研究機構(NICT)と日本電気株式会社(NEC)は共同で、顔認証システムでの特徴データの伝送と、特徴点などの認証用参照データの保存を、量子暗号と(k,n)閾値秘密分散(秘密分散)を用いて構築し、認証時の高い秘匿性 […]

全文を読む

手術結果改善に役立つ3D仮想現実モデル

October, 31, 2019, Los Angels--

UCLAの研究によると、腎臓腫瘍手術の準備に3D仮想現実(VR)モデルを利用することで手術結果が大きく改善されたことが確認されている。手術中の血液の損失が少なく、術後の入院も短縮された。  3Dモデルに関する以前の研究は […]

全文を読む

二段階拡張とVR技術で微小マイクローブを拡大

October, 31, 2019, Moscow--

カーネギーメロン大学とBenaroya Research Instituteの研究チームは、ナノスケールイメージンク技術と拡張現実(VR)を組合せ、研究者が生物学的データに「踏み込む」ことができる方法を実現しようとしてい […]

全文を読む

UCF研究者、赤外暗視ディテクタを開発

October, 30, 2019, Orland--

セントラルフロリダ大学(UCF)の研究チームは、暗視カメラの感度を改善する研究に取り組んでいる。  暗視機能を強化するとは、宇宙、化学的、生物学的な危険領域、戦場で見えるものが改善されると言う意味である。  研究成果は、 […]

全文を読む

皮下の血管の様子を非接触・リアルタイムで鮮明に可視化

October, 30, 2019, 奈良--

奈良先端科学技術大学院大学先端科学技術研究科 情報科学領域 光メディアインタフェース研究室の久保尋之助教、岩口尭史博士後期課程学生(現:九州大学助教)、舩冨卓哉准教授、向川康博教授らと、米国・カーネギーメロン大学のSri […]

全文を読む

空気中の微量化学物質を検出するレーザ法

October, 29, 2019, Washington--

電荷や関心のある化学物質を前例の内感度で検出できる新しいレーザベース法が開発された。その新しいアプローチはいずれ、放射性物質、危険な化学物質を広範囲にスキャンする方法を安全、セキュリティアプリケーションに供給することにな […]

全文を読む

記録的な速さの中性子断層写真、植物への水経路を追跡

October, 29, 2019, Washington--

ポツダム大学の研究チームは、初めて、1秒程度で中性子断層写真画像を撮った、これは以前の報告よりも一ケタ程度高速である。最近まで、この非侵襲的な技術の利用では、長い画像取得時間が主な障害だった。この技術を利用すると、植物の […]

全文を読む

ライス大学、可変ナノスケール白熱電球を開発

October, 25, 2019, Houston--

ライス大学ブラウン工学部、Gururaj Naikの院生、Chloe Doironは、熱を吸収し、光を放出するナノスケールの材料を集結して、これまでにない「選択的熱エミッタ」を作製した。  研究成果は、Advanced […]

全文を読む

3Dプリンティング技術、ナノスケール製造を1000倍に

October, 25, 2019, Latham--

超高速レーザからの光制御に新しいタイムベースの方法を利用することで、ローレンスリバモア国立研究所(LLNL)と香港大学の研究チームは、微小な構造を従来の2光子リソグラフィ(TPL)技術よりも1000倍高速、分解能を犠牲に […]

全文を読む

Imec、記録的ピクセル密度のモノリシック薄膜画像センサ

October, 25, 2019, Leuven--

Imecは、近赤外(NIR)と短波赤外(SWIR)の光を捉える薄膜モノリシックイメージセンサを発表した。モノリシックアプローチベースのそのプロセスは、今日の伝統的IRイメージャと比較してけた違いの製造スループットとコスト […]

全文を読む

白色LED知覚に加齢による影響を研究

October, 24, 2019, Washington--

白色LEDは、低エネルギー光源やディスプレイ用途が増えているが、時々、その光を強すぎて不快と感ずるコンシューマーが存在する。眼に心地よい白色LED照明の設計で加齢による知覚差を考慮に入れる必要性を新しい研究成果が指摘して […]

全文を読む

Imec、次世代DCIを狙うシリコンフォトニクスポートフォリオ

October, 24, 2019, Leuven--

ECOC 2019でImecは、ゲーント大学(Ghent University)のIDLab、フォトニクスリサーチグループとともに、シリコンフォトニクス(SiPho)技術開発の画期的な成果を紹介した。実証されたビルディン […]

