All about Photonics

Science/Research

現在のLN変調器より100倍小型化した集積オンチップ変調器

September, 27, 2018, Cambridge--

ハーバード大学SEASの研究者によると、現在のLN変調器は、間もなく真空管やフロッピーディスクの道を辿る可能性がある。  SEASの研究チームは、現状のLN変調器よりも100倍小型、20倍高効率の集積オンチップ変調器を製 […]

全文を読む

長期間運転可能なイッテルビウム光格子時計の開発

September, 27, 2018, つくば--

産業技術総合研究所(産総研)物理計測標準研究部門時間標準研究グループ 小林拓実研究員、赤松大輔主任研究員、安田正美研究グループ長、周波数計測研究グループ 稲場肇研究グループ長は、横浜国立大学と共同で、長期運転できるイッテ […]

全文を読む

Leti、PICで強力、安価なセンサを開発するEUプロジェクト発表

September, 25, 2018, Grenoble--

CEA Tech研究機関、Letiは、REDFINCHコンソーシアムを発表した。目的は、次世代の微小、可搬光センサを気体と液体の両方の化学的検出向けに開発すること。最初のターゲットアプリケーションは、石油化学工場と酪農業 […]

全文を読む

2段階の熱処理で高品質のビスマス系薄膜、光応答性能を向上

September, 21, 2018, 大阪--

大阪大学大学院工学研究科、佐伯昭紀准教授と西久保稜佑大学院生(博士後期課程1年)は、価格、低毒性、安定性に優れた硫化ビスマスの成膜プロセスを開発し、高性能光応答素子の作製に成功した。  実用化されている太陽電池や光検出器 […]

全文を読む

光で働くイオンチャネルの動作メカニズムの一端を解明

September, 20, 2018, 札幌--

北海道大学大学院先端生命科学研究院・国際連携研究教育局の塚本卓助教らの研究グループは、海洋藻類Proteomonasプロテオモナスsulcataスルカタ由来の光受容体タンパク質であるアニオンチャネルロドプシン(PsuAC […]

全文を読む

量子コンピュータのネットワーク接続に微小カメラレンズ開発

September, 20, 2018, Syracuse--

オーストラリア国立大学(ANU)の研究者をリーダーとする国際チームは、量子コンピュータを光ネットワークに接続するデバイスにつながる可能性がある微小カメラレンズを開発した。  量子コンピュータは、超安全なネットワーク、人工 […]

全文を読む

フラウンホーファーHHI、THzでリアルタイム層厚計測

September, 19, 2018, Munich--

テラヘルツは、非破壊材料検査の重要技術である。主な利点は、物理的接触なしの検査。また、確立された超音波のような方法ではできない、低コントラス範囲で複雑なシステムの分析が可能。フラウンホーファーHHIは、多層システムのリア […]

全文を読む

イメージング質量分析法により昆虫体内の農薬動態を可視化

September, 19, 2018, 大阪--

大阪大学大学院工学研究科の新間秀一准教授らの研究グループは、マトリックス支援レーザ脱離イオン化イメージング質量分析法(MALDI-IMS)を用いて、ショウジョウバエ中のネオニコチノイド系農薬の一つであるイミダクロプリド分 […]

全文を読む

テルルナノ粒子、ソーラ吸収を飛躍的に高める

September, 18, 2018, 広州市--

テルルナノ粒子は、太陽照射を吸収、あるいはセンサや小さなアンテナへの集積に役立つ。  少なくともこれまでの10年で、太陽光を使って水をスチームに変換し電気タービンを走らせ、あるいは脱塩を行う「太陽熱」技術は、投資業界のお […]

全文を読む

フレキシブルOLEDで繊維製品にカスタマイズ照明機能付与

September, 14, 2018, Dresden--

フラウンホーファー有機エレクトロニクス、電子ビーム、プラズマ技術研究所FEPは、Electronics System Integration Technology Conference ESTC 2018で繊維製品に組み […]

全文を読む

RayVio UVB LED、太陽光の2.4倍の効率

September, 14, 2018, Hayward--

Scientific Reportsに発表された研究成果は、RayVioの293nm紫外(UV) LEDが、皮膚サンプルにおけるビタミンD3生成で太陽光よりも高効率であることを示している。ボストン大学薬学部、Tyler […]

全文を読む

イエール大学、金属3Dプリント法の新方法

September, 13, 2018, New Haven--

イエール大学機械工学・材料科学教授、Jan Schroers教授をリーダーとする研究チームは、金属ガラスから物体を3Dプリントする新しいアプローチを開発した。  メタリックガラスは、最良金属よりも強く、比較的新しい材料で […]

全文を読む

電子のスピン情報を増幅する半導体ナノ構造の開発に成功

September, 13, 2018, 札幌--

北海道大学大学院情報科学研究科の村山明宏教授,樋浦諭志助教,高山純一技術専門職員らの研究グループは,北見工業大学の木場隆之助教と共同で,電子情報を光情報に変換する半導体光デバイスにおいて,電子のスピン情報を増幅・時間的に […]

全文を読む

3Dプリントツール、スマートフォンを使って病気媒介蚊を検出

September, 13, 2018, Austin--

テキサス大学オースチンの研究チームが新しい診断ツールを開発した。これは、蚊が、ジカウイルス、デング熱、チクングンヤ熱、あるいは黄熱病などの危険な病気を持っている種に属するかどうかを容易に、迅速かつ安価に特定することができ […]

全文を読む

通常のカメラを用いた物体表層における光伝搬の可視化に成功

September, 12, 2018, 京都--

京都大学大学院情報学研究科・知能情報学専攻 西野恒 教授は、国立情報学研究所コンテンツ科学研究系佐藤いまり教授らのグループと共同で、通常のカメラを可視光下で用いて、物体表層における光の伝搬過程を可視化する手法を世界に先駆 […]

全文を読む

フォトニクスによる5分スキャンで酪農を支援

September, 12, 2018, Sussex--

牛乳の汚染を調べ、5分で詳細な読み取りができる新しい光センサは、酪農産業の製造、品質制御、処理フェーズに関わるコスト、廃品、抗生物質の利用を著しく削減する。  ミルクの2つのタンパク質と10の汚染物を同時にスキャニングす […]

全文を読む

ICFOとイエール大学、グラフェン赤外ディテクタを開発

September, 12, 2018, New Haven--

ICFOとイエール大(Yale University)の研究では、グラフェンを使って、室温で中赤外光を効率よく検出し、それを電気に変換する。  赤外光の検出は、分光学、材料加工、化学、生体分子、環境センシング、セキュリテ […]

全文を読む

200ドルの3Dプリントされたボックスで抗生物質研究法が変わる

September, 11, 2018, Hamilton--

マクマスター大学(McMaster University)研究室が開発した小さな黒いボックスが、新しい抗生物質を探す研究者の方法を変える。  プリンティッド蛍光イメージングボックス(PFlbox)は、新しい構成物質を発見 […]

全文を読む

ハーバードSEAS、音波を使って3Dプリント

September, 11, 2018, Cambridge--

ハーバード大学研究チームは、新しいプリンティング法を開発した。これは、音波を使って、前例のない範囲の成分と粘性の液体から小滴を生成する。この技術により究極的には、多くの新しい生物医薬品、化粧品、食品の製造が可能になり、光 […]

全文を読む

NUS研究者、量子スピン効果の直接観察法を開発

September, 10, 2018, Singapore--

シンガポール国立大学(NUS)工学部の研究者は、材料の電子量子力学的振る舞いを間近で見る新しい方法を発見した。これにより、将来の量子コンピューティングアプリケーションに材料がどのように使用できるかの理解を深めることができ […]

全文を読む

THzイメージング高分解能化に時間分解技術

September, 7, 2018, Falmer--

シングルピクセルカメラとテラヘルツ電磁波を使い、サセックス大学(University of Sussex)の物理学チームは、爆発物を検出できる空港スキャナの開発に至る設計図を考案した。  研究チームは、対象物の形状だけで […]

全文を読む

電子ビームの時間幅「1,000兆分の1秒」の評価法を開発

September, 7, 2018, 和光--

理化学研究所(理研)放射光科学研究センターの井上伊知郎基礎科学特別研究員と矢橋牧名グループディレクターらの共同研究グループは、「X線強度干渉法」の原理に基づき、光速近くまで加速された電子ビームの時間幅の計測法を開発した。 […]

全文を読む

ボウタイ・フォトニック結晶、低損失集光を実現

September, 6, 2018, Nashville--

マイクロエレクトロニクスではなく、実質的に見えない光ビームでコンピュータを走らせると、コンピュータはより速く、軽量に、エネルギー効率が良くなる。そのような技術のバージョンは、すでに光ケーブルに存在するが、それらは大きすぎ […]

全文を読む

量子情報処理向けに作られた多目的シリコンチップ

September, 6, 2018, Bristol--

ブリストル大学をリーダーとする国際研究チームは、光を使って多機能量子プロセッサを実行できることを実証した。  この小さなデバイスは、様々な量子情報実験実施のための科学的ツールとして使える。同時に、大規模な製造プロセスから […]

全文を読む

シリコンウエハの厚さを高精度に測定

September, 6, 2018, つくば--

産業技術総合研究所(産総研)工学計測標準研究部門ナノスケール標準研究グループ 平井亜紀子 研究グループ長と長さ標準研究グループ 尾藤洋一 研究グループ長は、長さの国家標準にトレーサブルに試料厚さを測定できる厚さ測定用両面 […]

全文を読む

僅少層2D材料でサブバンド間遷移ナノイメージング

September, 5, 2018, Castelldefels--

Nature Nanotechnologyに発表された研究は、散乱走査型近接場光学顕微鏡による、2D材料におけるサブバンド間遷移の初の観察報告である。 最高品質の量子井戸は一般にMBEで作製される。しかし、2つの大きな制 […]

全文を読む

タフツ大学、光に反応して動く新材料を開発

September, 5, 2018, Medford/Somerville--

タフツ大学工学部(Tufts University School of Engineering)の研究チームは、光露光により多様な動きをする磁気エラストマ複合材を開発した。これらの材料により、単純な動きから複雑な動きをす […]

全文を読む

LLNL/Virginia Tech、より複雑な3Dプリントグラフェンエアロゲル

September, 4, 2018, Livermore--

グラフェンエアロゲルは空気より軽いがスチールよりも強い、またすでに航空宇宙、エネルギー蓄積、絶縁での有用性が実証されている。新材料の3Dプリンティングにおける最近の進歩はあったが、複雑な構造の実現は難しく、独自材料の全潜 […]

全文を読む

国際研究チーム、クローキング・ナノセンサ向けメタマテリアル

September, 4, 2018, Torino--

トリノ工科大学(Politecnico di Torino)とNUST MISIS(国立科学技術大学)の国際研究グループは、新しいメタマテリアルのモデルを開発した。これは、外部放射線からの照射を覆い隠す(クローキング)こ […]

全文を読む

メタマテリアル微粒子による超高感度な分析技術を開発 

September, 4, 2018, 仙台--

東北大学材料科学高等研究所の藪浩准教授(ジュニアPI)、平井裕太郎(東北大学大学院工学研究科大学院生・日本学術振興会特別研究員)、および北海道大学電子科学研究所松尾保孝教授のグループは、金ナノ粒子が配列したシェルを持ち、 […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。