全文を読む

ETH-Zurich、AIでバイオメディカルイメージング改善

October, 23, 2019, Zurich--

ETH研究チームは人工知能(AI)を使い、比較的新しいバイオメディカルイメージング法によって記録された画像品質を改善する。これは、より正確な診断とコスト効果の優れたデバイスへの道を開く。  ETH-Zurichとチューリ […]

全文を読む

QUT、眼の検査にAIを利用しプログラムをトレーニング

October, 23, 2019, Brisbane--

クイーンズランド工科大学(QUT)研究者はAIディープラーニング技術を適用して、眼の奥の画像分析のより正確で詳細な方法を開発した。これは臨床医が、緑内障、加齢黄斑変性などの眼病の検出と追跡の改善に役立てるためである。   […]

全文を読む

ペロブスカイト太陽電池特性の再現性、安定性を向上

October, 21, 2019, 東京--

東京工業大学 物質理工学院 応用化学系の脇慶子准教授らはペロブスカイト太陽電池の開発で、初期特性が安定しなくても常温常圧で放置するだけで電圧-電流特性が徐々に向上し、その構造が本来持つ最大効率に収束することを世界で初めて […]

全文を読む

光合成を駆動しない遠赤色光が光合成を促進する

October, 21, 2019, 東京--

東京大学大学院理学系研究科の河野優特任助教らは、アブラナ科のモデル植物シロイヌナズナの葉に、野外変動光を模した光合成駆動光に加えて遠赤色光を照射したときの光合成応答を解析した。その結果、遠赤色光の補光によって光合成速度が […]

全文を読む

大規模・汎用量子計算を実行できる量子もつれの生成に成功

October, 21, 2019, 東京--

東京大学大学院工学系研究科のアサバナント ワリット博士課程大学院生と古澤明教授らは、ゲート方式とは異なる一方向量子計算方式に着目し、あらゆる量子計算のパターンを重ねあわせた状態である汎用的な量子もつれ(2次元クラスタ状態 […]

全文を読む

NICT、毎秒1ペタビットスイッチング実験に成功

October, 21, 2019, 東京--

情報通信研究機構(NICT)ネットワークシステム研究所は、次世代光ファイバと大規模光ノードの実験ネットワークで、世界で初めて、毎秒1ペタビットの光パスのスイッチング実験に成功した。このビットレートは、8K放送の1,000 […]

全文を読む

ETH-Zurich、オンチップ赤外分光計

October, 18, 2019, Zurich--

ETH-Zurichの研究チームは、コンパクトな赤外分光計を開発した。それはコンピュータチップ上に収まるサイズであるが、宇宙や日常生活で、興味深い可能性を開くとされている。  現在、モバイルフォーンでほとんど何でもできる […]

全文を読む

チューナブル光チップ、新しい量子デバイスに道を開く

October, 18, 2019, Washington--

ジョージア工科大学の研究チームは、電気信号を印可することで熱的にチューニングできるSiCフォトニック集積チップを作製した。そのアプローチは、いずれ、大規模再構成可能デバイス実現に利用されることになる。例えば、ネットワーキ […]

全文を読む

自己折り畳みロボット、制約なしのソフトロボットに道

October, 18, 2019, Cambridge--

今日のソフトロボットの大半は外部電力と制御に依存して、オフボードシステムに繋留され、ハードコンポーネントを備えている。最近、ハーバードJohn A. Paulson SEASとCaltechの研究チームは、オリガミからヒ […]

全文を読む

3Dプリンターによる超複雑形状シリカガラスの開発に成功

October, 17, 2019, 福岡--

九州大学グローバルイノベーションセンター 藤野茂教授の研究グループは、加工が難しく単純な形状しか作製できなかったシリカガラスを、3Dプリンターにより超複雑形状で作製する技術を開発した。  シリカガラス(石英ガラス)は、光 […]

全文を読む

ペロブスカイトナノ粒子LEDはなぜ低効率か

October, 17, 2019, 東京--

東京工業大学 物質理工学院 材料系のマーティン・バッハ教授らの研究グループは、単一粒子分光計測を用いて、ペロブスカイトナノ粒子を発光材料として用いた発光ダイオード(LED)における低い電光変換効率の原因を解明した。  同 […]

全文を読む

共役高分子ハイブリッドナノ薄膜の非線形光学特性の増強に成功

October, 17, 2019, 仙台--

東北大学 多元物質科学研究所の小野寺恒信助教、及川英俊教授、(国研)物質・材料研究機構 エネルギー・環境材料研究拠点 水素材料制御グループの武田良彦副拠点長・グループリーダーの研究グループは、共役高分子ポリジアセチレンの […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。